HOMERSSサイトマップ

●ABOUTetcカテゴリー

「実録、ウチの子は俺そっくり!?」のカテゴリ「etc」に投稿されたすべてのエントリのアーカイブのページが、新しい順番に並んでいます。
次のカテゴリーは、つぶやき です。

2011年11月15日

テスト7

テストです

投稿者: ラファエル 日時: 2011年11月15日 14:41 |

2009年10月02日

運命学コーチング・講演会のお知らせ

 
今月17日に急遽、講演会を行うことになりました。

タイトルは

「運命学コーチングを使いこなすには?」

趣旨は、

運命学コーチング初心者向けではありますが、

運命学コーチングに興味があるがセミナーに参加するのはちょっと・・という人、

何かのキッカケを模索している人、

これからの人生に前向きに進んで行きたいという人、

過去にセミナーへ参加していただいた方でも初心を思い出したい人は、

気楽にご参加いただける企画です。
 
 
 

3時間の枠でお話しする内容は、

前半に

◎運命学コーチングで何が出来る?

◎運命学コーチングとティーチとコンサルティングの違い

◎運命学コーチングと占いと宗教の違い

◎運命と宿命の違い

◎才能って何?

◎「気」について・・

◎運命学コーチングを使いこなすには?

◎自分を変えたい人へ

◎他

後半は

◎Q&Aで運命学コーチングを理解してもらう

これは、参加者からの質問にお答えしながら

運命学コーチングの面白さや凄さを知っていただこうというコーナー。

参加者の質問に答える形式で、メッセージを送ります。
 
 
 

また、11月、12月、1月と4回連続で、講演会を行う予定です。
 
 
 ・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

これより告知。。


●日時
2009年10月17日(土) 13時30分〜16時30分
受付開始 13時15分

●開催場所
〒120-8575 足立区綾瀬1−34−7−102 綾瀬プルミエ内
千代田線「綾瀬駅」西口 徒歩約3分
アクセス⇒ http://www.city.adachi.tokyo.jp/031/d03200005.html

●参加費
お一人/1000円 
お二人以上のグループ参加の場合 お一人/800円 

●定員30名
定員になり次第、締切をいたします。

●お申し込み方法
下記専用お申し込みフォームよりお願い致します。
 
お申し込みページへリンク
 
 
 

ご興味があるかたは、

上記の申し込みフォームから・・

また、詳細についての問合せは、下記のメールアドレスで

私にご一報ください。

ラファエル・ジャパンのメール・アドレス

 


・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 


※あなたはどんな星を持ってますか?
興味がある人は→「当社フリーソフト」で調べてみてください。

※星の簡単な意味合いは「星の見方解説」のページを参照してみてください。


・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年10月02日 21:34 |

2008年10月06日

サイバー犯罪の不思議

 
今日の新聞で驚かされたニュースがありました。

インターネットのオンラインゲームで他人が育てたキャラクターを

盗んで消去した男が不正アクセス禁止法違反で書類送検されたというものです。

被害者と犯人は友達で、ゲームサイトの仲間だったようで、

ささいなトラブルから腹いせのためにやったと・・・

三年半かけて育てたキャラが4体いなくなっているのに気づいた被害者が

県警のサイバー犯罪相談窓口に相談して発覚したそうです。
 
 
 
もちろん、犯罪です。これは・・

でも昔なら、子どものケンカです・・・どうみても・・

こういうことが相談される警察も大変ですね・・・

アメリカで、熱い飲食物で火傷したから損害賠償に数億円というのと

ある種、同じ次元の気がします。
 
 

僕も子どもの頃、大切にしていた"ウルトラマン・ブロマイド"を

5才下の弟が全て友達にあげてしまったということがありました。

それがキッカケで大人になるまで、ろくに口をききませんでしたけど(苦笑)

これも厳密に言えば犯罪ですよね・・・

でも、弟じゃなければ「絶交だ!!」で終わるような話です。

それが、今の時代・・・
 
 

もっとも今回の事件も、不正アクセスで消去した犯人が悪いに決まってます。

いわゆるサイバー犯罪です。それはわかります。ただ・・・

なんとなく、不思議と言うか、唖然としたニュースでした。
 


・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 

週末のまる子・・・

なかなか遠くへ遊びに連れて行けないので

近くの公園で機嫌を取っています。
 
 
08.10.07_2.jpg  08.10.07_1.jpg

エネルギーが高い娘は、

体を使うエネルギー発散方法をとらないと、

ストレスが溜まるというか、健康に良くないんですね・・

夜もよく眠らないし、夜泣きもされてしまう・・・

保育園では心も体も疲れて帰って来るからいいんですけど、

休みの日が問題なんですよ・・・

08.10.07_3.jpg
 

 
ストレスのはけ口にはなりませんが、クリックのご協力を・・
  ↓
banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2008年10月06日 15:12 |

2008年09月11日

あれから7年・・あの時起こったもう一つのこと

 
9月11日という日に、みなさんは何を思い出しますか?

わたしの友達にこの日の誕生日の人がいますが・・・

やっぱりわたしはアメリカで起こった同時多発テロを思い出します。

あれから7年ですか・・・

でも、わたしの場合、みなさんとはちょっと違った意味で記憶にある日なんです。
 
 
 
2001年のあの頃、

わたしは大手プロバイダ各社の有料サイトで

初めて「算命学占星術」サイトのサービスを開始しました。

sanmei_08.09.11.jpg ←当時のサイト・トップページ


9月はスタート1ヶ月という頃で、

まだ携帯電話でのサービスはオープンしていませんでした。

そして、あの日、9月11日の事件が起こったわけです。
 
 
 
日本では夜の9時過ぎ・・・全国民がそのニュースに釘付けになりましたよね。

実は、その翌日、

サイト運営のゲーム会社(株)タイトーさんの担当者から連絡が入ったんです。

「昨日、算命学に異様な数のアクセスがありました。

突然数字が上がっています。

何故でしょう? 理由がわからない・・・・」

聞くところによると、テロがあってから

インターネットへの全体のアクセスが急激に下がったそうです。

それはみんなが生でテレビを見ようとしたから・・・
 
 
 
本来なら一番ネットへのアクセス数が上昇する時間帯、

情報収集をしようとした人は当然ネットにアクセスしたでしょうが、

有料のサービス、占いなどは軒並みアクセスが下降し通常の1/3以下になったそうです。

そりゃそうでしょ。

あんな大事件が起こって、それがテレビで生中継されている時に

ノン気に占いを楽しんでいる人は少ないはずです。
 
 
 
それなのに、全サービスの中で

唯一、私どもの「算命学占星術」だけが、

通常の3〜4倍のアクセスになったというのですから、

不思議に思わないはずはありません。
 
 
 
でも担当者も、私も、清水先生も

その理由はわかりませんでした。

ただ、清水先生は

「稀に見る一大事、それも想像を絶する悲惨な出来事に、衝撃と不安がつのり、

何故、そんなことが起こったのか?

これから世界はどうなっていくのか?

自分の人生は?

そういう思いの人が、不安な心で占いにアクセスしたのではないだろうか?」・・・と

それは一理あるなと思いましたが、

知る人ぞ知る算命学ですよ、

なぜ、算命学だけ?という疑問は、結局解消されることはありませんでした。

あの事件が起こって数日間は

そんな不思議な出来事に驚かされたものです。

あれから7年、

未だに、あのとき算命学にアクセスが集中した理由がわかりません。
 
 
 

クリックのご協力をお願いします。

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2008年09月11日 11:30 |

2008年09月08日

我慢と開き直りの10年

 
本日でわたしどもの会社、ラファエル・ジャパンも満10年です。

なんとかここまで、続けて来られました。

清水先生やスタッフ、関係各社、

なにより、携帯サイトや親子未来塾サイトを応援してくださっている皆さんのおかげです。

本当にありがとうございました。
 
 
 
10年、自分にとって長い10年でした。

起業の経緯は何度かチョコチョコ書きましたけど、

(ボクの天職探しの旅 〜5〜)
(ボクの天職探しの旅 〜6〜)
(ボクの天職探しの旅 〜7〜)
・・・※よかったら読んでね。

順風満帆というわけにはいかない10年でしたね。

どちらかというと「我慢の10年」「開き直りの10年」でした。

この10年の間に5回、事務所を変えています・・それも最初の5年で・・苦笑

ショップをやってみたり、他の会社の間借りだったり、

スタッフに給料を払えず、バイト生活してもらったり・・・
 
 
 

一番の出来事は途中でウエディングから算命学へと

180度、業態を変えたことですね。

いまでは算命学の方が長くなってしまいましたけど・・・
 
 
 

この10年の間に、プライベートではまる子が誕生してくれました・・・

そのおかげで、このブログもスタートさせられたんですから・・・
 
 
 
でも、ホントによく聞かれます。

「どうして算命学をやるようになったんですか?」

やっぱり運命(どちらかと言えば"宿命"が強いかな)でしょうね。

ただ、不安定な時期があっても、

自分を見失わず、ブレずにやってこられたのは

算命学を学べたからだと思っています。

それと、妻と亡き母が、温かい心で見守ってくれたおかげでもあります。
 
 
 
この10年間で感じて得た、様々な教訓を、

後日みなさんにもご披露したいと思います。

まずは御礼まで・・・

ありがとうございます。

 
 
何の御礼もできませんが、ご協力くださいね

banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年09月08日 22:44 |

2008年09月02日

今の時代、政治に求められるもの

昨日の夜、突然の福田首相辞任のニュースは、ちょっと驚きですね。

今、そういう止め方する?って感じで・・・

「・・次に誰が総理になっても同じ・・」

と考えている人が多いと思いますが、

いやいや、総理になる人によって、国の運気の流れって変わるんですよ。
 
 
 

ただ、清水先生がよく言うのは、

「最低でも3年ぐらいは首相を務めてくれないと

その人の運気が国政に影響するまでにはならない・・・」

1年で辞められては鑑定が難しいんです。
 
 
 

さて、今の政治が子育てにどう影響するか?

今の時代に政治に求められるものは?

その答えは「女性」です。

算命学理論では、今の日本は"陰"の時代・・

"陰"の時代というのは女性の時代とも言えます。

女性が時代を動かすキーになる・・

女性が今の時代にエネルギーを発揮しやすいということです。

だから、政治も、

女性が理解し納得出来る政策をしていれば支持されるんです。

子育て支援や少子化対策はもちろん、

家計を預かる主婦の目線で経済を考える、

それが出来るかどうかなんですね。
 
 
 

人気も同じです。

小泉元首相のように、女性の人気を得られるかどうかで決まりますから・・・

今はそういう時代なんです・・・・

男性はこれまでの時代以上に頑張らなくちゃ。


日本の政治を憂いているあなたも、それほど心配していないあなたも、
クリックの応援はお願いしたい

banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年09月02日 14:11 |

2008年08月21日

君が代は・・

 
オリンピックで日本のソフトボール・チームが金メダルを獲得しました。

念願の頂点、さぞや嬉しいことでしょう。

テレビ観戦の私たちも感動です。

おめでとうございます。
 
 

それにしても、

国旗掲揚時に流される国歌「君が代」

この年齢になって改めて美しい曲だなと感じます。

金メダルの時だけに流されるあの曲、

ジンと来るものがありますね。
 
 
 
僕らの世代のころはまだ、小中学校での行事やイベントに

毎回歌ったものです・・歌わされたという方が実は正しいかも・・

何しろ詩の意味は教えてもらっていませんから・・・

みなさんは歌詞の意味知ってます?

僕は大人になってからです、知ったのは・・・

でも幼少の頃から馴染んだ歌であり、それが身についているので、

最近の国歌斉唱問題は違和感を持ちます。
 
 
 

でも他国の国歌に比べて

シンプルですが、厳かで、幻想的で、優雅で、重厚で、

僕は好きですけどね・・・・

ただこの曲の国歌としての歴史が100年ちょっとだというのが

意外です・・・

みなさん、一度、国歌「君が代」の意味や歴史を

紐解いてみてはいかがですか?
 

banner_04.gif

↑ よろしければクリックお願いします。
 
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年08月21日 23:11 |

2008年07月07日

生き霊は怖いらしいです。

 
僕の周辺の人達の「夢」を聞いていたんですけど、

いつのまにか、昔の不思議な体験談になってしまいました。

なぜ、今、そんな話を書いているかと言うと、

清水先生の師匠、高尾義政宗家が残した資料を

Sくんがまとめる作業をしているんですが、

ちようど、今、不思議な話の回を編集中で、

その中で、高尾宗家は、

"幽霊の原理"などを話していました。

死んだ人の霊より

生き霊の方が、厄介だと言うことを・・・
 
 
 
生き霊って生きている人の念が

そのまま相手に取り憑くんですが、

本人の生き霊自体が悪さをするんじやなくて、

他の浮遊霊を引き寄せるんだそうです。

それは怖い!!

特に"恨み"の心は"生き霊"になりやすいようで、

みなさん、人は恨まないようにしましょう。

そして人に恨まれないような生き方をして下さい。
 
 
 

で、最近思うのは、

20年前の様々な出来事は、この生き霊なんじゃないかと・・・

それもSくんの・・・(苦笑)

女の子を泣かせてますからねぇ・・

 
 
彼に聞くと、

「当時、あれは心霊現象だと思ってなかった・・」

そうか?

どうみても霊現象だろ・・・

でも部外者だったウチのTくんも

「酔っぱらってたんじゃないの?」とか

「メーターも壊れてたんですよ・」とか

あまり信じてないですね・・・・
 
 
 
とりあえず、あまり人を泣かせたりしてはいけないよということを

Sくんにわからせるために高尾宗家の編集をしていたのかも?

機会があったら、高尾宗家の残されたものを

みなさんにもお教えしたいですね・・・
 
 
 
でも、一応Sくんの擁護をしますが、

ホントに若い時代だけですよ、ハチャメチャなのは・・

本当はとてもマジメで、その純粋さは尊敬に値します。

僕には絶対持ち合わせていないものです。

・・・・このくらいでいい?
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年07月07日 21:49 |

2008年07月05日

ふしぎな出来事が続く部屋を出るとき

 
20年も前に僕やSくんが経験した話を書いて来ましたが、

今回は、不思議な出来事が次から次へと起こる部屋を

ついに引き上げる時がやってきた話です。

 
 

或る日、僕が営業で外へ出ていると

会社からのポケベルが「ピーッ、ピーッ、ピーッ」となり

会社に連絡をとってみると、社長が・・・

「アパートへすぐ戻って!!水もれしてるみたいだぞ!!」

急いでアパートへ戻ると、そこには市役所水道課の人が待ってました。

毎月の検針で来たら、水道メータが異常な数値を出しているそうです。

あわてて部屋に入ってみると、

どの蛇口からも水は出てないし、水もれの跡もありません。
 
 
 

水道課の人に言わせると

「普通の家庭の1年分ぐらい使ったことになっている」と・・・

「メータの故障では?」と僕

「それはあり得ない」

「地下で漏れているとか?」と僕

「そういう形跡もないんだよな」

「これってどうなります、水道料金?」と僕

「7〜8万ぐらいになるかも?」

「それは困りますよ・・使ってないんだし・・・」と僕

運良く、このとき来てくれていた人が

ウチの会社を懇意にしてくれていた人だったので、

故障ということで処理してくれることになりました。
 
 
 
その話を聞いた僕の会社の社長が

「何かまずいんじゃないか?、出た方がいいんじゃない?」

ということで、その部屋を引き払うことに・・・・

実害はありませんでしたが、今後何が起こっても不思議ではない感じで

さすがの僕も、そろそろ潮時かなと思っていた頃でした。

実は、この部屋のポストには

たぶん、前に住んでいただろう人宛の郵便物が結構届いていて

その住人は2人や3人ではなかったんです。

ということは、短期間に次々と入れ替わっているということで、

僕が当時思ったのは、

「お前達、いつまでその部屋にいるんだ!

いい加減、出て行けよ!!

と何者かが無言のアピールしていたんではないかと・・

それ以降、僕もSくんも不思議な出来事とは縁が無くなりました。
 
 
 
ところで、何故今、こんな20年前の出来事をこのブログに書いているかと言うと・・・

・・・・もう少し続く・・・・
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年07月05日 17:01 |

2008年07月04日

ふしぎな出来事が続く部屋

 
ちょっと季節的には早いですけど

Sくんと僕の20年前の不思議な話の続きをします。

結婚式の仕事は夏場以外はずっと忙しくて、

特に秋のシーズンは休日も取れないぐらいです。

僕の自宅から当時の会社までは50km

車で1時間はかかる場所にあるので、

忙しいシーズンは家に帰り着くのは真夜中過ぎになります。

それを可哀想に思ってくれた社長が

僕のためにアパートの一室を借りてくれて、

1シーズン、週末のピーク時にそこで寝泊まりして会社に出勤することになりました。

すると、そのうちSくんや同僚のYくんも泊まっていくようになり

いつしかSくんとYくんの部屋みたいになってしまいました。
 
 
 
そうして忙しい日々を送っていた或る日、

ひとり先に帰っていた僕が

トイレに行こうとしたら、中から鍵が掛かっていてドアが開きません。

SくんかYくんが帰って来て、いきなりトイレに行ったのかな?

「S? Y? 誰か帰って来た?」

ノックしても何の返事もありません。

そうこうしているとSくんとYくんが帰って来て

じゃぁ、トイレの中にいるのは誰だということになり、

家の外からトイレの小窓を外してのぞいてみると誰もいません。

でも中からキッチリ鍵が掛かっている。

とにかく何とか体をくぐらせトイレに入り施錠を開けました。

まぁ、何かの拍子に掛かっちゃったのかなと・・・

でも、その後も何度か同じようなことがあったと

Sくんが教えてくれました。
 
 
 

それから何日かたってSくんが、僕とYくんに

「誰か俺のネクタイ整理してくれました?」

僕とYくんは知らないと答えると

「朝、部屋に散らかしてあった何本ものネクタイが

帰って来たらきれいにハンガーに並べて掛けてあるんですよ・・」

彼女でも入って来たんじゃないの? と聞くと、

そんなことはありえないと・・・
 
 
 
不思議に思っていると

今度は押し入れの中から何やら物音がすることがあり、

みんなで押し入れを調べたこともありました。
 
 


そして、ある日の夜、

Sくんが仕事から帰って来ると

1階の角にあるボクたちの部屋の外に

30才ぐらいの男女が窓から10cmぐらいの至近距離にボーっと立っていたそうです。

窓は曇りガラスで中をのぞけるわけでもなく、

まだ誰も帰って来てはいないので部屋は真っ暗だし・・

「失礼な奴らだ」

そう思ったSくんは、文句でも言ってやろうと、

そっと玄関から部屋に入り、いきなり窓を開けたんだけど

そこにはもう誰もいなくて、

あわてて外へ出てみたけれど

アパートの周囲にも、外の道路にも、誰もいなかったと・・・
 
 
 
そんなこんなで、

遂にその部屋を出なければならなくなる出来事が起こりました・・

もう少し、つづく・・・

 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年07月04日 22:44 |

2008年07月02日

Sくん、危機一髪!!


当社のスタッフのS君は式場勤務当時、

その式場の隣にある一軒家の会社寮に住んでました。

あるとき、毎日のように眠そうにしているので、理由を聞いてみると

夜な夜な出かけて、毎日朝帰りだと・・・

さぞかし楽しんでいることと思いきや

出かけている場所が

千葉県某所の有名な心霊スポットの建物だと・・・

そんなに毎日、楽しいのかと聞くと

本人は行く気は無いのに、夜になるとなんとなく行きたくなるらしい。

「それは何かに呼ばれてるんだよ・・・」

と、みんなに心配されてました。

しばらくそんなことが続いていましたが、

同じ寮に住むスタッフや他のスタッフの監視のもと

どうやら落ち着いて夜も出かけなくなったのですが、

今度は

「誰かが寮に入ってくるんです。

玄関のドアが開く音がしたり、廊下を歩く音がするけど

誰も心当たりがないって・・・」

とにかく怪しいと言うか、まずいパターンです。

でも、特に何ごとも無く日々は過ぎて・・
 
 


そんなこともみんな忘れかけた或る日の朝

緊急のミーティングが・・・

Sくんが夜中に事故って瀕死の重症だと・・

何者かに引っ張れたのか?

でも、後日本人に聞いたら

単なる酔っぱらい事故だったとか・・・

車はメチャメチャだったのに

額に大きな傷を作ったぐらいで助かりました。

ただ、これもあとで聞いたんですが、

一緒に心霊スポットに出かけた友人達にもそれぞれ事が起こっていたと。
 
 
 

教訓です。

そういう場所へ、遊び半分では絶対に行かないで下さい。

清水先生もそういう行為は危険だと言います。

特に霊感体質の人、感性が強い人は影響受けやすいですから・・

ただ、この不思議な話はまだまだ続きがあって

それはエスカレートして僕の方にトバッチリが・・・

・・・さらにつづく
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年07月02日 16:54 |

2008年07月01日

スタッフSくんの若き日の伝説1

 
ウチのスタッフSくん、

僕が一度目の転職先で知り合った僕より8歳年下のヤツです。

平成元年の3月に僕が、4月に彼が新卒で入社して来たので、

8才違いの同期になりますか・・・一応

だから、かれこれ20年の付き合いになります。
 
 
 

彼はバレーボール部で鍛えた、しなやかでスマートな体に

甘いルックスで、とにかく若い子にモテてた。

結婚式で新郎新婦の先導役をしている際は

花嫁の友人達が、新郎ではなくSくんを見ていたというのは度々・・・

そんな彼はまるで、羞恥心の上地雄輔さんのよう・・多くは語りませんが・・
 
 
 

彼の印象的な出来事は、まず

「そば大食い事件」

従業員食堂でスタッフに用意されていた30人分ぐらいの麺類

何の経緯か、支配人とのやりとりで

全部ひとりで食べられるか?という賭けになり

「出来ます!!」といって食べ始めると、

とうとう全ての麺を食べ尽くしてしまった・・・

なぜか感動した支配人が身につけていた腕時計を譲り渡したと言う伝説です。

素直で単純で負けず嫌いの彼のエピソードです。

もちろん、調理のオバさんには

支配人が謝って再度、人数分作り直してもらいました。
 
 
 

あるとき、あまりに女の子にモテるので

「もし1週間で毎日違う女の子を『僕の彼女です。』と紹介出来たら◯◯万円」

と僕と賭けることになり(違法行為ですよ・・苦笑)

6人代わる代わる連れて来て、最終日・・

「すいません、今日はダメでした・・」と

敗北を認め賭けには勝てなかったけれど、

そのオバカぶりに、さすがの僕もみんなも絶句したと言う伝説もあります。

恐るべき18才・・・
 
 

そんな或る日、Sくんにとんでもない出来事が・・・・つづく
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年07月01日 22:25 |

2007年08月13日

旧盆・迎え火


毎年のことですが

我が家でもお盆の供養で祭壇を作ります。

今日は迎え火

亡くなった先祖たちが我が家に帰って来ると言われています。

ボクの父は"せっかち"でしたから

ボクらが迎えに行く前に

母や祖父母をつれて早々に来てたかも(笑)
 
 
 
こういう時期ですから

改めて皆さんに次のメニューをご覧いただきたいです。

「先祖供養で心を育てる」

それと

お子さんがいらっしゃる方には

「子どもの人間性を磨く夏休みの過ごし方」

もう一度ぜひお読みください。

今なら何か感じるものがあるかもしれませんよ

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月13日 22:14 | | コメント (0)

2007年04月28日

お休み届け


今日から連休の人もいらっしゃると思いますが

今年の黄金週間どう過ごされますか?

ウチのまる子はお母さんの実家へいきます。

おじいちゃんとおばあちゃんに会いに・・・

ぼくは29日も仕事ですが・・・

すいませんが3日間ほどこのブログもお休みさせていただきます。

29日のセミナーのことやまる子のことは5月2日以降にお話しします。

連休の方は良い休日を・・・

仕事の方は・・・・・僕と一緒に頑張りましょう!!

 
zzz.jpg


おやすみなさい ZZZ・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2007年04月28日 16:21 | | コメント (0)

2007年04月16日

なんとかする会社・・ラファエル・ジャパン?

ブログ公開したらいつか書こうと思ってたんですけど

前回、社名の由来を書いたんで、ついでです。読んで下さい。

 

僕の会社「ラファエル・ジャパン」にはモデルがあります。

というか、ある会社を理想に起業してます。
 
 
それは1975年に日本テレビで放送されたドラマ

中村雅俊さん主演の「俺たちの旅」

その劇中で主人公たちが立ち上げた会社

「なんとかする会社」なんです。
 
 

このドラマを見てない人には分からないと思いますが、

今の時代の「何でも屋」ですね。

困った人の役に立とうと

"困ってたらなんとかしますよ"というポリシーです。

ドブ掃除からイヌの散歩、庭の手入れに子守り等々

 
nantoka.jpg


今じゃ修理専門店とか、掃除専門店とかいろいろありますが

30年前はそんな細かな仕事が成り立つなんて夢物語、

そんな会社はドラマだけの話だろって誰も思ってたはず。


 
でも僕はあんな会社を作りたかった・・・

それがドラマから20年経って

独立するにあたってやはり思い浮かべたのがあの会社です。
 
 

結婚をするカップルのために、何でもなんとかしてあげようと・・

それで出来上がったのがウエディング専門店「ラファエル・ジャパン」でした。

算命学やコーチングとはまったく関係ない仕事でしたね・・

 
 

今は運命学コーチングで「なんとかする会社」を目指してます。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年04月16日 17:09 | | コメント (0)

2007年04月15日

社名の由来

 
私たちの社名はラファエル・ジャパンといいます。

良く聞かれます。

「・・ラファエル・・って何ですか?」

"ラファエル"は天使の名前なんです。

それも癒しの天使

 
 
天使にも階級と役割があって、このラファエルさんは

人間との接触を担当だそうです。

ラファエル天使は病気や怪我を癒す天使で

人間の保護者であり、若者や旅人の守護者でもあり、

精神的苦痛からも人間を解き放つ。

サンダルを履き、水筒や小箱、荷袋、杖を持った姿で描かれることが多いそうです。
 
 
 
会社を起こすとき、一人一人の心の癒しに役立ちたいとの思いから、

社名をこの癒しの天使ラファエルから命名いたしました。
 
 
 
清水先生に会社設立の相談をしたとき、社名を聞かれ

「ラファエル・ジャパンです。」

と伝えると

「その名前の意味知ってて付けたの?」

と言われました。

「はい、天使の名前です」

と答えると

「知ってるなら良いよ。知らないで付けたらまずい名前だからね」

・・・と言われました。

社名って難しいらしいんですよね・・

名前負けしないように頑張らないと・・・・・


投稿者: ラファエル 日時: 2007年04月15日 16:04 | | コメント (0)

2007年04月06日

代打です

今日はお父さんちょっと忙しいみたいなので
ブログお休みさせて下さい。まる子

 
 
maru06.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2007年04月06日 18:31 | | コメント (0)

Copyright (C) 実録、ウチの子は俺そっくり!?.