HOMERSSサイトマップ

2011年03月23日

大きくなったまる子への手紙

今はまだ4歳半のまる子だけど、何歳になった時か、この日記を読んでくれたら、小さい頃、どんなことをして、どんなことがあったのか、少しは知ることが出来るでしょう。

それまで、お父さんは日記を書いて行きます。

もともとこのブログは仕事のこと以上に、まる子のことを書いて来たけど、今回、東北地方で大きな地震が発生して、大きな被害をもたらし、それをお父さんもまる子も体験しました。
きっとこれから、社会科、歴史の時間で勉強するかもしれないけど、その体験したことを詳しく残していおきたいと思います。

今日は地震が発生してから13日目です。
未だに私たちが住んでいるところは断水で、水が使えません。食べるものと電気は使えるけど、やっぱり水が無いと、生活は困ってしまいます。


さて、地震が起こったのは2011年3月11日、午後2時46分、東北地方太平洋沖でマグニチュード 9.0 を記録しました。それまでM7という地震でも大災害が起こって来ましたが、M9という信じられない規模の地震が起こったんです。

この地震で多くの地域で被害が起こり、さらには6メートルを越す大きな津波が起こり、多くの犠牲者が出ました。

その時、お父さんは自宅兼会社で仕事をしていました。
お母さんは、たまたま仕事を休んで出かけていました。
まる子、あなたは、保育園でみんなと遊んで、そろそろおやつの時間という頃でした。

banner_04.gif
 
 

投稿者: ラファエル 日時: 2011年03月23日 13:38 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

Copyright (C)実録、ウチの子は俺そっくり!?.