HOMERSSサイトマップ

2011年03月29日

電気の大切さを考える

まる子へ・・・


震災の翌日まで、停電は続きました。
でも、その朝、電気が復旧したのには、有難かったですね。
すぐさま、テレビをつけて、現状確認です。

電気が長時間使えないことで、一番困ったのは、
冷蔵庫の冷凍食品です。
解けちゃって使い物にならなくなってしまうからです。今回は無事でしたが・・

それと、ウチはオール電化なので、
風呂も調理も、暖房も、まったく使えなくなります。
お湯も沸かせない・・・

まぁ、風呂と調理は、水が使えなくなれば電気が通ってもダメだけどね。
幸いにも、LPガスは持っていたので、今回はそれでお湯を沸かしました。


パソコンもネットにつながらない。
(お父さんは秘密兵器があるから大丈夫だったけど)

もちろん、テレビも見られないし、
予約しておいた番組も録画出来ない・・・
もっとも、震災特番で、全てのドラマや番組は休止になったけどね。


ちょっとビックリしたのは、電気を使っている電話機が、
通話機能だけは保たれていたということ。

停電でも電話は使える。
停電の中で電話が鳴った時はちょっと驚いた・・・
ただし、留守電機能などは使えないけど・・


いかに生活が電気に依存していたかということを、改めて痛感した。


今回の大震災で、
福島原発をはじめとした発電所の稼動停止により、
電力不足という危機に直面しています。

計画停電と言って、
関東地方を地区分けして順番に強制的に停電させるという荒技に出た。
これもいたしかたないか・・・

ただね、その第一回目の計画停電実施が、まる子が住んでいるこの地区だったんだよ。
被害が大きいにもかかわらずね。
夕方から2時間程度、電気が止まっていたかな・・・

翌日、茨城県知事が抗議して、茨城県は計画停電の対象外になったけど・・・

6.23up.jpg


日本の電気事情は転換期を迎えることになると思います。
まる子がこれを読む頃、例えば10年後、
日本の電気事情はどうなっている?

電気のなかった昔の文化を取入れるのか?
全く新しい進化を遂げるのか?

不安でもあり、楽しみでもあり・・・

人気ブログランキングへ

投稿者: ラファエル 日時: 2011年03月29日 11:46 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

Copyright (C)実録、ウチの子は俺そっくり!?.