HOMERSSサイトマップ

●ABOUT2009年04月 アーカイブ

2009年04月03日

新年度もスタート・・

 
すっかり春ですね・・・

ちまたは新学期もスタートして・・

新しい生活を始めた方も多いと思います。

このブログは、ここ数ヶ月、

所用で更新が滞っております。

気持ちを新たにして、綴ってまいりたいと思います。

ところで、先日

またまたディズニーランドへ行ってきました。

それも春休み期間だったので、大混みです。

開園前に到着して余裕かと思っていたら、とんでもない・・

割引があるためか、どうも卒業記念という中高生のグループがたくさん・・

ウチのまる子は乗れるアトラクションに限りがあるので、

それほど混雑は関係ないですけど・・

どちらかといえば、キャラクター待ちみたいなところがあります。
 
 
 
そして念願のミニーちゃんと会いました。

チュッってされて感激してます。

09.04.03_1.jpg

 
 
 

この不景気の中、

ディズニーランドは2008年、過去最高の入場者だったとか・・・

そうなった理由というか企業努力はありますからね・・

不況時でも勝ち組と負け組があるということですよ・・・

 
banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月03日 11:13 |

2009年04月06日

花よりだんご

 
桜もそろそろ満開ですね。

ということで、毎年恒例になってしまった桜見に出かけました。

香取神宮なんですけど、

〆は茶屋で団子です。

花よりだんご・・・

 
09.04.06.jpg

 
子どもが小さいと、ナンダカンダと季節の行事に関わります。

花見なんかも、昔会社仲間でやって以来です。

でも、本来は大人こそ季節の行事を積極的に味わうといいんですよ。

・・・自然に触れて空気を感じることが一番です。

ストレス解消にもなりますし・・・ね。


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月06日 15:59 |

2009年04月07日

シールちょうだい?


先日、薬局でのこと。

薬局の人が会計時に、子どもの患者さんにシールを渡していたそうです。

それを観ていたウチのまる子が、母親に

「まる子も欲しい・・」と訴えてきて

「欲しいなら自分で言って来なさい」と言うと、

やがて、会計窓口へ歩いて行って

「シールちょうだい?」

と、一人でシールをもらって来たそうです。

誰に似た?

僕は小さな頃、それはそれは頑固なくらい、

一人で自分の気持ちを誰かに言うなんてことは出来ませんでした。


算命学では、子どもの頃に

どういう性質が表に出やすいかがわかります。

ボクの場合、「貫索星」という頑固で、他人に頼らない、

マイペースな星の影響が出ていました。

良く言えば、ひとりで何でもやって行ける自立した子。

悪く言えば、協調性の無い融通の利かない子。


娘の場合「禄存星」という星の影響が出て来ます。

とても人なつっこい性質で、甘えん坊。

自己主張も強いので、

一人でシールをもらいに行けるのです。

親子といっても、個性はそれぞれ違います。

性質が親と違っていても当たり前。

ちなみに皆さんも子どもの頃、何の性質が表に出ていたか、

→星を出してみてください。

中心星と第四命星というところに出ている星の影響が出ます。

ちなみに星の意味合いは、星の見方解説のページでご確認を・・

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月07日 17:25 |

2009年04月10日

天皇と日本

 
50年前の今日、

1959年4月10日

現在の天皇皇后両陛下がご成婚された日だそうです。

おめでたいことです。

残念ながら、当時は私も妻も生まれておりません。
 
 
 
結婚50年といえば金婚式。

世界的な長寿国になっている日本なので

金婚式を迎えられるご夫婦は意外と多いのかも・・・

しかしながら、50年・・・大変ですよね・・

私たち夫婦は今年14年、あと36年ですか・・・
 
 
 

日本という国は、運命学的にも独特の国で、

アメリカの場合などは大統領の運気でその国の大抵のことは判断出来ます。

でも日本は、政治経済といった現実的なことは総理大臣の運気で左右し、

日本国民の意志・精神は天皇によるものだそうです。

天皇家がしっかりしてくれていれば、

国民全体の精神が崩れることが少ないということです。

バブル崩壊や今の大不況にあっても、

日本国民の心意気が大きくブレないのは、

天皇のおかげと言えるかもしれませんね。

banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月10日 13:44 |

2009年04月15日

清水南穂語録09.04.14

 
昨日、清水先生に会って来ました。

打ち合せと、携帯サイトの相談鑑定のためです。

その中で、毎度のことですが、

清水先生の語録が飛び出します。

僕にとってはとても勉強になります。

例えば、今回は・・・

最近、会社から解雇された若い男性の相談が多いようで、

本人もなぜクビになったのかわかっていないそうです。

「最近の若い男性は特徴が無い・・・

 特徴というのは、才能を発揮することで、その人の「売り」になる部分、

 それは人間としての魅力も醸し出す・・・

 特徴(魅力)が無い人は会社としても価値を見出せないのだろう・・・

 他人に負けないと言えるだけの特徴を持つことが大事・・・」

 
 
そういう点をフォローしようと私も夏見モンドさんも、

運命学コーチングを始めたわけなんですけど・・・ね。


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月15日 14:02 |

2009年04月16日

結婚が上手くいく条件/清水南穂語録

 
清水先生いわく

結婚して上手くいくかどうかは、

男性は、相手を生涯守ると言う意志を持つこと、決断すること。

女性は、生涯自分を守ってくれる・・という男性を見極めることが大切、
 
そして女性は相手に尽くそうと決意すること。

この考え方がしっかりしていないと、結婚しても上手くいかない。

 
 
 
決意の意識が有るかどうか、意識を持ち合っているかどうかが大切で、

星が合うかどうかは関係ない。

今の時代は、男女ともに、この意識が欠如しているので、

結婚してもすぐ別れたり、結婚しない人が多い。
 
 
 

今の時代、男性がしっかりしていないので、

生涯女性を守り通そうという意識が薄い人が多くなっている気がする。

女性も、自立しているので、男性に守ってもらおうという意識が薄い。

だから結婚しない、出来ない人が多くなり、

結果的に子どもが少なくなってしまう・・・・
 
 
 
もちろん、結婚してから決意を持つことでも大丈夫ですけど・・

最初は自信がなくてもね・・


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月16日 13:46 |

2009年04月17日

イチロー選手、最多安打記録達成!


イチロー選手が張本勲選手の残した3085本のヒット記録を更新し

日本人選手の最多安打記録を打ち立てました。

もはや「あっぱれ!」というしかありませんね・・
 
 
 

このイチロー選手と張本選手、そして世界の本塁打王、王貞治選手に共通するもの・・・

それは「玉堂星」という理論の星です。

3人とも感覚で打っているのではなく、

理論的にバッティングをしているという点です。
 
 
 

3人とも独特の打撃フォームで有名ですが、

普通の人が真似をして出来るものではありません。

3人が、それぞれ考えた末に出来あがったフォームです。

それを成し得たのが、この「玉堂星」という星の才能でしょう。

ようするに、3人とも理屈っぽいってことですよ(笑)
 
 
 

余談ですが・・・

この三人と真っ向から反対の人・・・

感性(鳳閣星)でバッティングをしている人・・・

それがミスターG、長嶋茂雄選手です。


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月17日 22:59 |

2009年04月21日

みんな仲良く、仲良くね!

 
仕事をしていて、パソコンからふと目を上げると、

目の前の木に、夫婦なのか親子なのか、

ハトが2羽、停まってました。
 
09.04.21.jpg

やがて寄り添うように仲良く毛繕いみたいなことをし始めました。

ずいぶん長い時間、その木に停まっていましたけど・・・

やっぱり、家族は仲良くなくちゃね・・・
 
 
 

我が家の今のモットーは

「みんな仲良く、仲良くね! 」

娘がいつも言う言葉です。

私と妻が何か真剣に意見を交わしていると、

娘はケンカだと思うようで、

「お父さんもお母さんも、ケンカしない!!

 みんな仲良く、仲良くね!」

と言います。
 
 

元々は、NHKの子ども番組のショーで、

歌のお兄さんが言っていたセリフだと思うんですが・・・

娘は争いごとが嫌いなようです。

保育園ではどうなんだろう?

わりと強引な子ですから、

園のともだちに、知らず知らずケンカ売ってるかもしれません。笑

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月21日 11:20 |

2009年04月23日

命って何? アシュリー逝く

 
早期老化症/プロジェリアという病気をご存知ですか?

遺伝子異常により、もの凄いスピードで老化して行く病気です。

12才で肉体はおよそ80才、

患者は世界で30〜40人、

平均寿命は13才だそうです。

そのプロジェリア患者の女の子、アシュリー・ヘギちゃん、

日本でもTV番組のドキュメンタリーで紹介されていたので、

ご存知の方もいらっしゃると思いますが・・・
 
 
ashley.jpg

アシュリーのお母さんの著書
「みじかい命を抱きしめて」
フジテレビ出版

 
 
 

そのアシュリーちゃんが先日、17才で永眠したと知りました。

5月の誕生日で18才になる直前、

高校卒業するのが楽しみだったそうです・・

ドキュメンタリーを観るかぎり、壮絶な人生だったろうと感じます。

体が思うようにならない、体調も悪い・・

何より、寿命がすぐそこだとわかっている苦しみ。

それでも気丈に、命を全うしようと頑張っていたアシュリーちゃん。
 
 
 

「命って何だ?」

と考えさせられてしまいます。

幸いにも、私たちは、いつ死ぬかを知りません。

だからこそ、あれこれ夢を持って楽しく生きて行けます。

でも、最近、私も50才に近づいて来て

現実の「死」というものを意識するようになっているのは確かです。

50才でそうなのですから、60代、70代、80代の人は

もっと切実かもしれませんね。

でも、それを考えてばかりいては、前に進めません。

やり残すことが少ないように、

人生を考えて過ごして行くことが大切だと思います。

やれる時にやる・・

やりたい時にやる・・・

それが幸せな生き方かもしれませんよね。
 
 
 

清水先生は言います、

「算命学では、人間は不平等な生き物だと教えられている」

不平等だからこそ、その人自身の生き方が試されているんでしょう。

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月23日 11:14 |

2009年04月27日

命って何? 人間はなぜ不平等?


以前、このブログでも書きましたが、

私の最初の就職は私立病院でした。

その病院には精神神経科があって

多くの患者さんが入院していましたが、

私が生まれる前、当時23才だったんですけど、

25年も前から入退院を繰り返していた患者さんもかなりいました。

そういう人達と接していると、

毎日、自由に生活している私との違いに

「どうして、この世に、こんな辛い思いをしている人がいるんだろう?」

「人間は平等ではないのか?」

そんな疑問をいつも持っていました。

社会復帰しても、なかなか上手く生きて行けず、

家族からも見放されている人達がたくさんいました。

中には自殺をする人もいます。

「何なんだろう・・この差は?」

その現実が、ある程度理解できたのは、算命学の清水先生に出会ってからです。
 
 
 

この疑問を清水先生に尋ねたことがあります。

「算命学では、人は平等ではない・・・という概念です。

でも、自分を入れて前後5代を他人と比べると、

そこでは平等になる・・・

つまり、苦しんだ人がいる分、自分の先祖や子孫に幸せな人がいる、

5代を平均すると、どんな人も同じぐらいになるようになっているんですよ」
 
 
 

大成功した人の陰には、とても苦労した人が先祖にいる、

あるいは子孫に出て来てしまう

5代という時間を使ってバランスを取るようになっているんだろうね・・
 
 


精神系の病気で苦しむ人には、それなりの意味と言うか、役割があるんですよ・・

その人だけ取ってみれば、可哀想だし、不平等だと思うかもしれないけど、

原因は、その人の先祖にある場合が多い・・・

家系のしわ寄せというか、犠牲になっている人達なんだよね・・・」


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月27日 09:47 |

2009年04月30日

昭和の日

 
29日の「昭和の日」はお出かけです。

NHK教育の「いない、いない、ばあ」という番組のキャラクター

ワンワンのイベントに行って来ました。

11時開演のイベントに10時の段階で長蛇の列

商業施設の広場にギッシリの家族連れ、

おそるべしワンワン!!

090430_2.jpg 090430_1.jpg

左がワンワン、つくばEXに乗るまる子(右)


それも陽射しが暑い・・

昨年の水谷豊のイベントを思い出します。

ウチの娘はその中でも、グズることもなく待っていました。

実際のショーは30分程度、

その間、娘を抱きかかえての観覧です。
 
 
 

記憶を辿れば、

ボクも子どもの頃の夏休み、

ウルトラマン・ショーとか、仮面ライダー・ショーとか

叔父叔母たちにだいぶお世話になってます。

ウチの父母にはそういう類いの世話にはなっていない気がする・・

全部叔父叔母まかせ・・・
 
 
 

あれは幼稚園の時だったか、

「東宝マンガまつり」の映画があって、

父に連れて行ってもらった時のこと・・

父の会社がちょうど映画館の近くにあって、

「見終わったら会社に来いよ」

そう言って僕一人を映画館に置いていく父。

あの時代はそれでもOKだった。

ボクも何の違和感も無く一人で映画見てました。

そのおかげか、何でも一人でやる子どもになっていました・・

「昭和」のいい時代でしたね。

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月30日 14:37 |

Copyright (C)実録、ウチの子は俺そっくり!?.