HOMERSSサイトマップ

●ABOUT2008年01月 アーカイブ

2008年01月01日

謹賀新年!!

2008もスタート!!

今年も「親子未来塾」、

そして「ウチの子は俺そっくり!?」を

よろしくお願いします。

1.1up.jpg

今年も皆さんの応援をして行きたいと思います。ラファエル
保育園がんばります。まる子

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月01日 16:37 | | コメント (0)

2008年01月04日

まる子の初詣!!

みなさん、正月の三ヶ日はいかがお過ごしでしたか?
我が家は、例年になく、のんびりというかボーっと過ごしてました。

さて、まる子も今年は正月初詣に・・
まる子にとっては半年ぶりの場所ですが、
目はお店と、詣出客のつれた飼い犬に集中・・・
まだ何がなんだかわかりませんものね。

1.4up.jpg


我が家ではこの神社のお札も神棚に奉ります。
清水先生から教わっているのは、
神棚へは2月4日の立春から入れた方がいいということで
例年、それに従っています。

今の正月は西暦を中心に組まれているものですが、
算命学では1年のスタートが
2月4日の立春ですから。

ですから、
1月1日〜2月3日生まれの人の生まれ年の干支も
算命学の場合、通常とは違うわけです。

たとえば今日、2008年1月4日に生まれた子どもは
一般的には「ねずみ年」なんですけど、
暦上はまだ「いのしし年」なんです、2月3日までは・・・
毎年のことで、この1月1日〜2月3日生まれの人は
前年の干支(えと)なんです。
まぁ、日常の生活ではあまり関係ないですよね・・・
でも算命学では大問題になります。

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月04日 14:12 | | コメント (0)

2008年01月06日

白鳥の湖

 
僕の地元には毎年越冬の鳥が集まる湖がありまして

白鳥なんかもたくさん集まって来ます。

1.6_1up.jpg 1.6_2up.jpg

記憶では僕が学生の頃に集まり出したと思うんで

もう数十年になりますが

実は一度も足を運んだことがありませんでした。

白鳥にも興味無かったですし・・・

でも、子どもが生まれると、

こういうものでも見せてあげたいと思うようになるのが

不思議ですね・・・
 
 
1.6_3up.jpg

数十メートルですが人工の浜が作られていて

守る会のみなさんが、管理しているようです。

ですから、目の前で白鳥が見られます。手も届きます。

まる子は、楽しそうにしてますが

自分より大きい白鳥に後ずさりです。

1.6_4up.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月06日 14:38 | | コメント (0)

2008年01月07日

ボクたちの仕事始め。

 
今日から我が社でも仕事始めです。

といっても、僕個人は3日から仕事やってます。

データ作りが間に合わない!!

日中はまる子と遊び、夜中に仕事という、しんどい日々を送っています。

そのまる子も今日から保育園、再スタートです。

登園時に大泣きしていたそうです。
 
 
 

さて、昨年、およそ9ヶ月にわたって、このブログも書いてまいりました。

まだまだ中途半端な内容ですが、

今年はもう少し突っ込んで運命学コーチングの領域の話を書いて行きたいと思います。

もちろん、まる子の成長記も併せて書いて行きたいです。

 
 

で、今年の僕のポイントは

1、健康に注意すること。

今年は健康的に良くない年なので、できれば身体を鍛えて行きたいです。

2、どんなに周囲から掻き回されても動じないこと

今年は様々な仕事の依頼があったり、人から動かされたりしそうなので、

自分自身も動きたくてしょうがなくなるようですが、

そこをグッと堪えて、冷静に対処する・・・・これが一番難しそうです。

3、今の仕事(サイトやブログも)をもっと掘り下げて行くこと。

新しい事を始めるよりも、今やっていることを充実させた方が良さそうなんで

メニューなども吟味して行きたいと思います。

4、あまり力を入れずに仕事をすること。

清水先生には

「ホントは仕事しない方が良いんだよ!」

と言われてますが、生活がかかっていますから、そういうワケにも行かず、

僕自身も仕事が趣味みたいなところがあるから

「やるな」「遊べ」と言われても・・・難しい!!

でもそのくらい肩の力を抜いて、欲を出さずに生きろということなんです。


といったところでしょうか・・・

もちろん、これらは算命学から見たポイントです。

さてさて、どこまで実行出来ますやら・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月07日 14:11 | | コメント (0)

2008年01月11日

我慢強い人

 
あなたは自分が我慢強いタイプなのか、そうじゃないのか、

どう思っていますか?

ウチのまる子は、昨年まで保育園に到着すると

泣き出してしまっていましたが、

今年になってからは、笑顔こそありませんが、泣きはしていませんでした。

「我慢しているんじゃない?」と言っている人もいたんですが、

僕からは、そんな風にも見えなかった。
 
 
 
でも、今日、朝、いつものように保育園について

先生にご挨拶したまではよかったんですが、

ちよっと、先生と連絡事項の話でまる子から目を反らして

気を緩めていたら

泣き出してしまいました。

その時、思いました。

まる子は最近、必死になって我慢していたんじゃないかと・・・

まさか、親に心配かけまいとしていたのではないと思いますが、

自分なりに頑張っていたのでしょう。

子どもも、子どもなりに我慢しているんだから、

大人はちょっとしたことなら我慢しないと恥ずかしいですね。
 
 
 

試しに当サイトの星割り出しソフト

あなたの星を見てみてください。

「陽占」と言う中に「貫索星」「司禄星」という星があったら

あなたは我慢強いということになります。

特に中心にその星があればなおさらです。

もしその星があるのに我慢強くないと思ったら、

心の鍛え方が足りない可能性がありますよ。

ウチのまる子は司禄星を持っているんですよね。

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月11日 15:32 |

2008年01月12日

我慢強い人 2

 
前回、「貫索星」という星があると我慢強いとお話ししました。

僕もあります、貫索星。

この星って我慢強いのはもちろんですが、

とっても頑固でもあります。

なかなか新しい事にスグには順応出来ないんですよね・・・

子どもの頃は、我慢強いことが裏目に出ることも多々ありました。

嫌な事もイヤと言わない・・・

欲しいものも欲しいと言わない・・・

自分の中でグッと我慢しちゃうんですね・・

 
 

算命学ではこの星がある子どもには「自我」を出させることが大切だと言ってます。。

周囲に対して意思表示をすることで、

これが出来なくては、人とのコミュニケーションは取りにくくなりますから。

自我が極端に出るとわがままな人間になりそうな気がしますが、

大人になるにしたがって理性が自我をコントロール出来るようになりますから、

ある程度の自我の発散は必要になるんです。

多少意見の違いで友達とケンカをするくらいでちょうど良いみたい。
 
 

この星を持った大人で、とても頑固一徹、人の意見も聞かないような人が結構います。

それは忍耐力とか頑固さがそのまま強くなってしまった人です。

大人になっても自我をコントロール出来ない人だということですね・・・

僕は、適度に頑固です(笑)

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月12日 17:05 |

2008年01月15日

成人式と元服

 
ボクたちにとって、成人式と言えば

毎年1月15日ですよね。

それが最近は何日になっているかカレンダーを見ないと分らないと言う

なんとも情緒がなくなった祝日です。
 
 

でももっと昔は・・

平安時代から江戸時代までは

成人と言えば「元服(げんぷく)」

15才の儀式です。

これも算命学のベースになっている陰陽五行から成り立ったようです。

「三つ子の魂、百まで・・」と言うように

3才までは人間にはなっていないんですね・・精神は・・・

3才からが初めて人間としての成長なんです。

(「天地人三歳論」をぜひお読みください)
 
 

で、3才から"十二支"を一回りすることで

本来の人間の「気」を授かると言うことです。

3+12=15

だから15才が成人だという考え方です。
 
 
 

僕の個人的な考え方ですが、

中学を卒業したらもう大人・・

あらゆる責任を持つべきです。

またそう出来るような人間教育を

中学までに行なうべきなんです。

仕事は別ですよ・・・

あくまで人間としての教育です。
 
 
今年、成人を迎えられた皆さん、

そのご家族のみなさん、

おめでとうございます。
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月15日 14:36 |

2008年01月16日

成人式と元服 2


イジメや登校拒否、引きこもりに非行・・

こういったもののポイントも15才なんです。

清水先生いわく

「15才までなら、軌道修正はできるけど

15才を過ぎてしまうと、なかなか軌道修正は難しい・・」

それは15才で成人になって性質が固まってしまうからのようです。

ましてや、大人になってからの生き方や考え方の修正はかなり困難。

本人にその気がなければ無理です。
 
 

でも、逆に言えば、本人にその気があれば、

大人になっても軌道修正は出来るということで、

それが「運命は変えられる」というものです。
 
 
 

子どもの相談に親が訪ねてくることが多いのですが、

大抵は15才以上、高校生になってからです。

そういう場合も、本人に会って、

自分を変える気があれば、軌道修正はできるんです。

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月16日 14:42 |

2008年01月17日

雪の朝

 
朝、目覚めると

窓の外は一面真っ白・・ひさしぶりの雪です。

僕の地元は比較的に海から近いので、例年あまり雪が積もりません。

年に一度あるかどうか・・

でも、僕の子どもの頃は、冬はもっと寒かった。

朝は外の池が凍ってたり、ツララができてたり、

雪も何度となく降った記憶があります。

やっぱり、温暖化なんですかねぇ。
 
 
 
まる子にとっても初めての雪景色

窓の外の光景に、不思議そうな驚きの顔をしてました。

僕ら大人にとっては

「雪が積もってるよ!!」ぐらいですけど、

まる子にとっては

「何じゃこりゃ〜っ!!」って感じなんでしょうね。
 
 
1.17up.jpg


青空も見えて来て、どうせすぐ解けちゃうんだからと

保育園に行く前に庭に出て雪遊び。

嬉しそうに雪を掴んでました。

樹の枝から落ちる雪の音にビックリしながら・・


明るい陽射しが当って、この雪も今日一日の命か・・

1.17_2.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月17日 11:06 |

2008年01月21日

清水南穂語録


先日、今年最初の清水南穂宅におじゃましました。

仕事の打ち合せや報告もかねての訪問ですが、

毎回、人生の勉強会になってしまいます。
 
 

算命学の技術的な話から、

人間としての生き方、考え方まで

幅広い話をしてくれます。

最近は、夏見モンドさんと一緒にうかがうことが多くなりました。

毎回毎回、気付きをもらえます。

その話の端々に、運命学コーチングの核になるような言葉が出て来ます。

今度、親子未来塾サイトに

「清水南穂語録」のコーナーでも作ろうかなと思ったりして。

 
 

たとえば・・

「社長になるなら趣味を持て!!」

趣味を持つくらいの遊び心がないと

社長として大きくはなれない、

趣味の一つも持てない社長は大物になれないということです。


とにかく今年も清水南穂からは勉強させていただきますので

よろしくお願いいたしま〜す。

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月21日 12:31 |

2008年01月23日

絶食の日をつくろう

 
清水先生から知り合いの漢方の先生が言ってたという話をききました。

現代人は全体的に食べ過ぎているんだそうです。

カロリーを摂り過ぎているということですね・・・

だから、その先生は週に1日、絶食しているそうです。

ただし水分だけは摂るそうですが・・・

それで胃袋などの内蔵を休ませて体を調整するんだそうです。

 
 

なるほどなと思いました。

僕もやってみようかな・・・

すると清水先生は

「最初から絶食しないで、一食は摂った方がいいよ・・年なんだから(笑)」

無理はするなってことですね・・・

どんなに良い方法でも無理をしたら逆に体を壊すってことです。

ダイエットなんかが一番いい例でしょうね。

やり過ぎや無理のし過ぎが危険なんですよね・・・

 
 
ウチのまる子も少しは食べる量を減らさないと・・・

ハッキリ言って食べ過ぎです。

「もっとくれ」と要求してきます。

これを我慢させるのがたいへんでして・・・苦笑・・・

誰に似たのかな???

1.23up.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月23日 15:32 |

2008年01月28日

絶食は難しい!!

前回、週に一度は絶食の日を作ろうかな・・・と書きましたけど

難しい・・・

特に僕みたいに仕事場と自宅が壁一枚でつながっている者には

誘惑が・・・

かなりの覚悟が要ります。

「そんなことする必要があるのかな?」

なんて悪魔の囁きも聞こえて来ますし・・・

だから情け無いですけどまだスタート出来てません。
 
 
 
余談ですけど

算命学の陽占の中に「鳳閣星」という星がある方・・・

この星は飲食に関する星でもあるので

気をつけないと太ります(笑)

若い時代はナンダカンダ言ってもカロリーを消費するからいいんですけど

中年になったり、動きがない生活になると太ります。太りやすい質があるんですよね。

この星がある人は、絶食とかダイエットとか・・なかなか難しいんじゃないでしょうか?

どうやったら上手に絶食出来るか、

夏見モンドさんにコーチングしてもらおうかなぁ(笑)

※星が知りたい人はこちらで調べてネ。

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月28日 00:12 |

2008年01月29日

相性って何?

テレビで、「同じ誕生日の人は相性がいい、占いでも同じ結果だし・・」

そんなことを言っている人がいました。

正しくもあり、間違ってもいます。

確かに同じ誕生日なら運気の質は似ていますから

分り合えるということは言えると思います。

※この場合の同じというのは生年月日がすべて同じことを指します。

※「同じ誕生日でも運勢は違う」もぜひご覧下さい。
 
 
 
でも相性ということになると、

同じ誕生日同士でも、

相性の良い組み合わせになる場合もありますが、

発展の無い組み合わせになる場合もあります。

「じゃぁ、『相性』って何?」

ってことですよね・・・相性の定義って何でしょう?

先日、清水先生のところで、ちょうどこの話が話題になりました。

清水先生いわく

「たとえば、結婚の相性が良いというのは、いい子孫が残せる相性のこと

楽しく過ごせるとか、仲良く過ごせるというのは、

それだけでは本当の意味での相性が良いということにはならない・・」

 
 
・・・かなり奥深くて、上手く書き表せませんが・・・・

極端な例ですけど、

夫婦仲が悪くても、とても良い子どもを産んでいれば、相性は良いと言うことになります。

ただし、大抵の場合、夫婦仲が悪くて、子どもが良い大人に成長していくというのは

けっこう難しいことのようです。

表面上、人間的に良い大人になったとしても

宿命的にはそうはならない・・・

その次の世代などをみればその理由がわかるんです。

だから、少なくても夫婦仲は良くしておかないと・・・子孫に影響しますよ。


追伸

まる子は元気です。

最近は保育園にも慣れて、朝も嫌がりません。

逆に先生に抱っこされてバイバイされます。

なんとなく寂しいなぁ・・・

newyear_2.jpg


どことなく赤ちゃんじゃなくなって来たまる子

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月29日 11:02 |

Copyright (C)実録、ウチの子は俺そっくり!?.