HOMERSSサイトマップ

●ABOUT2007年08月 アーカイブ

2007年08月01日

ボクの天職探しの旅 〜7〜

 
独立してからもウエディング業界の仕事をしていました。

パンフレットやイベントちらしの制作から、

ファッションショー、ブライダルショー等のイベント運営

さらには招待状・席次表、オーダーメイドのドレスなんてのも有りです。

会社のホーム・ページでネットショップもやりました。

これからはインターネットの時代だと・・・

あの頃はまさか自分が算命学を使った仕事をするとは

夢にも思いませんでしたね。
 
 

きっかけは、些細なことでした。

清水先生を世に出したいと以前から思っていたので

ネット時代、ホーム・ページを作ったらどうかなと・・

清水先生に話したら、

「好きにやってネ!!」

って言われて・・・

趣味の一環として「清水南穂の算命学」というサイトを作ることにしました。
 
 
 
するとサイト公開から3ヶ月後、

一本の問合せが・・・

あのインベーダー・ゲームを作ったゲーム・メーカーの

株式会社タイトーさんでした。

「Webで算命学のサイトを作りたいんで協力して欲しい」

そういわれても算命学は素人同然。

それに他の占いと同じで、恋愛を中心としたお遊び的な鑑定サイト・・

ボクとしても本意ではないので、

清水先生に相談しました。すると

「いいんじゃない、やってみれば・・・」

「そんな簡単に受けていいんですか?」

「それが流れというもんだよ・・・君に全てまかせるから・・」

ということでサイト制作に協力することになったんです。

 
 
ここでボクの「牽牛星」というプライドの星が黙っていませんでした。

「やるからには本格的なサイトをつくりたい。」

「他の占いサイトと一線を画した的中率の高いホンモノのサイトを」

これに担当者も賛同してくれて開発が始まったんです。

ところが、まったくのゼロからの立ち上げだったので

どう頑張っても公開まで3〜4ヶ月近くかかってしまいそうで・・・

そうなるとウエディングの仕事がおろそかになってしまう・・・

すると清水先生がボクにこう言いました。

「君は二足のワラジは履いちゃダメな人だからね・・・

仕事は一本化してトコトン突き詰めた方が結果が出やすいよ・・

何を選ぶかは君次第だけどさ・・・」

そういわれたら算命学一本に集中するしかないじゃないですか。

ボクは大きな賭けに出たわけですよ。

売り上げの90%以上を占めるウエディング業務を全て終了させました。

・・・つづく

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月01日 12:13 | | コメント (0)

2007年08月02日

ボクの天職探しの旅 〜8〜

 
今、僕たちは「天職発見セミナー」や

「著名人で見る才能と適職」という読み物など、

その人の持つ才能についてお話することが多いです。

では自分はどうなのか?

ボクには「鳳閣星」という星が有ります。

これは人に何かを伝えるという才能です。

今のボクは、清水南穂のメッセージを、

彼に代わって多くの人に伝えています。

あるいはボク自身が算命学を使って、

何かの役に立ててもらいたいと情報や文章を書いています。

そして夏見モンドさんとともにセミナーを通してお話もします。

大いに「鳳閣星」のエネルギーを仕事で活かしているわけです。
 
 
 
また庶民の星と言われる「司禄星」という星もあります。

ぼくの発する情報やメッセージは世の中の全ての人に向けたものです。

それも日常的なことが中心です。

ある特定の富裕層向けではありませんし

専門分野へのアプローチでもありません。

専門的な話はしていますが

日常生活に置き換えて話しているつもりです。
 
 
 
そして「牽牛星」という星が有ります。

この星は何か大きな後ろ盾や資格、権力・特権などを利用する力が有ります。

そう、ボクが取り組んでいる仕事は

「算命学」という、世界でも稀な学問であり技術であり、

またそれを使う清水南穂というスゴイ人の後ろ盾があってこその仕事です。

あるいはコーチングとその道のプロ、夏見モンドさんという看板を背負うことで

多くの人にメッセージを送っています。

まさに「特権」を最大限に使っているわけです。
 
 
 
ボクは今、自分の持っている才能を活かせる環境にいるということです。

問題はそれをどう活かして行くか、

どういう方向で使って行くかということだと思っています。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月02日 14:59 | | コメント (0)

2007年08月03日

暑中お見舞い申し上げます。

 
8.3up.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月03日 13:19 | | コメント (2)

2007年08月05日

才能と趣味は連動する

先日、他界された作詞家の阿久悠さん、

その追悼番組を見ていたら

ウチのまる子はまたもや山本リンダの「どうにもとまらない」に興味を示しましたが、

それにもまして八代亜紀「舟唄」と石川さゆり「津軽海峡・冬景色」を

じっと噛み締めるように見ていました。

演歌が好きなのか?
 
 

NHKの子ども番組で

「にほんごであそぼ」というのがあります。

子ども番組なのに古典文学を中心とした内容で

野村萬斎が狂言やったり

市川染五郎が歌舞伎やったりするんです。

ことわざとか四字熟語とか・・・

それが好きなんですよ・・まる子は・・

 
 
実はこのことは算命学で説明がつくんです。

まる子には「玉堂星」という伝統文化に影響をうける星があります。

この星を持っているから、日本独特の文化を愛でる心が生まれるんですね。

だから演歌も歌舞伎も狂言にも興味を持つんでしょう。

 
 
同時にまる子は「調舒星」という感性と芸術の星も持っています。

ですから、日本語の言葉の意味を理論的に見ているのではなく

感覚的に「音」や「雰囲気」で見ているということもわかります。
 
才能の星はその人の趣味や趣向まで影響するんです。

・・つづく

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月05日 21:40 | | コメント (0)

2007年08月06日

才能と趣味は連動する 〜2〜

才能と趣味が連動することを前回お話ししましたが、

もう少し付け加えます。

例えば、ボクは「司禄星」という星を持っています。

この星はモノを収集する才能に通じます。

だからこの星を持っている人は

趣味として切手やコインを集めたり、

ぬいぐるみや本やゲームを集めたりします。
 
 

ボクの場合は音楽でしたね・・・

レコードを数百枚、

録音したカセットテープなら数千本持ってました。

最近はipodに5000曲ほど入れて持ち歩いてます。

今でも当時の音楽資料や本を購入したりもします。
 
 
 
また映画を見るこも好きだったので、

レーザーディスクをかなり購入しました。

 
 

なぜ、ボクの趣味は音楽や映画だったのか?

それは「鳳閣星」という音楽や映画などに通じる

芸術の星をもっているからでしょう。

才能が趣味に現れると、こういった傾向も説明出来るんです。

・・・まだちょっとピンとこない?

・・では次回さらに続けましょう。

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

今日のまる子

8.6up.jpg

2000円でプール買ってきました。
思ったより大きかった・・
思わずボクも入ってみた・・
気持ちよかった・・
明日も入ろう!!

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月06日 16:24 | | コメント (0)

2007年08月09日

マニアと評論家

 
前回も書きましたが、

ボクが持っている「司禄星」という星

モノを集めるという才能があります。

「禄存星」という星にも同じような才能があります。

代表的なことはコレクションですね・・・

でももし「玉堂星」という

"知恵"と"習得"の才能がある星を持っていたら

そのコレクションに対して相当の知識や情報を習得できることになります。

すなわち、マニアと呼ばれてもいい人ってコトです。
 
 

さらに「司禄星(禄存星)」と「玉堂星」を持ったその人が

探求して行けばその道の評論家にもなれるでしょう。

TV東京の『開運なんでも鑑定団』の鑑定士でもお馴染み、

おもちゃ担当の北原照久さん、

焼き物担当の中島誠之助さん・・"いい仕事してますねぇ"

究極のマニアと言えるんじゃないでしょうか?

この二人も同じような才能を持っていました。

 
 

趣味だけで終わるか・・・

マニアとまで言われるか・・・

職業にまでしてしまうか・・・

それは本人次第ということです。
 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月09日 00:27 | | コメント (0)

2007年08月10日

あなたの才能も、もうすぐわかります。

 
暑い日が続きますね。

そろそろ企業でも夏休みに入ってきたようですし、

楽しい夏休みを過ごして下さい。

さて、最近「才能と適職」関連でブログを書いてきましたが

自分自身の星に当てはめたいという声も多いので

当親子未来塾サイト内に

算命学の星を自由に出せるシステムを組み込むことにします。

現在準備中ですので

夏休み明けぐらいには使えるようにしたいですね。

携帯サイトでも秋ぐらいには星を出せるようにする予定です。

このシステムを自由にみなさんに使ってもらえるようになると

親子未来塾のコラム等にも新たな展開を作れますからね。

楽しみにしておいて下さい。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月10日 22:08 | | コメント (0)

2007年08月13日

旧盆・迎え火


毎年のことですが

我が家でもお盆の供養で祭壇を作ります。

今日は迎え火

亡くなった先祖たちが我が家に帰って来ると言われています。

ボクの父は"せっかち"でしたから

ボクらが迎えに行く前に

母や祖父母をつれて早々に来てたかも(笑)
 
 
 
こういう時期ですから

改めて皆さんに次のメニューをご覧いただきたいです。

「先祖供養で心を育てる」

それと

お子さんがいらっしゃる方には

「子どもの人間性を磨く夏休みの過ごし方」

もう一度ぜひお読みください。

今なら何か感じるものがあるかもしれませんよ

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月13日 22:14 | | コメント (0)

2007年08月14日

芸能人に霊体験者が多い理由

 
ボクの子どもの頃には

夏休みになると

毎日のように"心霊特集"やってたものですが

最近はほとんど無いですね・・・

"怪談"とかもすっかり見なくなりました。

ボクがいつも思ってたのは

「芸能人ってホテル等でよくお化けに会うよなぁ」

ということです。

でも今はその理由がわかりましたから不思議ではありません。
 
 
 
なぜ芸能人に霊体験者が多いのか?

芸能人は特殊な運気になっている人が多く、

その運気で世の中に出てきます。

そういう時期って異常現象も感じやすくなってるんです。

芸能人だけじゃないですよ・・

一般の人にもそういう時期があります。

あるとき見えていて、ある時期になったらパッタリ見えなくなる。

それはその人が特殊な運気にいたからです。
 
 
 
また芸能人になるような人は

感性が鋭かったり、特殊な性質だったりすることも多く

その理由からも霊体験者が多いんです。

ある特定の時期だけ霊感が強くなるか、

生まれつき霊感が強いか、

どちらかなんですネ。

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 
 
今日のまる子

8.14up.jpg

暑い毎日ですが、

運動はさせないと・・・

プールやったり、散歩に行ったり

ショッピング・モール等の人が多いところに行ってエネルギーを使わせるか・・

大人も子どもも同じです。

冷房が効いた部屋でボッとしているだけではダメですよ!!

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月14日 15:31 | | コメント (0)

2007年08月15日

"魂"について語って欲しい

 
子どもたちがお盆の楽しみとしているのは

親戚が集まることでしょう。

中には年に2度、正月とお盆にしか会えない

"いとこ"と遊べることも楽しみのひとつです。

お盆というのは先祖供養だけでなく

現世で生きている親戚縁者との交流の機会でもあります。
 
 
 
日本はちょうどその頃、

広島・長崎の原爆の日と

終戦の日を迎えます。

"魂"について考える日がたくさんあります。

子どもたちには、ぜひ

"魂"について語ってあげて下さい。

それも情緒を養う大切なことなんです。
 
・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 

今日のまる子

8.15up.jpg

従姉妹たちが遊びにきてくれました。

いつものプールもお姉さん、お兄さんと一緒で楽しそう。

いつになく興奮状態です。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月15日 17:37 | | コメント (0)

2007年08月18日

初めてのセミの観察

昨日からまる子の伯母さんと従兄が遊びにきてました。

たくさんの本とDVDのおさがりをもらって・・・ありがとう。

いつにも増して大盛り上がりです。

朝になったら庭でセミが脱皮していました。

8.18_2up.jpg 8.18_1up.jpg


思わず手を出しそうになったまる子です。

このところの記録的な猛暑も

ボクのところは一休み、

秋のような涼しさでした。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月18日 19:44 | | コメント (0)

2007年08月20日

この頃、まる子がよく喋る

夏になってからまる子がよく喋ります。

何を言ってるかわかりませんが、

何かを一所懸命喋ってます。

ところが最近、

微妙に言葉がハッキリすることがあって

「あ〜やん」

「お〜にゃん」

どうやら「おかあさん」「おとおさん」と言ってるようです。

ウチはパパ・ママではなく

おとうさん、おかあさんと呼ばせてるので・・・
 
 
8.20up.jpg

 
先日は風呂で・・

ボク「まる子、お母さんに出るっていいなさい」

「あ〜やん・・・でるの・・」

なんてこともありました。

1才を過ぎると成長が著しいですね。

とはいえ、ほとんどは

「◯#♨☆△~@□!!」

まだまだ意味不明ですが・・・
 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月20日 23:39 | | コメント (0)

2007年08月22日

教育現場の今・・

 
先日所用で友人とあった時

雑談で今の教育現場についての話になりました。

Mくんは小学校の教師、

OくんはPTA関連の役員をしています。

話は迷惑父兄の話に・・・

 
 
 
決めごとをかき回す親や

ルールを無視する親がずいぶんいるようですね・・

あげくの果てに

「正しくないことでも決まってしまったことは守るべき!」

と平然と言う親もいるそうです。

友人の二人も理解しがたいと・・・・

 
 

問題のある子どもの親ほど

集会には出て来ない、

回覧物は読まない、

そしてルールを守らない・・・

「この親にしてこの子!」

なんだそうです。

清水先生がよくいいますが、

子どもの相談でも、

両親に問題がある場合がかなりあるそうです。

「子どもを指導する前に、親を教育するしかないね」


・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

みままみそひはま
しとはま
迩摩くしと何使途は組巳苦ココ区費期近畿金門
ヒンンンンンンンォスャぉゃぉゃぇ

↑ まる子がいきなり打ちました。
指の動きだけはボクより速い!!

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月22日 18:06 | | コメント (0)

2007年08月23日

子どもは15才までが勝負

 
先日も書きましたが、

清水先生のところには

子どもさんが精神的に不安定だとか、

引きこもりだとか、

素行が悪いとか、

様々な相談があります。

でもその多くが高校生になっているお子さんなんです。

清水先生いわく

「子どもは15才までが勝負、大きくなってからは難しい

大人がいい例でしょう。

本人にその意志がなければ、大人は悪いところが直せない」
 
 

つまり15才ぐらいまでなら

十分軌道修正が出来るということです。

ただし、それには身近にいる大人がちゃんとしてないといけません。

大人の悪いところは棚に上げて

子どもに悪いところを直せって言っても

説得力がありませんものね。
 
 

さて、当サイト、親子未来塾に

あなたの星を検索するプログラムを組み込みました。

「あなたの命式と天中殺をお教えします」

トップページにリンクしてあります。

もちろん無料です。

ただし、星が表示されるだけで

その内容や鑑定は表示されませんので、あしからず。

親子未来塾はもちろん、

このブログでもシステムを使える内容でお話しして行きたいと思います。

これからをお楽しみに・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月23日 14:01 | | コメント (0)

2007年08月25日

人生に必要なこと

 
昨晩、久しぶりに

トム・ハンクス主演映画「フォレスト・ガンプ」(1994年作品)を見ました。

知能の発達が遅れたフォレスト青年は

どうして莫大な金持ちになれたのか?

それは・・

彼はどんな環境になっても純粋に人の教えに従い実行したからです。

なんの疑問も持たず、素直に・・・

実は、それが人生に必要なことなんです。
 
「映画の話だから・・」

なんて言わないで下さいね。
 
 

人間はなぜ苦しむのか?

それは人がワガママになるからです。

ワガママから生まれる欲求に苦しむんです。

「人間関係を自分中心に成り立たせたい」という欲求があるから

スムーズにいかないと苦しみ悩みます。

「他人より豊かな生活をしたい」という欲求があるから

経済的に苦しいと困ってしまいます。

「あの人に好きになってもらいたい」という欲求があるから

あの人が自分に向いてくれないと心が苦しいんです。
 
 
 

欲求を持つなとは言いません。

ワガママな欲求が人生に苦しみを生むんです。

幸せや成功を得る近道は、

ただ自然に生きること。

ワガママを捨てて、

自分に起こる現象に、素直に「はい!」と返事をするんです。

極論です。

するとフォレスト・ガンプのように

運が味方します。運だけじゃなく、人も味方してくれるんです。
 
もちろん、世の中の全てのことが

「ハイ!」と受け入れていい正しいことばかりではありませんが、

間違ったことよりも正しいことの方が多いですよ・・
 
 

夏見モンドさんのメル・マガに似たようなことが載ってました。

マザー・テレサの言葉だそうです。
 
 

  人は不合理、非論理、利己的です

  気にすることなく、人を愛しなさい

  あなたが善を行なうと、

  利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう

  気にすることなく、善を行ないなさい

  目的を達しようとするとき

  邪魔立てする人に出会うでしょう

  気にすることなく、やり遂げなさい

  善い行ないをしても、

  おそらく次の日には忘れられるでしょう

  気にすることなく、し続けなさい

  あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけでしょう

  気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい

  あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう

  気にすることなく、作り続けなさい

  助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう

  気にすることなく、助け続けなさい

  あなたの中の最良のものを、世に与えなさい

  けり返されるかもしれません

  でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい
 
 
 

頭でわかっていても、実践するのがなかなか大変なんですよ(苦笑)

それができないから悩み事は無くならないんですよね。

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

今日のまる子

午後、いつものようにプールで遊んだ後、

暑さをしのぐためにドーナッツ屋さんへ

もちろん彼女はお菓子を持参で・・・

8.25up.jpg
 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月25日 22:04 | | コメント (4)

2007年08月26日

あなたはフォレスト・ガンプの生き方が出来るか?

どんな環境になっても純粋に人の教えに従い実行する・・・

フォレスト・ガンプ的な生き方ですが、

例えば、もしあなたの宿命に「車騎星(しゃき星)」という星があったなら、

彼のような生き方が出来るんです。

いや、した方が良いと言えます。

ただ、人間は複雑に出来ていますから

素直な星を持っていても

素直になれない星もあるかもしれません。

行動的な星を持っていても、

動かない星を持っているかもしれません。

血液型のように単純に割り切れないのが宿命です。

一度、「親子未来塾」であなたの星を出してみて下さい

陽占の中に「車騎星」という星があったなら、

あなたもフォレスト・ガンプのように

純粋に人の教えに従い実行する・・・

という生き方も出来るはずなんです。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月26日 22:34 | | コメント (0)

2007年08月29日

まる子の夏休み!?


27日と28日はお休みをもらいまして

横浜の親戚のお家へ・・

まる子最大の遠出となりました。

ボクの叔父・叔母になるんだから、まる子にとっては???

自分の家と同じぐらいに動き回ってます。

どっちが客やら・・



翌日は「アンパンマン・ミュージアム」へ

ところが夏休みですからね、入口ですでに混んでて、

それにかなりの暑さにまる子もぐったり・・

8.29up.jpg

まる子自身がそんなに興味があるわけじゃなかったので

予定を変更してウィンドー・ショッピング・・・

いつにもまして周囲のお客に愛想を振りまいているまる子です。

みんなに声をかけてもらって、こっちも嬉しいやら恥ずかしいやら。

こうして我が家の夏休みは終わって行くのでした。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月29日 15:41 | | コメント (0)

2007年08月30日

母から学んだこと

 
今日、外出から戻ると玄関先に

若い女性がチャイムを鳴らしながら立ってました。

某英会話ルームの営業に歩いている人のようです。

「3才から小5くらいのお子さんはいらっしゃいますか?」

「英会話に興味がありますか?」

「アンケートにお答えくださいませんか?」

うちのまる子は対象外の年齢だけど、

急ぎの用があるわけじゃなし、

話を聞いてました。

「営業大変ですね・・」

そう言うと、何も言わず笑顔を返しました。

あとで、その会社をネットで調べてみると

あれこれ書かれている会社でした。
 
 
 
ボクって昔は営業とか勧誘とか大嫌いだったんで

当時は無下に断ってました。

でもある日、その対応を考えさせられたんです。

 
 

もう10年以上も前の、生前の母のことです。

或る日、外出から帰ってみると

母が誰かお客さんとお茶を飲みながら縁側で話をしていました。

見知らぬ人でした。

その人が帰ったあと、誰だったのか訪ねました。

「宗教の布教に歩いている人よ」

「知り合い?」

「ううん、初めて来た人」

「だってお茶出してただろう?」

「あちこち回っているみたいだからノドが渇くだろうし」

「そんなの興味ないからって追い返せばいいだろうに」

「一所懸命歩いてるんだから、話聞くぐらいはしてやってもねぇ」
 
 
 
また、あるとき、別の布教者が子どもを連れて訪ねてきたとき、

ボクが対応したんですが、

興味がないからとドアを閉めて追い返したんです。すると母は

「なんて事をするの! こどもも見てるんだよ」

「あれは手口で、ワザと連れて歩いてんだよ」

「そんなのわかってるわよ、でもあんたがああいう対応されたらどうする?

大人はともかく、子どもにはそんな事情は関係ないんだから・・」

 

そんな母を見ていると、自分があまりにも器が小さいことを実感してきます。

ボク自身だって結婚式の営業やって飛び込みで訪問してるだろうって・・

母は、電話での勧誘や販売にも丁寧に対応して、でも最後には

「申し訳ないんですけど、ウチには必要ないですから・・すいませんねぇ」

それからですね。

ある程度、そういう人達の事情を察して対応するようになったのは・・

「バカだなぁ」って思う人も多いでしょうけどね・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月30日 23:14 | | コメント (0)

Copyright (C)実録、ウチの子は俺そっくり!?.