HOMERSSサイトマップ

2011年03月24日

地震が起こったその時、お父さんは・・

まる子へ・・

その時、お父さんはパソコンで仕事をしていました。

ゆっくり家が揺れ出し、徐々に強くなっていきました。
かなり長い揺れ・・

「いつもと違う!!」

そう思ってドアを明けて様子をうかがっていると、
益々激しく揺れて来ました。

さすがに家を飛び出し、庭に出てみると、
今までに経験したことが無い大きな揺れ。

やがて母屋の屋根瓦がバラバラと落ち出し、

「あぁ、家が壊れるな・・・」と思いながらも

なぜか冷静に様子を見ている自分がいました。

kawara_1.jpg  kawara_2.jpg


「保育園のまる子はどうしているだろう?」

「保育園はけっこう古い建物だから、倒壊していないだろうか?」

やがて地震がおさまると、とにかく保育園へ向いました。

途中、道路からは水が溢れ出し、家々の瓦は崩れ落ち、
道路が割れて段差がうまれ、
倒れかかった電柱もありました。

鹿嶋臨海工業地帯からは大きな煙が上がっていて、
異様な雰囲気が辺り一面を覆っていました。

保育園に向かう車中で聴いたラジオからは、
震源が岩手・宮城の沖合だということと、
マグネチュード7を越えていること、
そして津波警報が出ていることがわかりました。


banner_04.gif
 
 

投稿者: ラファエル 日時: 2011年03月24日 14:55 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

Copyright (C)実録、ウチの子は俺そっくり!?.