HOMERSSサイトマップ

2011年03月27日

停電と断水と、そして余震

まる子へ・・

最初の地震発生から40分ほどたったころ、
お父さんとまる子は自宅に帰って来ました。

当然だけど、あの地震の影響で、停電に断水。
携帯電話も不通で、お母さんとも連絡が取れなかった・・

何度も来る余震を気にしながら二人でお母さんを待っていましたね。
2時間後の夕方5時過ぎになんとか戻って来たおかあさん。

しかし、震源近くの東北地方や福島原発が、あれほどヒドいことになっていようとは・・
その時はまったく予想もしていませんでした。
情報が無いというのは怖いものです。

ライフラインの寸断は、すぐには復旧しないだろうと思い、
とりあえず、夜に備えて水とロウソクと懐中電灯とラジオを、居間に集めました。
まだまだ寒い日が続いていたので、
使っていなかった灯油ストーブを出して来たり・・

まる子は保育園で習った通り、余震の度にテーブルの下へいち早く潜る。
でもホントの不安はその夜でした。

真っ暗な夜。

ロウソクの明かりとラジオのニュースの声、そして繰り返される余震。
台風の時とは違う、今までに無い緊張と不安。
この年齢で経験するとは思いませんでした。


banner_04.gif


投稿者: ラファエル 日時: 2011年03月27日 16:41 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

Copyright (C)実録、ウチの子は俺そっくり!?.