HOMERSSサイトマップ

●ABOUT運命学コーチングカテゴリー

「実録、ウチの子は俺そっくり!?」のカテゴリ「運命学コーチング」に投稿されたすべてのエントリのアーカイブのページが、新しい順番に並んでいます。
1つ前のカテゴリーは、算命学 です。

2012年04月02日

エイプリルフールはウソをついても良い!?

昨日の4月1日はエイブリルフール
私が子どものところにはありました。かなり昔から定着した習慣なっていますが、
その起源はホントに古いんですね・・・
でも昔に比べて、近年はあまり使われていないんじゃないでしょうか?
マスコミや、企業がPRを兼ねたもの等は目立ちますが。

ウチの娘が誰に教わってきたのか、
「今日はウソをついてもいい日なんだよ!!」
と言われ、思わず考えてしまいました。

「いやいや、ウソをついても良いというわけではないんだよ。」

運命学的には、ウソはやっぱりダメですからね・・・

エイブリルフールのウソは「嘘」というよりも
ジョークやネタと言った方が正しいでしょう。

不快になるウソではなく、笑える冗談・・
そういうモノなんだよというのは、なかなか5歳児には解り難いかも。
ウソとジョークの境目が・・

これは大人にも言えることで、
「ウソ」と「ジョーク」の境目や
「悪意のある嘘」と「愛のある嘘」
この違いを理解しないと、運気も落としかねませんからね。

自分では笑えても、相手は笑えないとしたら、
それはもう「マイナスの気」になっているわけです。

4.1.jpg



人気ブログランキングへ

投稿者: ラファエル 日時: 2012年04月02日 10:22 |

2011年06月16日

子どもの頃に見る夢

《今日のメッセージ》

子どもの学力は、小学校、中学校の頃までは運勢判断の基準にはなりません。

勉強ができたからといって幸せになれるとは限らない。

勉強ができなくても将来立派に自立して行く子がほとんど。

大切なのは、いかに夢を持たせるか。

(today's message携帯版より)

・・・

お菓子屋さんになりたいとか、お花屋さんになりたいとか、
保育園の先生になりたいとか、AKB48になりたいとか、
プリキュアや仮面ライダーになりたいとか・・

子どもの夢は、即仕事というわけにはなりませんが、
子どもの頃に見る夢に、
将来の「天職の鍵」が隠れていることは間違いありません。

子どもの夢を侮ってはいけない!!

でも、大人になるにつれて、
様々な事情で子どもの頃の夢は消えて行きます・・もったいない!!

人気ブログランキングへ

投稿者: ラファエル 日時: 2011年06月16日 10:45 |

2011年04月17日

PR/iPhone用アプリ、リリースのご案内

私の本業です。↓こんなこともやってます・・・


清水南穂の算命学をiPhoneでも体験出来るようになりました。
アプリケーションを2タイトル、リリースいたしましたので、
iPhone、iPod、iPadをご利用の方、ぜひご活用ください。


iPhone用アプリ「算命学占星術・総合版」をリリース。
2011年の運気メニューを集めた総合版です。¥105

sanmei_01.jpg

iTunesで詳細をご覧下さい。
http://itunes.apple.com/jp/app/id427735475?mt=8


iPhone用アプリ「ビジネスに勝つ算命学」をリリース。
ビジネスに関するメニューを集めた分析版アプリ。¥900

biz_01.jpg

iTunesで詳細をご覧下さい。
http://itunes.apple.com/jp/app/id427736716?mt=8

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2011年04月17日 18:15 |

PR/iPhone用アプリ、リリースのご案内

私の本業です。↓こんなこともやってます・・・


清水南穂の算命学をiPhoneでも体験出来るようになりました。
アプリケーションを2タイトル、リリースいたしましたので、
iPhone、iPod、iPadをご利用の方、ぜひご活用ください。


iPhone用アプリ「算命学占星術・総合版」をリリース。
2011年の運気メニューを集めた総合版です。¥105

sanmei_01.jpg

iTunesで詳細をご覧下さい。
http://itunes.apple.com/jp/app/id427735475?mt=8


iPhone用アプリ「ビジネスに勝つ算命学」をリリース。
ビジネスに関するメニューを集めた分析版アプリ。¥900

biz_01.jpg

iTunesで詳細をご覧下さい。
http://itunes.apple.com/jp/app/id427736716?mt=8

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2011年04月17日 18:15 |

2010年11月26日

学生対象のセミナーを12月から開きます

つくばの事務所は「運命学コーチング」の事務局になってまいすが、

ここで、いよいよ、定期セミナーを開催していくことになりました。

子育てやビジネスなどは、来年2月からなのですが、

学生対象のセミナーを12月から開きます。

つくば市内には、筑波大学を始め、

専門学校や高校が多数あります。

未来の若者が、将来に迷わず、

自分の才能を知ってもらい、大いに活躍できることを

支援して行きたいと思っています。

student_info.jpg


投稿者: ラファエル 日時: 2010年11月26日 21:07 |

2010年11月05日

運命学コーチングのリーフレット作りました。

leaf_unmei.jpg


「運命学コーチングって何?」

っていうところから入らなければならないので、

運命学コーチングのリーフレット作りました。

概要を記したPR用パンフです。

もちろん、Webサイトの紹介もありますが、

主には「子育て」「人間形成」のために利用してもらえるように

運命学コーチングについて説明をしています。

いよいよ本格始動です。

サイト同様、企業向けの活動も頑張って行きたいと思います。

投稿者: ラファエル 日時: 2010年11月05日 18:12 |

2010年10月10日

事務所公開!!

ラファエル・ジャパン株式会社の新事務所です。
主に、運命学コーチングサイトの管理(事務局)と
少人数のセミナー・勉強会を開催します。

まる子が遊びに来ました。

tsukuba_1010.jpg


主立った家具類は、船橋にあるIKEAで揃えました。
20点近くでわずか2万円、
いままでの事務所で一番安上がりの整備です。

投稿者: ラファエル 日時: 2010年10月10日 21:23 |

2010年07月09日

新・才能と適職

運命学コーチング(親子未来塾)で人気のコーナーは
「著名人に見る『才能と適職』」です。
今までは、週一で更新していたのですが、
今度、毎日更新する専門のコーナーを作ることにしました。

本体の「運命学コーチング」では、
そのテーマ性と言うか、
目的に合わないネタは書けませんでした。
ゴシップネタとか、(恋愛・結婚、事件・訃報ネタとかね・・・)

でも、それらを含めて、
今、話題になっている人を取り上げて行こうというのが
新・才能と適職(仮)です。

ですから、
運命学コーチング・サイトの中には組み込みません。
リンクという形では、載せるかもしれないですけど・・・

この人誰?とか、そういうのにも対応します。
来週ぐらいにスタート出来ればなと思っています。

投稿者: ラファエル 日時: 2010年07月09日 02:14 |

2010年07月05日

「運命学コーチング」スタート

本日、正午、
「運命学コーチング」はスタートいたしました。
今後も、スタッフ一同、頑張ってまいります。
よろしくお願いいたします。

「運命学コーチング」
http://www.unmeigaku-coaching.jp/


私が、算命学のホームページを立ち上げて12年、
この「運命学コーチング」の企画を練って6年、
ようやくここまできたという感じです。

いや、ここからが本当のスタートだということです。

この「ウチの子・・・」ブログも
検討した結果、更新を続けることにしました。
「運命学コーチング」の枠からは外しましたけど、
そのおかげて、限りなくプライベートなものになると思います。

今後も、運命学コーチングともども
よろしくお願いいたします。

投稿者: ラファエル 日時: 2010年07月05日 22:57 |

2010年06月21日

ずんずん歩く・・・・

最近更新出来ないでいたら、

友人から、

「・・どこまで歩いて行っちゃったのかな?って思ったよ・・」

と言われてしまいました。

一歩一歩進めていますから、

まだそんな遠くへは行ってないんですが・・・

さて、

運命学コーチング・サイト

2010年7月5日、スタート予定です。

今まで、ご支援していただいた皆様には申し訳ないんですが、

有料化いたします。

それでもと言う方、

ぜひ、お越しをお待ちしています。

「運命学コーチング」のイメージはこんな感じです・・・↓

ずんずん歩く・・・・


061702.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2010年06月21日 11:10 |

2010年05月13日

歩き続ける!!


朝、娘を保育園につれていった帰り、とある自然公園で歩いています。

大雨が降らないかぎり、平日は毎日です。

すると、日々自然の姿が移り変わって行くのが、よくわかります。

運命学コーチングでも、

人生を「マラソン」に例えたり、「山登り」に例えたりします。

ようするに、生きている間、ずっと歩き続けると言うイメージが人生なわけで・・

雨の日もあれば、晴れの日もある、

休憩するときもあれば、一気に駆け抜けるときも・・・


6月末ごろにスタートする新サイトを現在準備中です。

そこでは、「歩き続ける」ということを意識して作って行こうと思います。

どういうことかは、サイトが完成した暁には、

ぜひご自身の目でご確認ください。


05132010.jpg


この道の先はどうなっているんだろう?

投稿者: ラファエル 日時: 2010年05月13日 11:43 |

2010年04月22日

歩け!

今日、武田鉄矢さんがこんなことを言ってました。

若者に、どうやったら坂本龍馬みたいになれますか?

と聞かれて、困ったあげく、

「たくさん歩け!」

と言ったそうです。

坂本龍馬という人は、とにかく歩いた人だったようだ・・・

歩かざるを得ない時代だし、忙しい人だったですし・・

でも、歩くということは、実はすごいことで、

まんざら、武田さんの答えは、的外れではないです。

さすが金八先生。


人間、歩くということは、

健康のためにも良いですが、

自分磨きにも良いことなんですよ・・・

この時代だからこそ、

歩くことに価値がある・・・


しばらくこのコーナーを更新できませんでしたが、

6月に一度終了させていただきます。

それまで、よろしくお願いいたします。

投稿者: ラファエル 日時: 2010年04月22日 22:46 |

2010年03月17日

「運命学コーチング」の新展開

かれこれ一ヶ月近く更新出来ませんでした。

実は、今、

算命学とコーチングをガッチリと組み込んだシステムを作っておりまして、

「運命学コーチング」の新事業を立ち上げているところです。

これが出来上がると、

誰にでも気軽に運命学コーチングを

生活に取り入れていただくことが出来ます。

夏頃にサービスをスタートする予定です。

お楽しみに・・

投稿者: ラファエル 日時: 2010年03月17日 14:51 |

2010年02月19日

スポーツは「義」の世界

 
オリンピックが開幕して1週間が経ちました。

今年は、算命学的にもスポーツの年、

サッカーのワールドカップ等もあって、

スポーツの話題が1年を通して世間を賑わすでしょう。
 
 
 

スポーツは五行の世界で「義」

「義」とは、人のおこないが道徳・倫理にかなっていることを表します。

時代は違っても、服装や言葉遣い、行動もすべて、

「正しい」ことが前提です。

ルールに沿うのは当然ですが、

社会規範や、モラル、常識や慣習に倣うことも大切になってきます。

好き勝手をすることは「義」に反するということです。

そんなことも話題になった大会ですね・・・
 
・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2010年02月19日 15:35 |

2010年01月21日

コーチングって・・

 
先日、運命学コーチングの企画会議で

コーチの方々のお話を聞くことが出来ました。

運命学コーチングという看板で仕事をしている私ですが、

私のパートは「運命学」

なので、コーチングは、キッチリ理解するまでには至ってません。

コーチのパートは夏見モンドさんにお任せしているので・・

だから、逆にコーチングに対して、

素人的目線で質問が出来る、

つまり、ユーザー側の気持ちになれるということですね・・・
 
 
 

コーチングって、

ゴール(目標等)に向かって進む場合と、

何も見えないところから進ん行く場合があるんですね・・・

どういう自分になりたいかが、ある程度明確な人もいれば

いったい自分は何をしたら良いのか全くわからない・・そういう人もいます。

素人的には、どうしても答えをすぐ求めたい・・

でも、

答えは自分の中にあって、それを自分自身で発見し認識する・・

コーチングってそんな感じです。

レベルの低いコーチは、自分の考え方や感性で誘導するらしいんです。

それはダメなんですね・・・

鑑定もそうですよ・・

当てるのが目的ではなく、本人の望む答えにどう近づくか・・・

その方法や考え方をアドバイスするのが本物だと

いつも清水先生は言いますからね。
 
 
 

さて、運命学コーチングの企画会議で何が検討されているか?

2月になったらお披露目したいと思います。

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2010年01月21日 13:42 |

2010年01月13日

福山雅治と坂本龍馬

 
今週の「才能と適職」は、

NHKの大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬を演じている

福山雅治さんを取り上げてみました。

彼の才能や質は、コーナー原稿を見てもらうとして、

ここでは、福山さんと坂本龍馬さんの共通点を書いてみます。
 
 

二人とも、夢を追いかける人、芸術性に富んだ人。

プロデュース力がある人。

そして何より、カリスマ性を持っていること。
 
 
 
現代に坂本龍馬が生きていたら、

芸術家になっていたかもしれません。

あるいは何かのインストラクター?

どの時代に生きるかということは、

とても大切なのだなと、つくづく思います。

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2010年01月13日 16:59 |

2010年01月12日

清水南穂の2010年を視る


さて、

恒例になっています今年の予測を

清水先生とまとめました。

■2010年のキーワード(1/11更新)
■2010年の特徴(1/11更新)

■政治について(1/18更新)
■経済・産業について(1/18更新)

■マスコミ・芸能(1/25更新)
■流行、ファッション性(1/25更新)
■自然・社会現象について(1/25更新)

という構成・スケジュールになっています。

3週にわたって、「親子未来塾」サイトでアップいたしますので、

興味のある方は、ぜひご覧下さい。

2010年はどういう年になるのか・・・

なかなか厳しいですが、

その中でも、表舞台に出て来る人達もいるようです。

その一角を担いたいですね・・・私たちも・・・


・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2010年01月12日 14:07 |

2010年01月07日

あなたの得意技は?


NHK「爆笑問題のニッポンの教養」に漫画家の浦沢直樹さんが出ていました。

浦沢さんは「20世紀少年」や「YAWARA!」などの大ヒット作品を描いている人です。

彼がインタビューの中で

「僕の得意技は漫画だ!!

と言っていました。

自分の得意技を持っている人は強い!

それを公言出来る人は素晴らしい!!

その得意技の素になる才能を宿命に持っていると

もっともっと強い・・・・

あなたの得意技は何ですか?

今年は、みんなの得意技の発見に、

ボクたちはチカラを貸して行きたいなと思います。

ところで僕の得意技は?

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2010年01月07日 14:15 |

2009年12月15日

運命と病気の関係

 
今週末に運命学コーチングの講演会を開きます。

今回のテーマは「運命と病気の関係」

人はなぜ病気になるのか?

病気を引き起こす要素は何?

心を癒す方法は?

そんな内容でお話しする予定です。

病気も運気に大いに関係していて、

人は、生まれながらにして病気の質を持っている人もあれば、

ある時期になったら病気が発生する人もいます。

肉体的な病気もあれば、精神的な病気もあります。

病気に対する原因と対策は一人一人違いますから、

大勢の方にお話しするのは難しいですが、

少人数なら、一人一人に合った対処法もお話しできますね。

 

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

今日のまる子

今日は、保育園のおゆうぎ会の練習で公会堂へ

本番まであと1週間・・・どんな踊りを見せてくれるのやら・・・

091215.jpg


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年12月15日 17:33 |

2009年12月09日

ユニクロの柳井社長

 
年末になると様々なランキングが発表されますね。

人気商品番付とか、流行語大賞とか、◯◯MVPとか。

先日も産業能率大学による

「社長が選ぶ 今年の社長」という調査結果が発表されました。

1位はダントツでユニクロの柳井さん。

我が家でもユニクロ商品はよく買います。

一時は妻にユニクロ・ボーイと呼ばれていた・・・
 
 
 

仕事でも、セミナー等で柳井さんの才能はサンプルとして

度々使わせてもらっています。
 
 
 

ユニクロのイメージとしては、

"庶民的"

"全国展開"

"ファッション業界の革命"

"すでにブランド"

こんな感じでしょうか?

柳井さんはこういったキーワードの星をキッチリ持っている方です。
 
 
 

やっぱり時代を代表する社長さんと言えるでしょう。

運気はともかく、才能を実に上手く発揮しているのがわかります。

時代にも合っていますし・・・

詳しくは来週の「才能と適職コーナー」で解説したいと思います。


・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年12月09日 15:13 |

2009年11月26日

カリスマ性とは・・

 
先日行った講演会で、

著名人をサンプルに「才能」を解説するパートがありました。

参加者からリクエストにお応えしたのは、

カリスマ的ロック・シンガー矢沢永吉さん。

その内容は、親子未来塾サイトの今週号の「才能と適職」で紹介してありますが、

永ちゃんがもっている「禄存星」

それはまさにカリスマ性を出す星です。

算命学で言うカリスマ性とは、人を惹き付ける才能です。

個人の魅力・人気でもあります。

存在自体が人を引き寄せるわけです。

どんな分野でもこの才能はありがたいもので、

人気商売なら尚のこと、

実業家や研究者でも、

人材を引き寄せるのは、このカリスマ性です。

宿命に禄存星がある方、

大いに発揮してくださいね。

ちなみにウチのまる子の宿命にも禄存星があります。

人気者になれる要素は持っているということです。
 
 

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年11月26日 14:00 |

2009年11月25日

今は改革・改良の時代です

 
政府による「事業仕分け」が良くも悪くも注目を集めていますね。

事業仕分けといっても、事実上、廃止や撤廃を念頭に置いた

いってみれば方向転換を検討しているようなものです。

2009年という年は、

予測のキーワードに描いていますが、

「方向転換」

「継承・相続」

という2つの特徴があります。

それは、単に方向を変えるということではなく、

また単に続けるということでもありません。

よく考え、吟味して、紆余曲折があった上での結果、

方向を変えた方が良い、あるいはそのまま継承した方が良いと、

そういう判断をするということです。

もちろん、継承したからといって、改良してはいけないということでもない・・

 
 
 
これは国家レベルのことだけではなく、

私たち個々の生活にも当てはまります。

今までのことを一から考え直してみる。

その結果、変えた方がいいなと思うか、そのままの方が良いと思うか・・

そういうことです。

ただし、時代の流れとしては、

「変化」が主流になりますけど・・・

なぜなら、今は改革・改良の時代だからです。


・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年11月25日 10:43 |

2009年11月19日

講演「才能の活かし方」

22日に「運命学コーチング講演会」の第二弾を開講します。

テーマは「才能の活かし方」

才能といっても、様々な才能がありまして、

学者に向いている才能もあれば、スポーツ選手向きのものもある、

長男向きの才能もあれば、分家向きのものもある、

その才能ごとに、活かし方も違います。

「才能」というものについて、

様々な角度から、ご説明したいと思っています。
 
 
 

ちなみに、

私自身の才能の中に、

「伝達才能」というものがあります。

それは、人に何かを伝える才能でして、

講演という一つのスタイルは、私にとって才能を使うことになります。

算命学のこと、運命学コーチングのことを多くの人に伝えるには、

持ってこいの才能ではないかと・・・
 
 
 

ちなみに第三弾は

12/20「運命と病気の関係/あなたに合った心を癒す方法」です。
 
 

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年11月19日 14:23 |

2009年11月11日

天寿をまっとう・・森繁さん

 
森繁久彌さんが96才の天寿をまっとうされました。

おめでとうございますと申し上げたいと思います。

どうしても人は"死"を不幸だという風に思いがちですが、

現世で生きるということは、魂の修業であり、

死は、その辛い修業から開放されて浄化の場へ戻ることです。

だからとても幸せなことなわけです。
 
 
 

ボクたちの世代は

森繁さんの社長シリーズの映画はリアルタイムではありません。

どちらかというと、「七人の孫」などのドラマでの

達者なおじいさんというイメージでした。
 
 
 

さて、森繁さんの星を見てみると

芸能人の才能や、芸術性として発揮される「龍高星」と「調舒星」

身体能力や行動力の「車騎星」があります。

作家、俳優、ミュージカルと多才な活動は、

これらの星の影響です。

そして、庶民的な人気は

人気の源「禄存星」と庶民性を醸し出す「司禄星」の影響です。

その一方で、

奉仕の精神を強く持つ森繁さん。

ご冥福をお祈りします。


・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年11月11日 14:52 |

2009年11月06日

松井選手おめでとう!


ニューヨークヤンキースがワールドシリーズで優勝し、

大活躍した松井選手はMVPを受賞しました。

まったく凄いことですが、

実は松井選手がヤンキースに入団した2003年は

彼の天中殺の年なんです。

天中殺でスタートしたものは上手くはいかない・・・これが基本です。

でも彼の場合はちょっと事情が違います。

彼は大きな運気の波(専門的には大運天中殺といいますが)の真っただ中で、

その中の天中殺では影響は少ないものです。

とはいえ、天中殺でのスタートですから、

思ったように活動できなかったり、

ケガや病気に悩まされたりすることもあります。

松井選手の大リーグでの7年間は、まさにそうだったようです。

そして、今年、

彼の仕事とプライベートに関する、考え方か環境の変化が生まれる年です。

ヤンキースからはやはり退団するかもしれませんね。


・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年11月06日 13:58 |

2009年11月03日

笑点の円楽さん・・逝く

先日、落語家の三遊亭円楽さんがお亡くなりになりました。

その才能については、

親子未来塾サイトの「著名人に見る才能と適職」コーナーで取り上げますが、

円楽さんには、出生日と戸籍との二つの誕生日があるようです。

たまにこういう方がいらっしゃいますが、

とても鑑定が複雑になる要因ではあります。

生まれた日の宿命に、後付けの宿命が重なるので、

大人になるにつけ、運気が不安定になりやすいようです。
 
 
 

清水南穂いわく、

「こういう人はどちらか一つにして、一方を意識から外すことです。

そうすることで運気や精神が安定します・・」
 
 

出生日以外の日を戸籍に記載した場合、

それは人生に複雑に影響して行くということなので、

大人の考え方や都合で、子どもの戸籍出生日は変えない方が良いということです。

なぜ、そういうことが起るか・・・それはまた次の機会にお話しするとして・・
 
 
 

円楽さん、

ボクたちの世代では、司会者としてよりも

大喜利メンバーで活躍していた姿が思い出されます。

歌丸さんと小円遊さん、こん平さんのけなし合いに割って入り、

飄々と御題に答えていた印象があります。

たまにみんなから攻撃を受け、やり返すというギャップも楽しかったことを覚えています。

ご冥福をお祈りします。
 
・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年11月03日 23:04 |

2009年11月02日

お祝いだけではない「松竹梅」

昨日、叔父の法要で横浜へ行ってきました。

このブロクでも2年前、叔父の死にあたって

魂について書いたことがあります。

さて、今回は3回忌ということもあって、

葬儀の悲しみとはまた違った、和みのある法要です。

なかなか会えない親族と再会できる機会でもあります。
 
 
 

この法要の際、住職が説法に用いた話が「松竹梅」のこと。

松竹梅はお祝いだけでなく、法要も含めた人生すべてに通じるという話です。
 
 
 

は冬になっても枝葉を落とすこと無く、変わらぬ姿を見せている、

人が逆境にあっても、その思想を変えないということの喩えです。

は節目を付けながら真っ直ぐに伸びてしかも折れません。

どんなに忙しい毎日だったとしても、

お彼岸や命日等、節目節目の供養は必要であると・・・

これは算命学にも通じるところですね。

そしては、寒中に蕾を膨らませ、春一番に花を咲かせます。
 
厳しい寒さを経験しないと花は咲かない・・

人生、苦しみは必要であり、強く耐え忍んでこそ、

人生の花が咲く・・・

そういった意味で「松・竹・梅」の喩えは使われているようです。

なるほど、今度私のセミナーでも取り入れよう(笑)

 

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年11月02日 14:31 |

2009年10月19日

野村克也監督を視たら・・

 
この季節になると、スポーツの話題が多くなってきます。

プロ野球にJ・リーグの優勝争い、

ゴルフも藍ちゃんや僚くん人気で盛り上がっていますし、

スケートや体操等も人気スポーツです。
 
 
 

そんな中、親子未来塾サイトの「著名人による才能と適職」コーナーでは

楽天を優勝争いにまで成長させた野村監督をピックアップしています。

野村監督と言えば、

"ぼやき"

あるいは長嶋さんと王さんの華やかさと比べて

自分は"月見草"だと言ってます。

でも、算命学で視ると

ぼやきは冷静な批評であり、戦略でもあり、

人としての性質はまるで"ヒマワリ"であり"太陽"です。

月見草とは大違いですね。

来年の転職(今年で監督は勇退らしい)は運気通りです(笑)


・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年10月19日 17:46 |

2009年10月02日

運命学コーチング・講演会のお知らせ

 
今月17日に急遽、講演会を行うことになりました。

タイトルは

「運命学コーチングを使いこなすには?」

趣旨は、

運命学コーチング初心者向けではありますが、

運命学コーチングに興味があるがセミナーに参加するのはちょっと・・という人、

何かのキッカケを模索している人、

これからの人生に前向きに進んで行きたいという人、

過去にセミナーへ参加していただいた方でも初心を思い出したい人は、

気楽にご参加いただける企画です。
 
 
 

3時間の枠でお話しする内容は、

前半に

◎運命学コーチングで何が出来る?

◎運命学コーチングとティーチとコンサルティングの違い

◎運命学コーチングと占いと宗教の違い

◎運命と宿命の違い

◎才能って何?

◎「気」について・・

◎運命学コーチングを使いこなすには?

◎自分を変えたい人へ

◎他

後半は

◎Q&Aで運命学コーチングを理解してもらう

これは、参加者からの質問にお答えしながら

運命学コーチングの面白さや凄さを知っていただこうというコーナー。

参加者の質問に答える形式で、メッセージを送ります。
 
 
 

また、11月、12月、1月と4回連続で、講演会を行う予定です。
 
 
 ・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

これより告知。。


●日時
2009年10月17日(土) 13時30分〜16時30分
受付開始 13時15分

●開催場所
〒120-8575 足立区綾瀬1−34−7−102 綾瀬プルミエ内
千代田線「綾瀬駅」西口 徒歩約3分
アクセス⇒ http://www.city.adachi.tokyo.jp/031/d03200005.html

●参加費
お一人/1000円 
お二人以上のグループ参加の場合 お一人/800円 

●定員30名
定員になり次第、締切をいたします。

●お申し込み方法
下記専用お申し込みフォームよりお願い致します。
 
お申し込みページへリンク
 
 
 

ご興味があるかたは、

上記の申し込みフォームから・・

また、詳細についての問合せは、下記のメールアドレスで

私にご一報ください。

ラファエル・ジャパンのメール・アドレス

 


・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 


※あなたはどんな星を持ってますか?
興味がある人は→「当社フリーソフト」で調べてみてください。

※星の簡単な意味合いは「星の見方解説」のページを参照してみてください。


・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年10月02日 21:34 |

2009年09月23日

あれはノイローゼ?


ノイローゼなんていうのも、気の片寄りで起りやすくなります。

僕が学生の頃、

有楽町に西武と阪急が一つのビルを造りました。

有楽町マリオンです。

そこのとある店のオープニングスタッフ(バイトです)になったときのこと。

オープンのあまりの込み具合に大変な思いをしたことがあります。


カフェ・バー・レストランみたいな当時はあまりないスタイルの店だったのですが、

ほとんどの社員とバイトがサービス業の初心者で、

当日客の多さでパニックになり、誰も動けなくなってしまったんです。

結局、僕とヘルプで来ていた社員の二人だけで運営しているみたいになって、

自分でお客を誘導して、オーダー取って、

自分でオーダー品を作って、自分で運んで、自分でレジを打つという・・・

ありえない状況に・・・
 
 
 

それが一週間続いたら、

夜眠っていても、サービスしている夢を見て、

頭の中がグルグル、1日で2回仕事している感じ・・・

ほとんど眠れませんでした・・・

今思えば、あれはノイローゼに近い状態だっただろうと思います。
 
 
 

あの頃を算命学で調べてみると、

やっぱり天中殺でした。

天中殺のときって、どんなに頑張っても、

「のれんに腕押し」「ヌカに釘」「豆腐にかすがい」・・・

逆に精神的疲労が溜るんです。

限界以上に疲れるとノイローゼにもなるってもので・・・

だから天中殺のときは無理は禁物なんですよ。
 
 
 

天中殺以外でも、

運気の変わり目とか、気のバランスが崩れた時、

体を動かさなくて、気が停滞しているとき、

逆に動き過ぎてエネルギーを使い過ぎた時・・・

こういう状態になると、精神的に負担が倍増するんです。

ノイローゼや、ウツ、引きこもり・・等々

場合によってはそういう症状が出てきます。

※あなたはどんな星を持ってますか?天中殺は?
興味がある人は→「当社フリーソフト」で調べてみてください。

※星の簡単な意味合いは「星の見方解説」のページを参照してみてください。


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年09月23日 09:43 |

2009年09月17日

まる子の登校拒否はどうなったか?

 
何回か続けて書いてきましたけど、

登校拒否とか出社拒否などは、

直接の原因やキッカケはあるにせよ、

天中殺や運気の片寄り、

あるいはエネルギーの使い方の問題であることが多々あります。

自分の持っている質を使い切れないと、ストレスになるものです。

 
 

病院で原因不明だといわれて、清水先生のところへ尋ねてくる人も少なくありません。

大抵の場合は、算命学で判断できるものです。

その原因がハッキリすると、

気が楽になって、症状が薄れたという人もいます。

もちろん、原因が分かっただけでは、ダメで、

その要因を取り外す処置や努力をするしかないんですけど・・
 
 
 

さて、ウチのまる子、

今週になってようやく落ち着いてきました。

朝になっても「保育園には行かない・・」とは言わなくなりました。

若干態度には出てきますけど・・・
 
 
 

その間、私たち親が何をしたかと言うと、

とにかく運動させる・・・

毎日保育園帰りに公園などに行って、おもいきり走ったり遊んだり、

エネルギーの高いまる子の「気エネルギー」を発散させました。

家に戻っても、なるべく本人がやりたいと言うことを一緒にする。

それと、保育園には予定よりちょっとだけ早く迎えに行ったり・・・

そんなことが、少しは功を奏したのではと思います。


※あなたはどんな星を持ってますか?
興味がある人は→「当社フリーソフト」で調べてみてください。

※星の簡単な意味合いは「星の見方解説」のページを参照してみてください。


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年09月17日 14:06 |

2009年09月15日

僕の登校拒否


僕が小学5年の時、

登校拒否とまではいきませんでしたが、

学校に行きたくない時期がありました。

夜、風呂に入ると動悸がして、胸が苦しくなった時期があって、

学校へ行っても、毎日なんとなく体がダルい・・・

ある日、保健室に連れて行かれて、

熱を測るんだけど、平熱で、

ホントに調子が悪いのに信じてもらえそうもないから、

体温計を擦って温度を上げたことがあります。

微熱がある・・・って、結局病院に行くことになりました。
 
 
 

心電図と脳波をとって・・・

でも、特に異常がなくて・・

あの時の動悸、息苦しさは何だったのか?
 
 
 

今ならその理由がよくわかります・・・

まず、その時、天中殺でした。

子どもの頃の天中殺はあまり影響無いと言われていますが、

それも個人差があります。

次に、ストレス・・・

1つは、成績の問題です。

結構厳しい先生で、当時クラス長で成績上位にいた私に

特に風当たりが強かったのを覚えています。

2つ目は水泳・・

5年生にもなって泳げなかったんですよ・・・

プールの時間が辛らかったのを覚えています。

「級長のくせに泳げないのか!」みたいな・・・
 
 
 

僕には、のんびりやっていこうとする鳳閣星や

マイペースな貫索星ががあって、

それに合った日々ではなかったのでしょうし、

またプライドの高い牽牛星が傷ついたのでしょう。
 
 
 

そしてもう一つ、

この時代、目上の人との衝突が多い時代でした。親や先生と・・

それが原因となって、精神的負担になり、不安定になる。

それが当時の私です。

 
 
 

通常、学生時代の不登校などという場合は、

大抵は、気の片寄り、あるいはエネルギーの不放出が原因であることが多いです。

・・・つづく

※あなたはどんな星を持ってますか?
興味がある人は→「当社フリーソフト」で調べてみてください。

※星の簡単な意味合いは「星の見方解説」のページを参照してみてください。


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年09月15日 22:39 |

2009年09月11日

まる子の登園拒否

 
ウチのまる子が、先週から、保育園にたいして登園拒否していまして、

毎朝、「行かない!」と泣くんですよ・・・

理由は・・「楽しくないから・・・」

こう聞くと、友達にいじめられているのか?とか、

先生にいじめられているのか?と

普通なら思いますよね・・

特に行かないと騒ぎ出した前日に、

先生に叱られて大泣きしたということがあったようで・・・

3才という年齢も関係していますが、なかなか明解な回答と言うか、

説明ができないので、困っていたんです。

でも所々にキーワードが出て来ていたので、

算命学も使って解析してみました。

 
 
娘が言うには、

「保育園にはお父さんとお母さんがいないから・・」とか、

「おやつは好きだけど、お昼ご飯と昼寝は好きじゃない・・・」とか・・
 
 
9.11.jpg

 

私が考えるに、

1、父母との時間が短くて寂しい・・・
(禄存星という愛情の星がもたらす甘え)

2、保育園だけでは遊び足りない、エネルギーを持て余している
(娘はエネルギーが251と高いし、車騎星という行動力のある星を持っているし、
現在、気が片寄っている状態にある)

3、制限を嫌う時期なので、自分の意思に反して行動を余儀なくされる
  ・・食べたくないのに食べろと言われたり、眠りたくないのに寝ろと言われたり
  ・・逆に家だと、自分の自由に遊べるし、気が楽だし・・
(天の邪鬼的な調舒星という星と、のんびり過ごしたい鳳閣星の星の運気がある)

4、迎えの時間がだんだん遅くなるなど、不安を感じている・・考え過ぎている
(感受性の強い調舒星と考え過ぎる玉堂星を持つ)

5、保育園に行きたくないのではなく、家にずっといたいと思っている
(家庭を一番に据える司禄星とわがままな禄存星がある)


こんな感じで、分析しています・・・

自分も振り返ってみると、学校や仕事が行きたくないということは、時々ありました。

外的な理由があったとしても、それはキッカケに過ぎず、

実は内的理由が大きく影響していたんだと、今なら解ります。

大人の精神的な病気なども、気のバランスによるものが大きいんです。

たとえば・・・・

・・・つづく


※あなたはどんな星を持ってますか?
興味がある人は→「当社フリーソフト」で調べてみてください。

※星の簡単な意味合いは「星の見方解説」のページを参照してみてください。


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年09月11日 14:03 |

2009年09月09日

守りの才能/貫索星

 
同じ守りの星でも、政治の星・石門星とは違って

貫索星という星は、とても頑固にマイペースに、

自分の世界と身近なところを守ろうとします。

どちらかと言えば、コツコツ型ですね。

だから、研究者の人に多くあります。

ノーベル賞を取った南部さん、益川さんなんかにもあります。

職人気質に近い者がありますね、

こだわって一つのことに集中する・・・
 
 
 

でも、賞を取ったりするような人達は、

ホントは一人で研究しているわけではなく、

多くの人と共同で研究したりしていますから、

実は石門星がある人も多い・・・

そういう人がリーダーシップをとって研究チームを作ったりするんです。
 
 
 

違った見方をすると、

石門星を持った人はチーム・スポーツが良くて、

貫索星を持った人は個人競技に向いている・・・・

そんな感じです。
 
 
 

だから、単純に言えば、

石門星を持った人は、それなりの集団を持って仕事をした方が合っているし、

貫索星を持った人は、独立独歩でコンパクトに仕事をする方が合っている。

もちろん、他の星との絡みで、実際はもっと複雑なんですけど・・
 
 
 

でも、言えることは貫索星も石門星も、

長い時間をかけて、辛抱強くコツコツと邁進して行くのが特色の星なので、

この星を持っている人は、

"忍耐"が成功のキーポイントです。

 

※あなたは貫索星・石門星持ってますか?
興味がある人は→「当社フリーソフト」で調べてみてください。

※星の簡単な意味合いは「星の見方解説」のページを参照してみてください。


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年09月09日 14:47 |

2009年09月04日

守りの才能/石門星 2

 
石門星はコミュニケーション、あるいはネットワーク、

そういったものにチカラを発揮するもので、

例えば、

コミュニケーション、あるいはネットワークに、

もはや欠かせないインターネットの世界で起業した

楽天の三木谷社長や、

通販で全国展開しネットワークを形成したジャパネット・たかたの高田社長、

あるいは衣料品のチェーン展開に革命を起こしたユニクロの柳井社長なども

石門星を活かした人達です。
 
 
 

会社を維持するために、個人の能力以上に、

ミュニケーションやネットワークを会社の発展に活かすという感じでしょうか?

そもそも会社を大きくしたい、一部上場したいという人には

石門星を持っている人が少なくありません。
 
 
 

実業家に限られたことではなく、

この星を持っている人は、社交性やコミュニティに能力を発揮できる人です。

コーチングやセミナーで、多くの幅広いユーザーと接している夏見モンドさんは

まさに石門星の才能を発揮している人です。


もしあなたに石門星があるなら、

このコミュニケーション能力を活かさない手はありませんよ。

・・つづく
 
 

※あなたは石門星持ってますか?
興味がある人は→「当社フリーソフト」で調べてみてください。

※星の簡単な意味合いは「星の見方解説」のページを参照してみてください。
 
 
banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年09月04日 14:26 |

2009年09月02日

守りの才能/石門星 1

 
衆議院選挙は民主党の圧勝で終わりました。

その民主党代表・鳩山由紀夫さんには「石門星」はありません。

「石門星」というのは政治力を発揮し調整能力を働かせる星なんで、

政治家にはあると嬉しい星なんですが・・

大敗した自民党の麻生総理にも、やっぱりありません。

その前の福田元総理にもありません・・・

なんとなく分かるような気がします。
 
 
 

でも、安倍元総理や小泉元総理には、あるんですよ・・
(小泉さんは表面に出てきませんが、実際はあります)

あるいは、民主党の代表代行の小沢さんや菅さんにはあります。

森元総理や、亡くなった橋本元総理などももっています。

なるほど、調整力を売りものにしていた方々はやっぱり持っているんですねぇ・・・

その調整力や政治力で、党や内閣をまとめて行った・・・


もちろん、「石門星」が無いから、政治家に向かないとか、

無いから調整力が無いという話ではありません。

あると才能として、発揮しやすいということなんです。

・・つづく

※あなたは石門星持ってますか?
興味がある人は→「当社フリーソフト」で調べてみてください。

※星の簡単な意味合いは「星の見方解説」のページを参照してみてください。

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

週末のまる子

横浜に行ってきた私たち、

横浜みなとみらいにあるボーネルンドという

インドアプレイグラウンドへ行ってきました。

エアマットの上を走りまくったり、ボールで一杯の空間で遊んだり、

親戚のお姉さんが一緒に行ってくれて、

とても楽しそうでした。

090902.jpg

おとうさん、おかあさんは必要無いそうです(笑)

私たちの生活圏のショッピングモールにも小型のスペースはあるんですが、

ボーネルンドのような広さはありませんねぇ。

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年09月02日 16:03 |

2009年08月31日

政治には守りの才能が必要

 
8月も最終日、

ここに来て大きな話題が・・

30日の国政選挙において、衆議院が与野党逆転。

大方の予想ではあったと思いますが、

それにしても大きく変化しましたね。

ただ、清水先生が数年前から言っているように、

政治の世界も今が変革の時期で、

揺れ動くのは仕方が無いこと。

前回の選挙で自民党が圧勝したその振り幅で、

今回は民主党が圧勝したわけです。

これが安定するまでには、まだまだ時間がかかります。

政治の世界ではまだ波乱が起きるということです。
 
 
 

さて、その政治の世界。

これも仕事の一つに違いはありません。

ではどういう人達が政治に向いているのか?

政治家ってどういう人がなれるのか?
 
 
 

政治とは、そもそも国を統治し、国や国民を守るという概念に基づきます。

だから、「守りの才能」が強い人の方が向いているわけです。

でも、それは政治家だけでなく、

会社を運営する人、

何かの組織をまとめる人、

集団や人々の中心になって活動する人には、

この「守りの才能」は必要なんですよ。

当然、「守りの才能」は個々で強い弱いの差があります。

また、コツコツと自力で守る"能力"もあれば、

みんなでチカラを合わせて守ろうとする"能力"もあります。
 
 
 

例えば、独立して仕事を始めた私と夏見モンドさん、

この二人の違いは、

小さくてもいいからコツコツと自力で会社を守ろうとする私と、

みんなでチカラを合わせて大きな組織にしようとする夏見モンドさん。

それは貫索星と石門星という2つの星の違いなんです。

・・・つづく

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

週末のまる子

この土日は、横浜に行ってきました。

本牧に私の叔母が住んでいるので・・・

猛暑の土曜日と、小雨降る日曜日、

とにかく出歩き回りました。

初日は横浜アンパンマンこどもミュージアムへ

念願のアンパンマンパンを購入・・・

ほんとにたくさんのキャラクターのパンがありました。

anpanman.jpg anpanman_2.jpg

banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年08月31日 14:04 |

2009年08月26日

牽牛星の人 その2

今週更新した「著名人にみる『才能と適職』」では

夏見モンドさんのリクエストにお応えして、

タレントのイモトアヤコさんを取り上げています。

イモトさんをご存知かどうか?

イモトアヤコさんはまだまだ知名度は高くありませんが、

テレビのバラエティ番組で珍獣ハンターとして

コモドドラゴンやチーターと体を張った競争をしたり、

今年の日本テレビ24時間テレビのチャリティー・マラソンランナーに選ばれて

注目を浴びている23才の女性です。

彼女もまた、牽牛星の持ち主です。
 
 
 

牽牛星を持つ人は、多かれ少なかれ、プライドを持って生きて行きます。

それが良い意味で自尊心として発揮されればいいんですが、

悪くすると、変な安っぽいプライドになって相手を攻撃します。

また見栄も張ります。

見栄を張るから、出来ないことでも出来ると言ってしまいます。

 
 
でも、精進すれば目的のためにマジメに取り組み、

スジを通そうとする、役目を全うしようとします。

言ってみれば責任感ですね・・・

見栄と責任感は紙一重???
 
 

だから、自分で納得して挑戦することは、

最後までやり通す・・

それに牽牛星は攻撃本能の一つですから、

売られたケンカは買いますよ(笑)

それを地で行ってるのが、イモトさんではないでしょうか?

 
 
どんな星もプラスの面とマイナスの面があります。

その人がいかにプラスの面を伸ばし、マイナスの面を直して行くか、

それによって才能の発揮に差が出てくるんです。

牽牛星を掘り下げていたら、

他の星もというリクエストがありましたので、

今後は順番に他の星のこともお話しして行きたいと思います。

・・・つづく


banner_04.gif

※あなたは牽牛星持ってますか?
興味がある人は→「当社フリーソフト」で調べてみてください。

※星の簡単な意味合いは「星の見方解説」のページを参照してみてください。
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年08月26日 13:45 |

2009年08月25日

牽牛星の人 その1

 
私の事務所兼自宅を作ってくれた某ハウスメーカー

その担当をしてくれた営業の方が久しぶりに尋ねて来てくれました。

久しぶりと言っても半年ぐらいなんですけど、

家が完成してから3年半、

その間、定期的に足を運んでくれます。

このブログも見てくれているようです。
 
 

ここからはちょっと長くなりますけど・・・
 
 

今から約5年前、

様々なハウスメーカーのモデルハウスを見て回っていた頃、

この営業マン"Tさん"に会いました。

他のメーカーの営業の方はチョクチョク尋ねて来ては

売り込みをして行くのですが、

このTさんだけは、尋ねてきませんでした。

電話はありましたけど・・

その電話も熱の入ったセールス・トークでは無く、

比較的クールで淡々としたものでした。
 
 
 
 

僕も営業時代があるので、わかるんですが、

お客によっては熱心で一所懸命さが伝わる営業を好む人もあれば、

ちょっと間を取って、付かず離れずの営業を好む人もあります。

僕も営業としてはTさんと同じ、

どちらかと言えばクールで客観的に接していた方でした。

お客によって態度を変えると言う器用さはありませんでしたから、

僕のようなクールな営業を好まないお客様には受けなかったと思います。

このTさんに、自分と同じ香り・・というか、同じ波長を感じたものです。
 
 
 

私は建築をお願いするメーカーを決める際に、

結局は3社に絞って、デザインや機能などを重視して検討しました。

そこには営業マンの優劣は入れないでおこうと考えていましたが、

結果的に、デザインや機能だけでなく、

営業マンとしての誠実さや設計ノウハウ、アレンジ能力、

何より仕事に対する情熱とプライド、

どれも他のメーカーの人よりTさんは勝っていました。

で、結果的に一番高かったメーカーだったんですけどTさんの会社にお願いしたんです。
 
 
 

さて、経緯はともかく、本題ですが、

この"Tさん"こそ、中心が牽牛星の人だったんです。

なるほどなと思いました。

牽牛星の人というのは、とても向上心があり、プライドも持ちます。

マジメでウソがつけない、

そして自分でハードルを上げてしまう傾向もあります。

だからこそ、仕事に自信がある場合は、

良いものを提供しようと頑張れるという特徴があります。

逆に売りものに自信が無い場合は結果も出ないタイプです。

自分が納得したものでないと本気になれない・・そんな感じです。
 
 
 

実は、私も中心が牽牛星なんです。

だから"Tさん"の営業スタイルを違和感も無く受け入れたのでしょう。

私より年下だった"Tさん"ですが、とても大人の人でした。

彼がこのブログに目を通しているから良いことを書いているわけではありません。

彼が牽牛星という星の本質を上手に身につけている、発揮しているということを

言いたいだけなんです。
 
 
 

実際は、僕もそうなんですが、営業としては損をするタイプでもあります。

牽牛星の人はどちらかというと官僚タイプで上から目線だったり、

冷たい雰囲気や気取った雰囲気に見られがちです。

そういう質が牽牛星にはあるからですが・・・

どんな星もプラスの面とマイナスの面があります。

その人がいかにプラスの面を伸ばし、マイナスの面を直して行くか、

それによって才能の発揮に差が出てくるんです。

・・・つづく
 

banner_04.gif
 

※あなたは牽牛星持ってますか?
興味がある人は→「当社フリーソフト」で調べてみてください。

投稿者: ラファエル 日時: 2009年08月25日 13:13 |

2009年08月24日

今週は"牽牛星"に縁があるようで・・

 
週末、夏見モンドさんのセミナーに参加してきました。

いつもの運命学コーチング・セミナーとは違って

コーチング・パートのセミナーなんで、

基本的に僕の担当は無いんです。

ちょっと足を運んだだけなんですが、

せっかくなんでと、夏見さんに頼まれて、

少々お話をさせてもらってきました。

これから"コト"を起こそうと言う方々が集まっておられたので、

今の時代、これからの時代についての解説を・・
 
 
 

さて、私たちのセミナーの参加者にはいつも、不思議な特徴があります。

例えば、集まった方々が同じ天中殺だった・・とか、

共通の宿命を持った人達ばかりだった・・とか、

同じような運気(状態)の人ばかりだった・・とか、

何かしら共通点があるんです。
 
 
 

今回のセミナーでは行動力・攻撃性の星、

「車騎星」・「牽牛星」の強い人達ばかりでした。

この星のある人は、とても積極的で行動力があります。

参加者の中には京都から日帰りで受講されている方もいるぐらいです。

でもその反面、結果を性急し過ぎる。

それが長所でもあり短所でもあります。

こういう星を持っている人は

真っすぐ全力で行動するのは良いけれど、

あまり結果を意識しないこと、

だけど行動自体はスピーディに・・・

そんなことをアドバイスしてきました。
 
 
 

実は、僕にとって今週は、この「行動力の星」

特に"牽牛星"に縁があるというか、

キーワードになっているようです。

・・つづく

banner_04.gif
 
※あなたは牽牛星持ってますか?
興味がある人は→「当社フリーソフト」で調べてみてください。

投稿者: ラファエル 日時: 2009年08月24日 22:41 |

2009年08月13日

先祖に感謝を・・


今年もお盆の季節になりました。

こんな時期だからこそ、目を通してもらいたいものがあります。

「先祖供養で心を育てる」

いつも読んでいただいていますが、

今回もぜひご覧下さい。

田舎に帰省される方は、

ご親戚の皆さんと、昔話でもして、先祖に感謝してください。

banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年08月13日 22:27 |

2009年08月10日

成功するために必要なこと

成功するために必要なこと・・・

「時代と社会を知ること」

「自分を知ること」

わかるようで、わからない・・・

それを伝えられるのは

運命学コーチングだけです・・・

それを更に一歩進めるために

現在、企画・準備中です。
 
 
 

さて、8/22に夏見モンドさんのセミナーがあります。

今回は算命学抜きのパートですが、

ちょっとおじゃましようかなと思ってます。

投稿者: ラファエル 日時: 2009年08月10日 23:36 |

2009年07月27日

100社に100通りの経営

 
TV東京の「カンブリア宮殿」というビジネス系番組をよく観るんですが、

そこに、トレハロースの生産で有名な

林原グループの林原健社長が出演して、次のようなことを言ってました。

「100の会社があれば、100通りの経営があっていい・・」

まさにその通りだと思います。

人はそれぞれ、運気も違うし才能も違う・・

そんな人が、それぞれの理念と経営方法で

会社を作って行くわけですから、

同じ結果が出るわけが無い。

もちろん、経営的に若干の法則と言うものもありますが、

成功した人は、その人流で成功したわけであって、

成功した人の真似だけしていては、ダメなんです。

才能を活かす方法も、人それぞれ違うということです。
 


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年07月27日 23:27 |

2009年07月23日

まる子の一足早い夏休み/TDL編3


誕生日記念で東京ディズニーランドへ行って来た、まる子。

あれから10日以上が経ちました。

ディズニーランドといえば、その接客はかなり教育されていると聞きます。

が、しかし、

現実では、事務的な対処しか出来ないスタッフ、

笑顔の作れないスタッフがかなりいることも事実です。

「質が落ちたんじゃない?」

それが僕ら夫婦の印象です。

「それともそういう人ばかりに当たった?」

当たり外れってこと?

もちろん、とっても明るく素敵に接客をするスタッフはたくさんいます。

質の高いスタッフと低いスタッフの差があるんですよね。

 
090723.jpg
(笑顔で記念撮影に応えてくれたディズニーリゾートラインのお姉さん)
 
 
 

某ハンバーガー・チェーン店の「スマイル0円」

あれも、徹底されてませんね。

なんだこいつ?っていうスタッフがいます。

特にアルバイト・・

アルバイトと言えども、スタッフにはかわりないのですから、

徹底した方が良いと思うんですけどね。

「スマイル0円」とまでアピールしているんですから・・・
 
 
 

笑顔の有る無しでサービスの質がある程度決められてしまうのは、

どの業界にも言える事なのではないでしようか?

ボクたちの「鑑定」業務も実は同じで、

難しい顔して「地獄に堕ちるぞ」なんていう鑑定士は最悪です。

笑顔で鑑定、これは清水先生の持論です。
 
 

banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年07月23日 17:28 |

2009年07月17日

まる子の一足早い夏休み/TDL編2


誕生日記念で東京ディズニーランドへ行って来た、まる子。

オープンして25年、

まだ20代だった私も、当時は相当通いました。

仕事終わりにサンダルで行った・・なんてこともあったっけ。

当時と比べるとアトラクションの数も増えましたが、

何と言っても来場者数の多さ、

80年代当時、平日は結構空いていましたからね。

castle090717.jpg
(天気には恵まれました)

そして現在、リピーターの数が全体の7〜8割だそうです。

80〜90年代に遊んでいた若者達が、今、

子どもといっしょに来ているということでしょう。

だから、子ども連れの客や、ベビーカーを押した客がかなり多い。

当然、子ども達が乗れるアトラクションは混み合います。

だとするなら、もう少し子ども達を喜ばす、というより、

小さな子どもを連れた客に対してのサービスの向上をしてもらいたいなと思いますね。
 
 
 

例えば、料金。

並べは何でも乗れる人たちと、

楽しめるモノの制限がある3才くらいの子どもを連れた客で、

料金が同じというのも、どうかな?

夢を買うにはちょっと高額過ぎる?(駐車場や食事、お土産品等の総額として)

もちろん、それだれの価値はあると思ってはいますが、

経済的な点は重要ですよね。
 
 
 

例えば、昼寝。

今時期の暑い季節や、冬場の寒い季節、雨や風の日、

そんな天候に関係なく、小さな子どもは疲れて眠ります。

そんな時、どうするか?

意外と対処方法が少ないんですよね。

昼寝の場所を作れとは言いませんが、そういう状況も想定した施設作りがあれば、

ますます発展するんじゃないでしょうか?

決してクレームではないんだけれど、

ディズニーランドだから、ハードルが高くなって行くということですね。
 
 
dazy090717.jpg
(恐る恐るデイジーのお尻にタッチする、まる子)
 

ディズニーランドに限らず、

商業施設では、今後、そういう細かな気配りのできるところが、

人気になるのではないかと思います。


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年07月17日 11:43 |

2009年07月16日

まる子の一足早い夏休み/TDL編1

先日、まる子が3才を迎えました。

なんだかアッと言う間、いや長かったかな?

お祝いでということで、前から計画していたディズニーランドへ行ってまいりました。

それも、オフィシャル・ホテルのヒルトンHへ一泊で。

もっともパスポートチケットと宿泊込みで12000円っていう庶民的なパッケージでね。

初日は、夕方6時から園に入り、翌日は朝8時から入るという強行スケジュールでした。

娘はまだ3才なので、乗れるアトラクションは少なく、

ほとんどキャラクター探索になっています。
 
 
 

ディズニーランドでは、いつ頃始ったものなのか、

誕生日だと告げるとシールがもらえて、それを胸につけていると、

園内様々なところでキャスト(スタッフ)から

「おめでとう!!」と言ってもらえます。

その度に照れながら「ありがとう」と応えるまる子。

birthday_090716.jpg

(キャストのお姉さんが誕生日シールに、まる子の名前と年齢を書き込んでいるところ)

みんなに祝ってもらえているという感覚は3才の子どもでも嬉しいようですね。

ほとんど梅雨明け状態の天気でしたが、お客さんは思ったより少なかった・・

夏休み前なのが影響しているんでしょうね。

それでも、くたびれた。
 
 
 

ちょっと日記ネタとして、

今回の小旅行を題材に何回かに分けて書き進めて行きたいと思います。
 


・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 


なんといっても、東京ディズニーランド、

様々な書籍も出るくらいサービスのレベルが高い・・・

前述のバースディ・シールもその一つ。

気軽にスタッフが話しかけて来て「おめでとう」と言ってくれます。

ただし、それ以外の割引等のサービスはありません。

あくまでも祝福してくれるというだけ・・
 
 


アトラクションのインフォメーション担当のスタッフはもちろん、

掃除をしているスタッフから、ゲートで対応しているスタッフまで・・

いやいや、会場を離れても

ディズニー・リゾートを一周しているモノレールのスタッフ、

宿泊先のホテルのスタッフやホテル内の店舗のスタッフまで・・

もはや、そういうルールだと言うよりも、

誕生日の子どもを心から祝福しているという感じです。
 
 
 

当然ながら、シールに気がつくかどうか?

気がついたとしても対応するかどうか?

その対応も個人差があると思います。

その人の人間性が出るんじゃないでしょうかね、やっぱり。

キャラクター達もシールに気がつくと、無言で(しゃべれないから当然だが)

拍手してくれて、頭をなでてくれたり、抱きしめてくれたり・・・

dazy_2_090716.jpg poo_2_090716.jpg pygret_090716.jpg


 

さて、このサービス、自己申告ですし、証明する事もありません。

まぁ、言ったもん勝ちみたいなものですから、

実際に誕生日ではなくてもシールをもらうことは可能でしょう。

誕生日が本当かどうかはスタッフには関係ないんですよね。

最初から本当だと思って対応しますから。

問題は申告する入場者側の問題です。

誕生日でもないのに「誕生日おめでとう!!」って言われるのは空しいと思いますよね。


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年07月16日 11:22 |

2009年07月03日

企業の1週間は学校では1年??

 
2003年に東京都初の

民間人校長として杉並区立和田中学校の校長を務めた

藤原和博さんをご存知ですか?

リクルート出身で

教育現場に民間企業の視点でプログラムを作った人です。

有名なのは、民間の人に講義をお願いして

子ども達に世の中の仕組みを学習させた「よのなか科」

あるいは学習塾と連携した有料の課外授業「夜スペ」

いずれも賛否両論、話題を集めました。

藤原さんがインタビュー番組で、

「学校と企業の一番の違いは何でしたか?」

といった質問に際し、

「時間の感覚が全く違う・・・」と・・

企業での意思決定が1週間だとしたら、

学校では1年かかる・・・

そんな風なニュアンスでした。

それぐらい教育現場はスピードが遅い・・そうです。
 
 
 

また、応用力も無く閉鎖的とも・・・

それはよくわります、僕もそう感じます。

僕の友人の先生も、

どうしようもない体質・・・と言ってます。
 
 
 

そんな教育現場に僕は算命学理論を使って、

心の教育をしたいんです。

今、その準備をコツコツ行っています。

夏見モンドさんと一緒に「運命学コーチング」として。

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年07月03日 22:06 |

2009年07月02日

政治家の素質

 
このところ、テレビでは政局の話題が多くなってきましたね。

遅かれ早かれ、あと2ヶ月程度で国政選挙になりますから、

しかたのないところでしょう。

ところで、政治家に必要な才能は何なのか?

清水先生が教えてくれたことがあります。
 
 
 

「政治は組織をまとめあげると言うことなので、

組織学としての才能が必要になる。

それに名誉名声の星があれば有利。

それにもまして大切なのは気のバランスの軸がしっかりしていること、

政治家としての本当の意味の信念が通っているかと言うことだ。
 
 
 

ただ、政治家といえども普通の人間には変わりはなく、

それは会社の社長やサラリーマン、商売人、公務員等々と何ら変わりはない。

事業家が会社を興して成功するのと同じで、

政治家の成功もその仕事の中で運をつかんだにすぎない。

だから、政治家の中には才能はなくても運やタイミングで成ってしまった人も大勢いる。

政治家としての理想や倫理、信念に欠けた人たちが存在するわけだ。
 
 
 

実は政治とは「清く正しく美しく・・」だけでは成り立たない。

善と悪との均衡で成り立ち、使い分けなければ上手くいかない世界だから。

だからといって私欲を求めてはいけないし、

ましてや犯罪行為を犯すというのは政治家としては恥ずべき事・・。」

banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年07月02日 23:08 |

2009年06月26日

マイケル・ジャクソンさん逝く


世界のスーパースターとして君臨してきた

マイケル・ジャクソンさんが亡くなった。

まだ50才という若さで・・・

今日は全世界、この話題でいっぱいでしょう・・・

僕らは完全にマイケル世代、

「スリラー」を擦切れるくらい聞いた若者でした。

そのダンス・パフォーマンスやPVの映像には常に驚かされました。
 
 
 

特にスリラーのダンスは完全にコピーし、

結婚式場勤務時代に余興で披露したこともあります。

何人ものスタッフがゾンビに扮し、お客様の前で踊る、

それを毎晩指導して本番では拍手喝采を受けたという思い出が・・・
 
 
 
2003年の児童に対する性的虐待事件の際、

「親子未来塾」の前身の当社サイト内にあった

「Rの検証」というコーナーで鑑定したこともあります。

マイケルさんの星は

感性が鋭く音楽的才能を持ち合わせていて、夢・ロマンを追い求める人でした。

一見しては穏和な明るい人で自然主義の片寄りが無い人のように見えますが、

その反面には信念を通す頑固さと神経質な部分があります。

ただ43才からの時代で運気的に相当に苦しい立場になっていたマイケル。
 
 
 

世界の頂点に立った人の最後って、哀しいことが多いですね。。。

それも運気の為すもので、

ずっと頂点を極め続ける人はいないんです。

でも彼の残していった作品は永遠に輝き続けることでしょう。

ご冥福を祈ります。
 

banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年06月26日 13:38 |

2009年06月20日

職人技を見た!! 番外

昨年の夏に購入した水槽と熱帯魚、

もうすぐ1年になります。

日記を読み返すと9月に魚を補充したのを最後に

増員はありません。

逆に、だいぶ減ってしまいました。(ご臨終のため・・)

なので、また新しく、仲間を増やしてあげました。

今回はグッピーの仲間とプレコという種類の魚を増やしました。
 
 
 

ウチにはコリドラスという魚もいますが、このプレコとコリドラス、

どちらもナマズ系らしく、とても地味な風貌、

尚かつ、

プレコは吸盤状の口でガラス面や流木などに張り付いてコケを食べ、

コリドラスは水底で微生物や有機物を採食します。

二人とも水槽の掃除屋として重宝がられるようです。

いわば専門家、職人ですね。
 
 
 

派手なグッピーなどの熱帯魚の陰で

コツコツと仕事をこなす職人です。

ぼくはどちらかというと、こいつらの方に親近感を持ちますが・・
 
 
 

人間でも、派手な職業もあれば、

そんな仕事があったの?って思われる地味な仕事もあります。

どちらに興味を持つかは人それぞれですが、

何ごとも極める、プロになるということが大切ですね。


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年06月20日 13:28 |

2009年06月19日

庭木も人も「おもいっきり」が大切

 
ウチの庭には観賞用の松の庭木があって、

庭に置かれてから、かれこれ33年たちます。

この松の手入れというのが、素人には難しい・・
 
 

ここ数年、自分でやってるんですけど、

所詮、素人。

なかなか上手くいかない。
 
 
 
先日、たまたまやってきた親戚の伯父さんから

「もっとばっさり切った方が良い」と言われて・・・

庭木の手入れはおもいっきりが大切らしい。

だんだん大きくなっちゃいますからね・・

どうしても素人は躊躇してしまいます。
 
 
 

人間も中途半端が一番ダメ!

やるならやる、

やると決めたら、とことんやる。

おもいっきりDon!!・・・ん、そんな番組あったなぁ。

それで失敗しても、またやり直せばいいんですから。

自分の中の新芽はどんどん出てきますからね。
 
banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年06月19日 14:22 |

2009年06月17日

職人技を見た!! 3


私どもの清水南穂が鑑定する時は、

人が変わります。

人というより、目つきと言うか、「気」ですね。

どんなに暗く"どんより"してやってきたお客様でも、

鑑定後は清々しい顔つきで帰って行きます。

まさに職人技だと思います。
 
 
 

清水先生いわく

「占い師に向いている星というものはあります。

貫索星+調舒星+天貴星を持っている人は占い師に向いている」

また、占いというのは、

「手相で視たり、西洋占術で視たり、東洋占術で視たり、カードを使ったりと、

いくつもの技法を使っている人は、鑑定がブレる。

一つの技法を極めて、それでやって行く方がいい。」
 
 
 
「看板に様々な占技を掲げてやっている人は、あまり当てにしない方がいい。

とくに算命学をやっているのに他の技法を使うのは邪道と言ってもいい。

そういう人達が多過ぎるし、そういう人ほど、算命学が使えていない・・・」
 
 

何ごとも極めろと言うことですね。


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年06月17日 16:03 |

2009年06月14日

職人技を見た!! 2


先日、第13回バン・クライバーン国際ピアノコンクールで

みごと優勝した全盲のピアニスト、辻井伸行さん。

50年近い大会史上で盲目の優勝者は初めてだそうです。

幼い時代から素晴らしい演奏をしていた辻井さんは、

今までも、よくTVで取り上げられていましたから、

多くの人にその存在は知られていたと思います。私も知ってましたし・・

でも、その演奏を聞くと、目が見えないというのは信じられない、

まさにプロ、職人技です。
 
 
 

「親子未来塾サイト」のコーナー「著名人による才能と適職」ページで

夏見モンドさんが、今後取り上げるかもしれませんが、

早速、辻井さんの星を見てみました。

音楽家として感性につながる「鳳閣星」「調舒星」がありません。

実は彼の才能は"忍耐"と"努力"なんです。

目が見えないことを努力でカバーしています。

もちろん、視力を失った人が、

聴力など他の五感をフル発揮するということは

知られていることなんですが、

辻井さんの良さは、自分の才能を磨く努力と、

成し遂げようとする強いプライドです。

天才というよりは、本物の職人でしょう。
 
 
 

ただし、辻井さんの宿命には、

宝石として輝く原石の条件がありましたし、

芸術的才能、鋭いひらめきのような感性、

霊感的能力が発揮されていることも確かです。

そして名誉名声運を持ち合わせています。

大きな運気の後押しもあります。

努力だけではなく、それらの条件が

彼を世界のトップに押し上げた背景でもあります。

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年06月14日 15:47 |

2009年06月13日

職人技を見た!!

世の中には様々な仕事があります。

何が普通で何が特殊とは言えませんが、

私の仕事などは、周囲からは特殊に見られます。

たとえば、今、某カフェ内でパソコンを広げて、この原稿を書いてます。

私の場合、ノートパソコンさえあれば、

時間や場所を問わず、いつでも仕事が出来るんです。

ある意味、事務所などなくてもやって行けます・・・落ち着かないだろうけど。

そんなところも特殊と言えば、特殊ですか・・・
 

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

 
午前中、自宅の床を修理に住宅メーカーのスタッフがやってきました。

床板にネジ穴を開けて修理し、その穴を再び埋め直したんですが、

その穴の補修を専門の若い女性スタッフが、見事なまでにペイント処理をしています。

どこに穴を開けたのか判らないです。

「それはセンスですか?経験ですか?」

と訪ねると、

「経験です」と答えました。その仕事を3年やっているそうです。

でも、どうみてもセンスが必要な仕事だと感じましたが・・・

プロの技でした。
 
 


どんな仕事でも、他の人から見て「真似出来ないな」と思えるようなら

それはもうプロです。

また「真似出来ないな」と思われるような仕事をしたいものですね。


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年06月13日 21:40 |

2009年06月08日

あなたはどっち?


昨日、あやめ祭りに出かけたと報告しましたが、

快晴の日曜日、思っていた以上に観光客が多く混み合ってました。

そんな中、嫁入り舟をみんなが待っている最中のこと

「花嫁さんがブサイクだったら興ざめよね」とか、

「こういうことしないと客が集まらないんだよ・・アヤメだけじゃぁ」とか、

「本物の花嫁さんじゃないでしょ、どうせ・・」とか、

「コレだけ待って目の前を通るのは数秒なんだから・・」

なんて声をところどころで聞きました。


確かに、

花嫁さんは可愛い人とか美人の人の方がいいですよ、

こういうイベントが集客に必要なのも事実です。

何でもそうですけど、待ち時間が長くて、

見たいものは一瞬というのはよくあることでしょう。

その一瞬のために、みんな我慢して並んでいるわけですから・・


その人達は決して間違ったことを言っているわけではないですが、

そういうことは心の中にしまっておくべきです。

心の中ではいくら言ってもいいですから、

たくさんの人が居るところでは慎む方がいいですね。

なぜなら、これらの言葉は"マイナスの気"を発しているので、

その人の運気も下げますし、あまり良くない人を呼び込みます。


たとえ同じことを思っても

「花嫁さんが綺麗だったらいいよね」とか

「こういうイベントや演出は嬉しいよね」とか

「本当の花嫁さんだったら本人もいい記念になるよね」とか

プラス発想で発言すればいいんですけどね。
 
 

そうは言っても、

私も知らず知らず評論したり、批評したり、

思わずマイナスな言動をしてしまうこともあります。

あなたはどちらですか?

愚痴や文句といったマイナスの言葉を発しますか?

それとも素直に、期待したりプラス発想で言葉を発しますか?

ちなみに、花嫁さんは、

実際に結婚式を行う人たちだそうです。

banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年06月08日 23:14 |

2009年04月27日

命って何? 人間はなぜ不平等?


以前、このブログでも書きましたが、

私の最初の就職は私立病院でした。

その病院には精神神経科があって

多くの患者さんが入院していましたが、

私が生まれる前、当時23才だったんですけど、

25年も前から入退院を繰り返していた患者さんもかなりいました。

そういう人達と接していると、

毎日、自由に生活している私との違いに

「どうして、この世に、こんな辛い思いをしている人がいるんだろう?」

「人間は平等ではないのか?」

そんな疑問をいつも持っていました。

社会復帰しても、なかなか上手く生きて行けず、

家族からも見放されている人達がたくさんいました。

中には自殺をする人もいます。

「何なんだろう・・この差は?」

その現実が、ある程度理解できたのは、算命学の清水先生に出会ってからです。
 
 
 

この疑問を清水先生に尋ねたことがあります。

「算命学では、人は平等ではない・・・という概念です。

でも、自分を入れて前後5代を他人と比べると、

そこでは平等になる・・・

つまり、苦しんだ人がいる分、自分の先祖や子孫に幸せな人がいる、

5代を平均すると、どんな人も同じぐらいになるようになっているんですよ」
 
 
 

大成功した人の陰には、とても苦労した人が先祖にいる、

あるいは子孫に出て来てしまう

5代という時間を使ってバランスを取るようになっているんだろうね・・
 
 


精神系の病気で苦しむ人には、それなりの意味と言うか、役割があるんですよ・・

その人だけ取ってみれば、可哀想だし、不平等だと思うかもしれないけど、

原因は、その人の先祖にある場合が多い・・・

家系のしわ寄せというか、犠牲になっている人達なんだよね・・・」


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月27日 09:47 |

2009年04月23日

命って何? アシュリー逝く

 
早期老化症/プロジェリアという病気をご存知ですか?

遺伝子異常により、もの凄いスピードで老化して行く病気です。

12才で肉体はおよそ80才、

患者は世界で30〜40人、

平均寿命は13才だそうです。

そのプロジェリア患者の女の子、アシュリー・ヘギちゃん、

日本でもTV番組のドキュメンタリーで紹介されていたので、

ご存知の方もいらっしゃると思いますが・・・
 
 
ashley.jpg

アシュリーのお母さんの著書
「みじかい命を抱きしめて」
フジテレビ出版

 
 
 

そのアシュリーちゃんが先日、17才で永眠したと知りました。

5月の誕生日で18才になる直前、

高校卒業するのが楽しみだったそうです・・

ドキュメンタリーを観るかぎり、壮絶な人生だったろうと感じます。

体が思うようにならない、体調も悪い・・

何より、寿命がすぐそこだとわかっている苦しみ。

それでも気丈に、命を全うしようと頑張っていたアシュリーちゃん。
 
 
 

「命って何だ?」

と考えさせられてしまいます。

幸いにも、私たちは、いつ死ぬかを知りません。

だからこそ、あれこれ夢を持って楽しく生きて行けます。

でも、最近、私も50才に近づいて来て

現実の「死」というものを意識するようになっているのは確かです。

50才でそうなのですから、60代、70代、80代の人は

もっと切実かもしれませんね。

でも、それを考えてばかりいては、前に進めません。

やり残すことが少ないように、

人生を考えて過ごして行くことが大切だと思います。

やれる時にやる・・

やりたい時にやる・・・

それが幸せな生き方かもしれませんよね。
 
 
 

清水先生は言います、

「算命学では、人間は不平等な生き物だと教えられている」

不平等だからこそ、その人自身の生き方が試されているんでしょう。

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月23日 11:14 |

2009年04月17日

イチロー選手、最多安打記録達成!


イチロー選手が張本勲選手の残した3085本のヒット記録を更新し

日本人選手の最多安打記録を打ち立てました。

もはや「あっぱれ!」というしかありませんね・・
 
 
 

このイチロー選手と張本選手、そして世界の本塁打王、王貞治選手に共通するもの・・・

それは「玉堂星」という理論の星です。

3人とも感覚で打っているのではなく、

理論的にバッティングをしているという点です。
 
 
 

3人とも独特の打撃フォームで有名ですが、

普通の人が真似をして出来るものではありません。

3人が、それぞれ考えた末に出来あがったフォームです。

それを成し得たのが、この「玉堂星」という星の才能でしょう。

ようするに、3人とも理屈っぽいってことですよ(笑)
 
 
 

余談ですが・・・

この三人と真っ向から反対の人・・・

感性(鳳閣星)でバッティングをしている人・・・

それがミスターG、長嶋茂雄選手です。


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月17日 22:59 |

2009年04月16日

結婚が上手くいく条件/清水南穂語録

 
清水先生いわく

結婚して上手くいくかどうかは、

男性は、相手を生涯守ると言う意志を持つこと、決断すること。

女性は、生涯自分を守ってくれる・・という男性を見極めることが大切、
 
そして女性は相手に尽くそうと決意すること。

この考え方がしっかりしていないと、結婚しても上手くいかない。

 
 
 
決意の意識が有るかどうか、意識を持ち合っているかどうかが大切で、

星が合うかどうかは関係ない。

今の時代は、男女ともに、この意識が欠如しているので、

結婚してもすぐ別れたり、結婚しない人が多い。
 
 
 

今の時代、男性がしっかりしていないので、

生涯女性を守り通そうという意識が薄い人が多くなっている気がする。

女性も、自立しているので、男性に守ってもらおうという意識が薄い。

だから結婚しない、出来ない人が多くなり、

結果的に子どもが少なくなってしまう・・・・
 
 
 
もちろん、結婚してから決意を持つことでも大丈夫ですけど・・

最初は自信がなくてもね・・


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月16日 13:46 |

2009年04月15日

清水南穂語録09.04.14

 
昨日、清水先生に会って来ました。

打ち合せと、携帯サイトの相談鑑定のためです。

その中で、毎度のことですが、

清水先生の語録が飛び出します。

僕にとってはとても勉強になります。

例えば、今回は・・・

最近、会社から解雇された若い男性の相談が多いようで、

本人もなぜクビになったのかわかっていないそうです。

「最近の若い男性は特徴が無い・・・

 特徴というのは、才能を発揮することで、その人の「売り」になる部分、

 それは人間としての魅力も醸し出す・・・

 特徴(魅力)が無い人は会社としても価値を見出せないのだろう・・・

 他人に負けないと言えるだけの特徴を持つことが大事・・・」

 
 
そういう点をフォローしようと私も夏見モンドさんも、

運命学コーチングを始めたわけなんですけど・・・ね。


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月15日 14:02 |

2009年04月07日

シールちょうだい?


先日、薬局でのこと。

薬局の人が会計時に、子どもの患者さんにシールを渡していたそうです。

それを観ていたウチのまる子が、母親に

「まる子も欲しい・・」と訴えてきて

「欲しいなら自分で言って来なさい」と言うと、

やがて、会計窓口へ歩いて行って

「シールちょうだい?」

と、一人でシールをもらって来たそうです。

誰に似た?

僕は小さな頃、それはそれは頑固なくらい、

一人で自分の気持ちを誰かに言うなんてことは出来ませんでした。


算命学では、子どもの頃に

どういう性質が表に出やすいかがわかります。

ボクの場合、「貫索星」という頑固で、他人に頼らない、

マイペースな星の影響が出ていました。

良く言えば、ひとりで何でもやって行ける自立した子。

悪く言えば、協調性の無い融通の利かない子。


娘の場合「禄存星」という星の影響が出て来ます。

とても人なつっこい性質で、甘えん坊。

自己主張も強いので、

一人でシールをもらいに行けるのです。

親子といっても、個性はそれぞれ違います。

性質が親と違っていても当たり前。

ちなみに皆さんも子どもの頃、何の性質が表に出ていたか、

→星を出してみてください。

中心星と第四命星というところに出ている星の影響が出ます。

ちなみに星の意味合いは、星の見方解説のページでご確認を・・

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年04月07日 17:25 |

2009年02月23日

今は「教育」の時代

 
昨日、コーチの夏見モンドさんにご紹介いただき、

某大手ドリンク・メーカーの方、お二人とお話しさせていただきました。

お一人は、組織能力開発のシニアマネージャー

もう一人はマーケティングのマネージャー

二人ともプロ中のプロです。

様々な話をさせていただきましたが、

「教育」「人材育成」の大切さという点で

私たちと共通の認識をお持ちでした。
 
 

私も今まで日本有数の大企業の役員の方々や

国会議員の方々とお会いしてきましたが、

ちょっと違った毛色のお二人だったと言う印象ですね。

年下の私が言うのも失礼な話ですが、(お二人とも年上なんで)

先見性というか、モノの捉え方に柔軟性があるというか、

古い論理をいつまでも継続しているような人達とは一線を画すタイプで、

時代は動いているということを

明確に意識して活動されている方々でした。
 
 
 

算命学理論には、キッチリ記されていますし、

当「親子未来塾」サイトでもお伝えしていますが、

2007〜2016年は「智の時代」

まさに"教育の時代"なんですよ。

それは子育てや学生に対する教育だけではなく

大人の教育、道徳教育とか才能教育も含めた

人間育成のための時代なんです。

ですから、この時代に私たちも、

ちゃんとメッセージして行きたいなと思っています。

運命学コーチングの使いどころだと思いますから・・・

教育現場で活躍の方がいらしたら、

今が一番大切な時代ですよと言いたいですね。


今回はちょっとお堅い話になってしまいましたが・・

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年02月23日 15:37 |

2009年02月08日

教育テレビの逆襲〜古今亭志ん生編

「爆笑問題の『教育テレビの逆襲』〜よみがえる巨匠のコトバ」より

今回は伝説の落語家、名人と呼ばれる五代目古今亭志ん生さん。
 
 

晩年のインタビューで

「年配にならなきゃ、どうしてもできないものがある・・

若い時代にやっても「何言ってやがんでぃ」といわれるだけ・・

わたくしはね、だいたいが、

落語というものが好きでなったんですから、

出世をしようの、いい真打ちになろうのという考えはないんで・・

ただこれが好きなんで噺を覚えたんでね・・
 
 
 
最近の芸人と呼ばれる人達は「一発芸」に頼って中身が薄い人達もたくさんいます。

またそれを求めるテレビ局の問題もあるでしょう。

芸人の世界だけではなく、

多くの業界で、若い世代は「夢」もなく

ただお金のためとか、スキルアップのためだけに働いている人もいます。

それが悪いと言えるものではありませんが、

どんな理由であれ、自分が就いた仕事は、好きになって働いて欲しい。

そしてコツコツと努力を続ける・・・

結果としてそれが運気を押し上げて、自分のやりたいことや夢の実現化につながるんです。

そんなことを知らなくても無心で情熱を傾けていれば

志ん生さんのような伝説になっていけるんです。
 
 
 
若い時代に好きなモノに取り組むことがいかに大切か・・

また自分の仕事を愛する、好きになることの重要さ、

好きになるように努力するのも大切なことなんですね。

みなさんも今一度、自分の仕事を見つめ直してみてください。

自分の仕事が好きですか?

仕事にやりがいを持っていますか?

仕事に誇りを持って取り組んでいますか?


banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2009年02月08日 14:12 |

2009年01月26日

教育テレビの逆襲〜都留重人編

「爆笑問題の『教育テレビの逆襲』〜よみがえる巨匠のコトバ」より

今回は、経済学者の都留重人さん。

都留さんは一橋大学の学長などを歴任し、

経済学の中で「公害問題」を考え

『公害の政治経済学』を書かれています。

高度経済成長の陰で浮き上がった様々な公害問題です。

都留さんはインタビューで次の内容を語っていました。

「公害というのは、

よくないことを英語の名詞複数形にして「Bads/バッズ」としますと、

経済の上で買物の対象になるものを「Goods/グッズ」というでしょう?

グッズ(Goods)に対してバッズ(Bads)がある。

グッズを作る段階でバッズが出る・・・
 
 

商売で売れるモノ(Goods)を作る過程で

環境汚染などの公害(Bads)が発生する・・
 
 
 
海岸線の美しさをお金で言ってみろといってもそれはできません。

お金で表現出来ないような価値のものが損なわれてしまう。

生活の質というものはお金に換えられない、

お金で計算出来ないものがある。

それが失われると言う深刻なことを

々はもっと考えなければならない・・・」
 
 
 

最近は環境問題がだいぶ考えられてきましたし、

私たちも意識するようになりました。

実は、算命学理論では、2017年から「保守」の時代になります。

同時に「環境」の時代にもなるんです。

京都議定書の削減目標の設定期日が2012年ですし、

アメリカのオバマ大統領が2選されれば、

益々環境問題の議論が進むでしょうし、

それで2017年の「環境保守の時代」になるというわけです。

今、この都留さんの言葉を

改めて心に刻んでみたいと思います。


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年01月26日 17:56 |

2009年01月20日

教育テレビの逆襲〜本田宗一郎編

 
「爆笑問題の『教育テレビの逆襲』〜よみがえる巨匠のコトバ」より

今回は、世界のホンダ、

本田技研工業の創業者・本田宗一郎さん
 
 

本田さんはインタビューで次のような内容を語っています。

「戦後、人が一所懸命になれたのは

上の人の小言が無いこと。

誰も文句を言わない。

自分の思うことだから精一杯やれた。

命令されて仕事をやったんじゃないということ」
 
 

規制の枠が無く、自由な発想のもと、仕事ができたということでしょう。

また上司が上司風を吹かせないということも言いたいようです。

それが結果的に個性を活かすことになると・・
 
 
 
今は個性を出す前に、潰されたり修正させられたりしますからね。

それも上司(親や先生も)が、いかにも解ったように・・・

もちろん、目上の意見や忠告は大切です。

それを聞かないということは運気的にもよくありません。

ただその意見や忠告を必要以上に意識し過ぎるのも

よくないということです。

 
 

やはり好きなコトを、トコトンやれる環境にいる人は幸せですよね。

ただし、そこには努力や苦労というものもキッチリ付いて回るんですよ、

結果を出す人にはね・・・

本田宗一郎さんは次のようなことも言っておられるそうです。
 
 


「チャレンジしての失敗を恐れるな、何もしないことを恐れろ」
 

「私が手がけた事業のうち99%は失敗だった。

1%の成功のおかげで今の私がある」
 


「人には失敗する権利がある。

だがしかし、それには反省という義務が付く」

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年01月20日 13:51 |

2009年01月19日

教育テレビの逆襲〜武者小路実篤編

 
「爆笑問題の『教育テレビの逆襲』〜よみがえる巨匠のコトバ」より

今回は、作家・武者小路実篤さん

この名前は

文学雑誌「白樺」といっしょに教科書で知った名前ですから、

その人が、昭和50年代(ボクは中学生だった)まで存命だった人とは

思ってもみませんでした。(1976年没)

江戸後期か明治の人かと思いこんでましたよ。

同じようなことを番組内で爆笑問題の二人も言ってました。
 
 
 
さてインタビューで武者小路さんは次のような内容のことを話しています。

「その時代のために生きているわけではない

愛する者のため、子や孫のため、

もっと広い何かのために生きて行く

自分の個性を活かして行くことが大切」
 
 


武者小路さんの思想は別にして

人間としてはもの凄く純粋なことを語っています。

それは時代に流されず、

目先の欲だけに生きず、

誰かのために生きるという、

これまた算命学の教えに通じる考え方ですね。
 
 
 
そのために個性を活かせと・・・・

私たちの清水先生も、そのようなことをいつも言ってます。

人の為という目標をハッキリ持って、個性を活かせば、

自然に運気も上がって行く・・・・

そういう意味合いだと理解しています。

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年01月19日 13:20 |

2009年01月16日

教育テレビの逆襲〜岡本太郎編

 
今年でNHKの教育テレビが開局50年なんだそうです。

それを記念して放送されたのが

「爆笑問題の『教育テレビの逆襲』〜よみがえる巨匠のコトバ」

という番組でした。

過去の教育テレビで放送された番組の中から

いわゆる巨匠と呼ばれる人達の言葉を集めて

時代を見直して行くというものです。

たくさんの偉大な著名人のVTRが流れ

その名言にあらためて感心させられました。

その言葉をキーワードに、この日記も進めて行きたいと思います。

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

さて、今回は、岡本太郎さん

岡本太郎さんと言えば

『太陽の塔』『芸術は爆発だ!!』が印象的ですよね。

映画「20世紀少年」でも、太陽の塔は20世紀のシンボルとして取り上げられてますが、

CMで有名になった『芸術は爆発だ!!』は次の内容の発言なんです。
 
 
 

「進歩と調和は逆であって、

科学は進歩したかもしれないが、

人間は少しも進歩していない。

機会の奴隷になっている
 
 

『調和』とは、ぶつかりあうことであり、

正反対のモノがぶつかり合って両方がパッと開くこと。
 
 

芸術とは爆発だ!!

爆発とは戦いである。

でも、その戦いは殴り合いではなく、

音もせず何も飛び散らないが、

精神が宇宙に向かって爆発し、心が飛び散る

それが芸術である」
 
 
 

なかなか難しいですけど、

要するに宇宙のエネルギー理論と、芸術などの人間のエネルギーは

同じだと言いたいのではないかと・・・
 
 
 
実は、先日、清水先生と話をした際に、

全く偶然に同じ話になりました。

ノーベル物理学賞を受賞した益川さんと小林さんの話から、

二人が研究している対称性の理論が算命学理論と共通するところがあると・・

それが、この岡本太郎の話した内容と同じであろうと・・・
 
 

気エネルギーはぶつかってこそ何かが生まれる

人と人が接すること、行動することで

「爆発」「融合」は発生するんだという

算命学の教えそのものです。


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2009年01月16日 17:42 |

2008年11月12日

2週間のご無沙汰です・・苦笑

 
みなさんにご心配をおかけしましたが、

ブログ再開です。

2週間以上もお休みしてしまいました・・・

別に健康上の理由もありませんので・・・

またコツコツ書いて行きます。よろしくお願いいたします。
 
 
 

さて、この2週間も様々なニュースがありましたね。

「オバマ大統領決定」とか「小室哲哉氏逮捕」とか、

「筑紫哲也さん死去」などなど・・
 
 

小室さんは「親子未来塾」サイトの

「著名人による才能と適職」のコーナーでも過去に取り上げましたが、

完璧に上昇運が終わっています。

本来なら、すべて財を無くすというのは、運気的に合っているんですが、

犯罪をおかすというのは、運気ではありません。

本人の自覚の問題です。

人は誰も「犯罪をおかす」という宿命は持っていませんから・・・
 
 
 
儲けたお金が「0」になっても

ここから再スタートすればいいんですが、

それをしようとしなかった

そう覚悟出来なかった彼の自覚の問題なんです。
 
 
 
もちろん、取り巻く人間関係の問題も切り捨てられませんが、

それも、すべて、自分が選んだこと。

周りにそういう人達しか置けなかったことが小室さんのミスですね。

とりまく人間関係って、意外と重要なんですよ・・
 
 
 
「親子未来塾」サイトの「ラファエルの道しるべ」でも

これから人間関係について話して行こうかなと思っています。


banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2008年11月12日 13:37 |

2008年10月19日

子どもが意地悪する理由

 
先日、自家用車のメンテナンスをするために

ディーラーへ娘と2人で出かけました。

店の中には滑り台とかママゴト・セットなど

子どもが遊べる場所があって、

整備が終わるまで、そこで娘と遊んでいました。
 
 
 

すると先客だった5〜6才ぐらいの男の子がやってきて、

「意地悪しちゃおうかな〜」

といいながら、

娘の前に立ちふさがって、遊びの邪魔を始めたんです。

まぁ、子どものすることですから、

あまりしつこいようだと注意しようと思っていましたが、

さすがに娘が嫌な顔をしていたので

「そういう時は、"どいて"っていうんでしょ?」

と娘にいうと、

「どいてぇ〜」っと一言・・

その男の子も、そこから先は手を出しませんでした。
 
 

まぁ、子どもにはよくあることですが、

問題は親、家庭環境にありそうですね・・・

その男の子は、1才過ぎぐらいの妹と、お父さんと3人で来ていたようで、

お父さんは一人、新聞を読んでいました。

もちろん、その男の子に遠巻きから

「意地悪したらダメだよ」と声をかけていましたが、

たぶん、家庭内であまり相手にしてもらえないか、

押さえつけられているんでしょう。
 
 
 

小さな妹弟が出来ると、なおさら、

「お兄ちゃんでしょ!!」とかなんとかいわれるし、

あまりかまってもらえなくなります。

ちょっと妹をいじめたら、怒られるし・・

その結果、その反動は他の自分より弱い子へ向けられるのは

よくあることです。
 
 
 
問題は、親が、兄弟平等に扱うこと、

下の子が乳幼児なら、なおのこと上の子どもを可愛がること。

そして、悪いことは、その理由を話して止めさせること・・

そのぐらいの対応は必要ですね。
 
 

本来なら小学生までにボランティア精神を養わせて

理屈でも善悪を教える必要があります。

特に自分より下の子、弱い子は守ってあげるということを教えないと・・
 
 
 
今回の男の子は

「意地悪しちゃおうかな〜」と前もって言っているわけですから、

本心で意地悪しようとは思っていないはず。

きっと、娘に対してではなく、傍にいた僕に対してのアピールだったのでしょう。

僕にかまって欲しかったのかも・・・

ということは、裏を返せば、親にかまってもらえないストレスがあるのかなと・・・

そんなことを感じて、なんとなく哀しい気持ちになりました。

世の中のイジメなんて、きっとそんなことから始っている気がします。

親は、そこのところ、もう少し気を配る必要がありますね。
 
  
 
保育園のそばにあるコスモス畑
まる子の背丈より高いです。

08.10.19up.jpg

 
 
 

いつものようにクリックのお願いです
  ↓
banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2008年10月19日 14:38 |

2008年10月10日

ノーベル物理学賞受賞の三人 〜その2

ノーベル物理学賞を受賞した一人、益川敏英教授は、

「専門外の社会的問題も考えなければいい科学者になれない。僕たちはそう学んできた」

と語ったそうです。

これは科学者だけじゃなく、すべての仕事に共通する考えだと思ってください。

清水先生は私たちにいつもいいます。

「社会人であれば、あらゆることを勉強た方が良い。

それは仕事に幅を持たせるということでは、全ての仕事に言えること。

一つのことだけ一所懸命やれば良いというものではなく、

特に知識や情報というものは多くのことをバランス良く身につけること。

社長と呼ばれるような人は特に社会問題を考えることが必要」

研究者とて同じだと言うことでしょう。
 
 


さて、この益川先生

「反戦」に強い思いがあるようで

名古屋生まれの先生は第二次大戦中、

名古屋空襲で焼夷弾に逃げ回った子どもの一人、

私の母も同じで(8/15に記載・終戦記念日に想うこと)、知人を目の前で亡くしています。


「同じ思いを子孫にさせたくない」

その体験が平和主義者になった最大の理由のようです。

 
 

クリックのご協力を・・
  ↓
banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2008年10月10日 15:14 |

2008年09月26日

夢を持つということ

 
子どもの頃に見た『夢』

以前にこのブログで、

私自身や夏見モンドさん、スタッフ達の子どもの頃の夢を紹介しました。

「あなたの夢は何ですか?」他

今回、親子未来塾サイトの「道しるべ」

夢を持つことの大切さを書いていくことになりました。

そこでも書いてますが、

子どもの頃思い描いた夢って、

自分の持って生まれた才能と、あまりかけ離れた夢ではないんです。

持っている才能と、何かしらつながりがあるようです。
 
 
 
例えば私の場合、

最初に憧れたのが「考古学者」、その後「教師」ですが、

歴史を研究するとか、勉強を教えるというような星は持ってないんですよ・・

特に歴史等の社会の点数は悪かったですから、実際は・・・

ではなぜ?

今思えば、考古学にしても、教師にしても、

「博士」とか「先生」とか、そういうステイタスというか、

ある種の名誉欲ですかね・・・そんな感じだったかもしれません。

それなら、私が持っている「牽牛星」の特徴ですからね・・

何でもいいから、人の上に立って、大上段でモノを語りたかったのかも・・・

算命学をやってから、当時の自分を解析するとそう思います。

だから、才能を発揮するのとは別に、

欲を満たすと言う意味で夢を追いかけるということもあるんです。

 
 


夢を追いかけている人も探している人もクリックをお願い・・・

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2008年09月26日 22:40 |

2008年09月18日

バランスの悪さが才能になる

前回、「何ごともバランスが大切」と書きましたが、

その反対でバランスの悪さがモノを言う場合もあるんです。
 
 
 
人はみな、それぞれ違った気エネルギー(才能)を持って生まれて来てますが、

気エネルギーのバランスが整っている人はあまりいません。

逆にバランスが悪い人の方が圧倒的に多いです。

それをなんとかバランスを取るために

人間性を磨いたり、良い気を作ったり得たりしなさいと

私たちはアドバイスするわけですけど・・

でも、そのバランスの悪さが、実は個性になったり、才能発揮に役立ったりするので

これがなかなか複雑なことだなァと思うんです。
 
 


安定したいからバランスを取る・・

でも才能を発揮したいから、バランスを崩すような片寄ったことをする・・・

この矛盾が人間の宿命なんだとボクは思います。
 
 
 
事業に大成功した人を見ると、

大抵、大成功したときはエネルギーが片寄っています。

だから才能が一気に発揮されて成功に導かれる・・・

でも、そういう時って、やっぱりバランスを崩しているから様々なところに影響します。

例えば、健康を害するとか、家庭内に問題がでるとか・・

忙しくなる分、特に精神的ストレスは生まれやすくなります。

仕事にエネルギーが片寄るから

自分の健康や家庭内のバランスは崩れやすいんです。

これが仕事運の上がっているときに気をつけなければならないことですね・・
 
 
 
 
ボクも気エネルギーが片寄っている人間ですが、

そんなところも受け継いでしまった、娘のまる子・・・

親としては、安定のある平和な一生を送ってもらいたいんですが、

ボクに近いということは・・・・苦笑

そのかわり、出来るかぎり安定するように運命学コーチングで育てたいと思います。
 
 
 

パランスの良い人も悪い人も、クリックをお願い・・・

banner_04.gif


投稿者: ラファエル 日時: 2008年09月18日 15:06 |

2008年09月17日

何ごともバランスが大切!・・教訓2

 
先日、熱帯魚のグッピーとネオンテトラという種類の魚を買って来ました。

今まで、水槽にいた魚たちは、だいたい同じ大きさで、

それより一回り小さいグッピー、さらに3〜4回り小さいネオンテトラ

それを水槽に入れると、匹数も色合いも、サイズの違いも

全体においてバランスが良く感じられるようになりました。

今まで、なんとなく寂しい感じがしてたんですけど・・

もちろん、ボク個人が感じる"良さ"なんですけどね・・
 
 
 

でも、何ごともバランスというものは大切でして、

バランスが取れるかどうかで、受ける印象はだいぶ違って来る・・

日本庭園なんて、石一個、植え木一枝で違ってしまいますよね・・

それは人間も同じなんです。

清水先生はいつも言います。

「バランスが肝心」

人間性にもバランスが必要だし、

健康にも気のバランスが影響します。

人間付き合いもそうです。

大きく言ってしまえば運気もそうなんでよ・・・

問題はどうバランスを取るか???
 
 
 

ボクが会社を起こした時、

今思えば、分不相応な事務所兼店舗にしてしまい

経費など、何かと無駄が多かったことを思い出します。

いい経験だったとは思っていますが、やはりバランスが悪かった・・そう感じます。

「安定させるには、やはりバランスが大切!!

それがボクの教訓です。
 
 
 
バランスをとるためのクリックをお願い(笑)

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2008年09月17日 14:24 |

2008年09月12日

コラム「恋愛ベタの人へ」の編集中

今、算命学・携帯サイトの更新メニュー用のコラムを編集しています。

テーマは「恋愛ベタの人へ」と題して

清水南穂先生がメッセージを送ります。

「恋愛は感情だけではダメで、理性が働かないと・・・」

「空気が読めない人は好かれない・・」

等々・・・

清水先生らしいメッセージが配信されます。

今の若い人は「恋愛が苦手」・・そんな悩みも抱えているんですよね・・・

 
 
 
昔、ウエディング業界で仕事をしていた頃、

お見合いパーティを何回も企画・運営していました。

当然、恋愛(結婚)の相手を見つけたいと応募してきますが・・

男性はほとんどの方が自己PRが下手なんです。

「もっと自分に自信を持たないと」と、けしかけるんですが・・・

いつの時代も同じなのかなぁ・・・
 
 
・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 
この頃のまる子・・・

なぜかウルトラマンにハマっています。

お気に入りの怪獣(宇宙人)は「ダダ」・・・(知らない人も多いでしょうが・・)

ダダってとても可愛いとかカッコいいというキャラではないんですよね、

どちらかと言えば、不気味な方・・

何故にダダ???

08.09.12_up.jpg
 
 

ダダを知っている人も知らない人もクリックのご協力を・・。

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2008年09月12日 23:25 |

2008年09月09日

起業は年を選ぶこと!!・・教訓1

 
当社は10年続けて来られましたが、

設立日は当然、算命学を使って決定しています。

清水先生の助言で、ボクは会社を起こすのに半年以上待機しましたからね。

これから独立して自分で会社を起こそうと思っている方、

設立日だけは気をつけてください。

間違っても自分の天中殺での起業は避けてくださいね。

算命学に詳しくなくても
当サイトでご自身の天中殺が判りますから (このページの横にあります。 →)

それさえ判っていれば、とりあえず問題ないでしょう。
 
 
 
これが教訓1

「会社を起こす時は年を選ぶこと!!」

独立だけじゃなく、就職・転職も同じです。

ただし天中殺で起業しても長続きする場合がありますが、

順調にはならない可能性大です。

苦しみながら、それでもなんとか維持している・・・そういう人を何人か知ってます。
 
 
 
ただ清水先生いわく

「どんなに良い年を選んでも、最初の三年ぐらいは苦労した方がいいね。」

人間って、スタートしたらすぐに良い結果を期待するものです。

世の中、そんなに甘い世界ではないということを最初に体験した方が、

会社を長続きさせるには良いかもしれませんね。
 
 

会社を持っている人もそうでない人も、クリックのご協力を・・・

banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年09月09日 22:23 |

2008年08月30日

教育の現場に占いは必要か? 3

 
秋田県の小学校教諭が、児童の相談を占い師にした問題の続きです。

最大の問題点・・・

教育の現場に占い(の技術)が必要か?ということです。
 
 

ここで、改めて書きます・・・

今までも何度も綴って来ましたが、

算命学は占いではなく"学問"です。

キッチリとした理論体系のある自然分類学という学問です。

もう少し現実的に言えば算命学は占いも出来る学問です。笑

だけど、算命学は学問としては認知されていませんし、

それだけでは食べて行けないんで、

必要に迫られて"占い"の看板を背負っているに過ぎないわけです。
 
 
 

だから・・・

「教育の現場に占いが必要か?」と聞かれたら・・答えは NO!

でも

「教育の現場に"算命学"が必要か?」と聞かれたら・・答えは YES! です。
 
 
 
算命学なら、子どもの思考的傾向、体質的特徴、感性の特徴、得意能力等、

潜在的に所有している本質がよくわかります。

それがわかっていれば、教育現場での対応も変わってくると思われます。
 
 
 
でも、なかなかそれがわかってもらえない・・・。

特に公立の学校、官庁などは完全に否定しますからね。

実際に前向きに検討しているのは

塾や家庭教師の会社などです。

見た目からではわからない学生本人の本質を前もって知ることによって、

個人別教育方法のカルテを作ることができるから、

集団教育より、やっぱり家庭のような個別指導の現場に有効かもしれません。
 
 
 

今の教育機関では、人間としての特徴や潜在能力、

学問や職業に対する適正を判断することはなかなかできません。

そういう点でも算命学は教育に必要ではないかと思います。
 
 
 
・・ううん、この問題はやっぱり難しいですね・・・

今はまだ、万人に受け入れられるモノではないことは、よくわかっていますから。

こうやって、コツコツやって行くしかないようです。
 
 
・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

まる子は保育園で運動会の練習に入ったようです。

彼女はエネルギーがいっぱい詰まった人

少しでも体を使ってエネルギーを発散させないと

精神的にも良くないし、病気にもかかりやすくなります。

夜もなかなか寝付けなくなりますし・・・

休みの日は散歩に行ったり、ショッピングモールなどの人混みに出かけたりして

なるべくエネルギーを使わせます。

エネルギーについてはまた今度、改めて書くことにしましょう。

080830_up.jpg

 

よろしければクリックお願いします。

banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年08月30日 23:16 |

2008年08月29日

教育の現場に占いは必要か? 2

 
秋田県の小学校教諭が、児童の相談を占い師にしたとして問題になった件の続きです。

僕が考える問題点の残り、

まず、相談した占いがホンモノであるのか?ということですが、

この占い業界って、現在、

ホントに様々な種類のものがあって、

「それってあり?」

というものがホントに多いです。

年々、新しい占い、怪しいものがたくさん誕生してます・・苦笑
 
 


ウチの清水先生は師匠の高尾宗家に

「世の中に出回っている"占い"は

ほとんどが「占芸」と呼ぶべきものだから

君たちは算命学理論をキッチリ学び、占道を求めて歩みなさい・・・」

と言われたそうです。

それだけ世の中には"芸"と同じ占い師が多いということで、

本物が少ないということでしょう。

霊感にしたってそうです。

ホントに見えているのかどうか、疑わしい人が多過ぎます。
 
 
 

「じゃぁ、算命学はホンモノなの?」

よく質問されることです。

ただ、その答えは、

どんなに説明したところで、

体験した人じゃないと判らないかもしれません。

ちよっと無責任のようですが・・・笑
 
 
 

僕個人の意見としては、算命学で仕事をしているから言うのではありませんが、

数千という症例(鑑定)を目の当たりにして、

「これは本物だ」と言わざるを得ないんです。

もちろん、算命学がホンモノでも、鑑定士本人が偽物の場合もありますから、

注意が必要なんですけどね・・・・

・・・つづく
 
 

よろしければクリックお願いします。

banner_04.gif

投稿者: ラファエル 日時: 2008年08月29日 23:23 |

2008年08月28日

教育の現場に占いは必要か? 1

 
数日前のニュースで、秋田県の小学校教諭が、

児童の身体の相談を占い師にしたとして問題になってました。

特に問題になった点は

氏名、生年月日、障害の詳細を伝えて占ってもらったという、

児童の個人情報を伝えたことのようです・・・
 
 
 
ところで・・・私が取り組んでいる算命学には

様々な相談が寄せられます。

その中に、子どものことについての相談、たとえば、

不登校・引きこもり、あるいは非行、暴力はもちろん、

子どもの健康の相談も多く含まれます。

大抵の場合、

相談者は最後の、ホントに最後の手段として、

算命学(清水南穂)を頼って来ているようです。
 
 

誰に相談しても解決出来ない、

相談出来る適切な人がいない、

学校や病院からサジを投げられた・・・等々

そういう相談を受ける立場から、このニュースの問題を見てみます。

ちょっと言いたいことが多いんで、

何回かに分けて書こうと思います。
 
 
 

この教師の話には、いくつかのポイントがあって、

まず、

本人または保護者の了解無くやったこと。

次に個人情報を流出させたこと。

そして相談した占いが本物であるのか?ということ。

最後に、教育の現場に占い(の技術)が必要か?ということです。
 
 

私どもへの子どもの相談も、通常は親御さんからの相談です。

子ども本人からの相談は滅多にありません。

だから、相談が子ども本人の問題だったとしたら

親というフィルターが入ってしまいますから、

アドバイスも実は難しい時があります。
 
 
 

清水先生などは本人が聞く気があるなら

直接連れて来て欲しいと言います。

本人にその気が無ければ

親が言おうが、清水先生が言おうが、

あまり効果がないからです。

そういう点では、相談内容にもよりますが、

子どもや親に内緒で先生が相談に来たとしても

ピントがズレやすいんですね・・・

ある意味、本人や親からは大きなお世話になる場合も多いからです。

だから、この先生の場合、

やはり親に了解を受けなければいけなかったですね。
 
 
 

同意があれば個人情報の問題も、クリア出来るかもしれませんが、

個人情報が必要な占いの場合、それを無断で提出したのは、

この教師の行動が問題になるのも、今の時代、当然かもしれません。
 
 
 
ちなみに、算命学に必要なのは、

誕生日と性別だけで、

氏名・住所等の個人を特定出来る情報ではないと思うので

個人情報とは言えないかなと・・?

それとも誕生日と性別だけでも個人情報ですかね?

・・・・つづく


算命学を信じる人も信じない人も、クリックのご協力お願いします。

banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年08月28日 22:37 |

2008年08月27日

「何でも人に打ち明ける」って難しい?


親子未来塾サイトで本日更新のメニューに

夏見モンドさんの「子育てのコツ・接し方」というコーナーがあります。

今回の話は「何でも人に打ち明けてみよう!」というもの・・

くわしくはサイトをご覧いただきたいのですが、

この「何でも人に打ち明ける」ってことが、なかなか難しい人種がいます。

人種ってオーバーですね・・笑

算命学の星の質で言ってるんですけど、

もし、あなたやお子さんの星の中に

「貫索星」「調舒星」「司禄星」「牽牛星」のどれかがあったら、

なかなか本音を他人に話さない人かも知れません。

お子さんの星や自分の星を知りたい人は、 →(星はここから調べてね)
いつものように陽占というところをチェックしてみて下さい。

簡単に言うと・・・ホントに簡単に言うとですよ・・・

「貫索星」は頑固なので自分の意見をあまり外へは言わない。

「調舒星」は天の邪鬼で反抗心が強いので、本音は言いにくい。

「司禄星」は本当に信頼出来る人にしか本音は言わない。

「牽牛星」はプライドが高いので、自分の弱みなら本音は言わない。


まぁ、それぞれ特徴が違うんですけど、

特に中心星として君臨している星に、影響を強く受けます。

ちなみに、

僕は「貫索星」「司禄星」「牽牛星」の3つ、

娘のまる子は「調舒星」「司禄星」の2つを持ってます。

なるほど、僕は滅多なことでは本心は言いません。

逆に反対のことを言ったりします。

ということは、たぶん、

まる子もそうでしょう・・・

大変です、その裏側を読まなきゃならない。


ここ数日、算命学の星の話になってますので、

ちょっと難しいですかねぇ・・・

それでも懲りずに読んで下さった皆さん、ついでに応援もお願いしていいですか?

banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年08月27日 15:10 |

2008年08月26日

玉堂星があると頭が良い??


前回、ウチのまる子には

智力の才能「玉堂星」というものがあることをお話ししましたが、

この才能のことでよく質問されることは

『「玉堂星」があるということは頭が良いってこと?』

当たらずとも遠からず・・・ですね。
 
 
 

僕の経験上、玉堂星を持っている人は、頭の回転が速い。

たとえば、記憶力が良かったり、モノ覚えが早かったり・・・

そういう点では"頭が良い"と言えなくないですが・・・

この星を持っていたからと言って、

学校の成績が必ず良いということはないんですよ・・・

逆に中学ごろまでは成績が悪いことも多いようです。

なぜなら、

普通の人が出来ない問題が、わりと簡単に出来てしまったり、

ちょっと勉強するだけで成績がよくなったり・・

すると多くの子どもは、あまり真剣に勉強しなくなる・・・

するとコツコツ努力している子に、だんだん抜かれて行ってしまう・・

・・小学生ぐらいまでは努力が成績に影響しますからね。

あるいは、良いことも吸収するが悪いことも吸収してしまう・・

だから玉堂星があっても、成績が悪いと言う状況が生まれてしまうんです。
 
 
 

でも、高校以上の学校や、社会に出てから

この星を持っている人は理解力や吸収能力が高いんで、

専門的になればなるほど、他の人より知識が入って行きます。

あとは本人の努力次第・・・ってとこですか・・
 
 
 
ちなみに、この玉堂星と同じ質には龍高星という星もあります。

僕自信はこの玉堂星(龍高星も)は無いんですよ・・

でも、子どもの頃はそれなりに勉強が出来てまして、

だから、俺って天才・・・と大人になるまで思ってました。

でも大人になってから判るのは、

他の人より覚えが悪い、理解するまで時間がかかるんです。

それが全て玉堂星と龍高星が無いからと言う理由にはなりませんが、

算命学を学んで、

「あっ、俺ってホントはバカなんだ!!

そう思うようになりました。

だから人より努力しないといけないなと・・・自分に言い聞かせています。

それにくらべて、ウチのまる子は物覚え良いんですよ・・やっぱり・・
 
 
 
玉堂星または龍高星をもっている皆さん、

自分の頭脳を信頼するのはいいんですが、

うぬぼれて、怠慢してたらいけませんよ・・・

伸びるものも伸びなくなっちゃう・・・
 
 
 
お子さんの星や自分の星を知りたい人は、 →(星はここから調べてね)
陽占の中に「玉堂星」があったら、今日のことを参考にしてみて下さいね。
(龍高星も同じような意味を持っているので、龍高星を持っている人も参考にしてみて下さい。)
 

↓ 物覚えが良い人も悪い人も、クリックのご協力お願いします(苦笑)。

banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年08月26日 22:44 |

2008年08月25日

玉堂星の子には、本を読み聞かせる

 
ボクたち人間には様々な種類の才能を持って生まれて来ています。

このブログでも、たまに書いてますし、

親子未来塾サイトや夏見モンドさんのサイトでも掲載しています。

で、その才能を活かして子育てをするのが「運命学コーチングによる子育て」であり

その才能を伸ばす手伝いをするのが「運命学コーチングによる才能と適職判断」です。
 
 
 
たとえば、

ウチのまる子を算命学の陽占という技法で見てみると

「玉堂星」という「智恵を使い学びとる才能」というものが存在することがわかります。

この星を持っている子どもは、自ずから勉強好きになります。

だから、その勉強の機会を与えてあげればいいんですよ。

年齢に応じた・・ね。

皆さんもお子さんの星や自分の星を見て下さい。 →(星はここから調べてね)
陽占の中に「玉堂星」があったら、今日のことを参考にしてみて下さいね。
 
 
 
ウチのまる子は、まだ2才、

だけど本はたくさん読みます・・・

いや読むというより眺めるですね、まだ文字が読めないから。

でも親に何度も繰り返し読んで欲しいと訴えます。

かなり面倒ですけど(笑)繰り返し読んであげます。

テレビでも同じです。

今はDVDという重宝なモノがあるので

同じ番組や同じ歌を繰り返し再生します。

オモチャにしたって、そうです。

頭を使うオモチャを好みます。

パズルとか積み木とか・・
 
 
 
子どもは誰だって本が好きなのでは?

と思いの方も多いでしょう・・

問題は「本を見る」という行為がどういう質のものなのか?なんですよ。

単に遊びの道具としての本なのか、

綺麗なものや変わったものを感性で吸収しているのか、

何か好きなモノに興味を持って見ているのか?

まあ、大抵、子どもの頃は"どれも"なんでしょうけど、

この玉堂星のある子どもは

探究心が強いから、大人にはわからない何かを学びとろうとしています。

だから、どんな種類のものに興味を持つかハッキリするまで、

・・・小学校に上がる頃ぐらいでしょうか、

それまでは本を読む機会を与え続けて欲しいのです。

この玉堂星を持っている子どもには・・・
 
 
 

それって大人も同じですよ。

玉堂星を持っていたらたくさん知識を身につけることです。

大人になっても、なるべく本や情報誌を読むことですね・・
 

↓ 大人のあなたへクリックのお願いです(笑)。
banner_04.gif
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年08月25日 22:52 |

2008年08月24日

運命学コーチングを実践した子育て!?

 
このブログもスタートして1年半・・

何とか続いていますが、

先日、「ブログ・ランキング」なるサイトに登録いたしました。

特にランキングに興味はなかったのですが、

このサイトを通じて

少しでも多くの方に運命学コーチングが

子育てに有効だということ、

大人の心の育成や、才能発揮にも有効だということを知ってもらいたく、

登録してみました。(夏見モンドさんが登録しているサイトなので・・)

そんなことなので、ご協力ください、みなさん。
 
 
 
とは言っても、わたしのブログ、

あまり誉められたものではなくて、

更新もまばらですし、

何より、読んで下さるみなさんの意見を吸い上げていない。

今年になってコメントを入れられない設定にしてしまったので、

意見や質問、あるいはクレームに対してもその場でお答えできない。

一方的な書き物になってしまっています。

すいません、

でも、しばらくは今の形で書かせてください。
 
 


さて、

親子未来塾サイトのトップに、このブログの説明として

「当サイトの管理人による、運命学コーチングを実践した子育て奮闘記・・・」

と記述があります。

でも、実際にブログであまり紹介出来てないですよね。
 
 
 

夏見モンドさんとも何度となく話しているんですが、

ユーザーの方が、運命学コーチングを実際の子育てに直接役立てられるのは

子どもが親と意思の疎通ができる年齢、

あるいは子どもが言葉の意味をある程度理解出来る時期・・

それまでは運命学コーチングは難しいと思っていました。

子どもが1〜2才ぐらいの時にできるのは

親の心構えを作れることぐらいかなと・・
 
 
 
ただ、最近思うのは、

ウチのまる子が1才くらいのころから、

算命学で読み取れる本質や才能がチラチラ見え始めていましたので、

方法次第では生まれて間もない頃から

運命学コーチングを有効に使えるのではないか・・・

そういう意味でも、

前述した「・・運命学コーチングを実践した子育て・・」を

そろそろブロクで紹介しないといけないなと・・・

まる子を題材に少しずつですが、紹介して行きたい、

そんなことを改めて思う今日この頃です・・・

・・・次回からね・・・
 
 
 
このブログをご覧になって、

しょうがないなぁとご理解いただけましたら

↓ クリックお願いします。
banner_04.gif
 
 

夏が終わっちゃうから、

残っている花火は使ってしまわないと・・・

08.08.24_up.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2008年08月24日 15:37 |

2008年08月23日

まる子の"初めての花火大会"

 
わたしの住んでいる地域周辺では

8月に何カ所も花火大会が行われます。

毎年1カ所は観に行きます。

今夜はまる子の初の花火大会でした。

08.08.23_up.jpg
 
 
 
実は1才の夏だった昨年も一度は家を出たんですよ。

自宅から車で5分程度のところが会場なんで・・

ところがその5分で寝てしまって、

とうとう肝心の花火が見られなかった、まる子。

夜7時過ぎはやっぱり就寝時間ですからね・・
 
 
 
さて、今夜はあいにくの天気で

始まりの時間から小雨がちらついていましたが

まる子には関係ないようです。

「すご〜い!!」「きれい〜っ」を連発。

あげくの果てに

「おとうしゃん、座って!」

「見て〜っ」

と私の世話を焼くしまつ。
 
 
 
算命学でも言いますが

五感を鍛えるのが才能発揮にも大切なことなんです。

花火大会って五感を刺激するには良いものですね。

視覚で火花の美しさを感じ、

ドーン!!パチパチ・・・というすごい音で聴覚を刺激する、

そして屋外ですから風を肌が感じます。

屋台なんかが出ていたら、その美味しそうな臭いを鼻が・・・

今夜、まる子も何かを感じてくれたならいいなと思います。


banner_04.gif

↑ よろしければクリックお願いします。

投稿者: ラファエル 日時: 2008年08月23日 22:54 |

2008年08月22日

我が家で"怖い"は禁止用語?


親子未来塾サイトでも、このブログでも

人は環境に影響されるということを書いていますが、

子どもの頃って、特に強く影響されます。

たとえば、

今日TVのバラエティで

タレントさんが海釣りをする番組があったんですが、

大きな魚がヒットすると、その引きの強さに

「怖い! 怖い!」と連呼していたタレントさんがいました。

すると、ウチのまる子は、その"怖い"という言葉に反応してしまいます。

確かに、現場の大人は怖さを感じるのでしょうけど、

まる子のように2才ぐらい(4〜5才ぐらいでも)では

その意味もわからず"怖い"という言葉で

変な恐怖心が出てしまいます。

だから僕は、

「オジさんたちは魚を釣っているんだけど、

何も怖いことはないんだよ。

頑張れーっ・・」

などと"怖い"を打ち消します。
 
 

この"怖い"のように、どちらかというとマイナスに作用する言葉は

子どもが小さな時は、なるべく使わない方がいいと思います。
 
 

例えば家庭の中でも

極端にゴキブリが嫌いなお母さんがいたとして、

ゴキブリが出ただけで

「きゃーっ!!」「嫌ーっ!」

と大騒ぎする人がいますよね・・・けっこう・・・

そうすると、

子どももお母さんと同じように

必要以上にゴキブリに対して恐怖心を持ってしまいます。

だから、そういう時、大人は

慌てず、騒がず・・・

そういう対処の方がいいんですけど・・・
 
 
 

この"怖い"に対して"危ない"ということばは

ある程度教えておく必要はあると思います。

どんな場合でも危険回避ができるようにしてあげないと

子どもはホントに危ないことしますから・・・
 
 
 

先日、水泳の北島選手の話題で触れた「勝負脳」

これと一緒で、

子どもの時から

「出来る!!」とか「頑張る!!」とか

「すごい!!」「素晴らしい!!」「綺麗!!」「上手!!」「やったーっ!」なんていう

プラス思考の言葉を多く用いた方がいいんですよ。

"怖い"の言葉が多い家庭より

"すごい"の言葉が多く使われる家庭の方が

子どもの才能はプラスに作用するはずですから・・・
 
 
 
 

banner_04.gif

↑ よろしければクリックお願いします。
 
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年08月22日 22:41 |

2008年08月14日

大切なのは繰り返しの経験

 
オリンピックで日本選手が

連日好成績をあげて話題になっています。

今日は水泳の北島選手が2種目目の優勝です。

おめでとうござます。
 
 
 
「気合いだ〜っ!!」

何ごとにも気合いが大事だということは

これまで何回も話して来ました。

また様々なところでも言われています。

前回の日記でとりあげた"勝負脳"もそうです。

とはいっても、気合いだけで全て乗り越えられるというものではないことを

みなさん、よくわかってると思います。
 
 
 

では気合いの他に何が大切か?

やはりなんといっても努力の積み重ね

そして自信

その自信の裏付けは、繰り返しの経験にあります。
 
 

スポーツだけではなく

なんでもそうです。

仕事でも研究でも、繰り返し経験を積み重ねる、

繰り返し練習する。

それが自信につながって行くんです。

そして最後に「気合い」

オリンピックで結果を出す人達はみんな

積み重ねの努力をして来た人達ばかりです。
 
 
 

もちろん、天才的に何の苦労も無く結果を出す人も稀にいますが、

それだって一般人からは想像を超える努力をしているはずです。

まだまだオリンピックは途中ですが、

すべてのアスリート達に敬意を持って観戦したいと思います。
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年08月14日 11:17 |

2008年08月12日

勝負脳

 
水泳の北島選手がみごと世界新記録で金メダル獲得。

おめでとうございます。

北島選手については、いつか取り上げたいと思っていた話題がありまして

それは「勝負脳」という理論を身につけたこと。

これは脳科学の専門家の日大・林教授の展開する「必勝理論」だそうです。
 
 
 
簡単に言うと、

勝つためには気持ちの問題、

特にマイナス発想になる言葉はチカラが発揮出来ないと言うもの。

「こうしたらいけない・・」とか

「ひょっとすると・・」とか

「ダメだ・・」「辛い・・」等々

そういう考え方になると精神が萎縮して実力が発揮出来にくくなると・・

「自分は絶対に勝てる」というプラス思考が、

チカラを130%まで出して頑張れるということです。
 
 
 

これは、算命学でもまったく同じです。

「気」の問題ですね。

親子未来塾の「ラファエルの道しるべ」の

『「気」の重要性について・・』でも連載しました。
 
 
 

この「勝負脳」というのは

なにもスポーツだけに限ったことではありません。

仕事にも、恋愛にも、大きくは人生全体において通じる理論です。
 
 

あなたは、マイナス思考になりがちではありませんか?

「でも・・」「だって・・」「・・しょうがない」「無理だ・・」

なんてこともマイナス発想の一因で、

言葉に出すとさらに負荷がかかりますよ・・

そう思うだけで出せる結果も出せなくなるのが「気」の世界です。
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年08月12日 11:09 |

2008年08月06日

ギャグ漫画の天才作家〜赤塚不二夫さん

 
ギャグ漫画の天才作家

赤塚不二夫さんが先日お亡くなりになりましたね。

5年以上も意識の無いままだったそうですが・・
 
 
 
僕らは子どもの頃、彼のマンガやアニメに影響を受けた世代です。

実際はマンガを読むことは少なく、TVアニメで見ていたというのが正しいですけど。

「おそ松くん」「もーれつア太郎」「ひみつのアッコちゃん」「天才バカボン」

なんといっても主役を喰うサブ・キャラクターがスゴイ。

イヤミ、ちび太、ハタ坊、ニャロメ、ケムンパス、ベシ、でこっぱち、ココロのボス・・

バカボンのパパ、レレレのおじさん、ホンカンさん、ウナギイヌ・・等々・・・

よくノートに絵を書いて遊んでました。
 
 
 

「ギャグ」というのは

人を笑わせるための即興的な言動・・・なんだそうですが、

赤塚さんのマンガは、全体を通すと社会風刺の効いたものが多いです。

その中にも人情とか家族愛とか、そんなものもたっぷり含まれていた気がします。

 
 
 

赤塚不二夫さんの星を見てみると

やっぱりというか、

その特殊なまでの作風を生むには十分なほど

特殊性の強い人でした。

いずれ、夏見モンドさんと「才能と適職」のコーナーで解説してみたいと思います。

ただ、前回の日記で書いた松本清張さんとは正反対で

若い時代に一気に開花してしまったので

その後のいわゆる晩年は、マンガ家としては厳しかったと思います。
 
 
 

ギャグマンガに注ぎ込んだ感性を

やり方によっては晩年に違った形で発揮出来たのではないかなと思うんです。

タモリさんなどを世に出したように・・・

才能というのは、一つの仕事にだけ発揮されるというわけではありませんから。

ただ、一つのことに注ぎ込んで一生を終えるのは

ある意味、幸せなことなのかなとも思えます。

・・合掌

投稿者: ラファエル 日時: 2008年08月06日 22:40 |

2008年08月04日

40才で才能発揮/松本清張

 
今日、8月4日は

作家・松本清張さんの命日だそうです。

松本さんと言えば、

「砂の器」「点と線」「ゼロの焦点」「霧の旗」などの作品で知られる

推理小説界の巨匠ですね。

僕らの世代では

70年代後半に

角川文庫ブームの際に

横溝正史、森村誠一等といっしょに再び脚光を浴びてました。
 
 
 
驚くのは彼が小説を書くようになったのは

40才を過ぎてからなんですね・・

つまり人生の半分が過ぎてから、

人生の後半において才能を発揮し、

成功を修めるわけです。
 
 
 
だから、若い世代の人で

「何をしたらいいか判らない」といってる方々・・・

人生、まだまだコレからですよ。

実際、僕だって

独立したのは35才ですが、

算命学を仕事に選んだのは40才に手が届く頃で、

今ではそれが中心なんですからねぇ・・
 
 
 

夏見モンドさんにしても

40才を過ぎてから独立し

コーチになって本を書いている・・・

まぁ、ボクたちもコレからというところでしょうか・・・
 
 
 

ちなみに今日は夏見モンドさんの誕生日でもあります。

夏見さん、おめでとうございます。

きっと可愛いお子さん達に祝ってもらっているのでしょうね・・
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年08月04日 13:48 |

2008年07月29日

祭りのあと

 
祭りが終わった後の片付けは、やっぱり物悲しいですね・・・

まぁ、舞台裏というのは大抵そんなものですけど・・

翌日は夏バテかと思うくらいグッタリでした。

さて、私の地元も少子化問題は切迫して来ています。

先日の5才程度の子ども達が取る"花相撲"

近年、子どもの数が少なくなっているので、

参加する子どもも昔と比べて少ない。

だから、地元に住んでいなくても

地元から嫁いだ先の子どもでも参加がOKになっているくらいです。

それでも、足りないくらいで、

一昨日も1才のお子さんが花相撲とってました。
 
 
 
まる子と同じ2006年生まれの地元のお友達も、私が知るかぎりでは少なくて、

4年後の小学校に入学する時、

どれくらいの人数がいるのか?寂しいかぎりです。
 
 
 

昨今、子どもを作りにくい環境だと言われていますが、

子どもが出来ない夫婦もかなりいるんですよ、

その辺は国にあまり考慮されていないようです。

もっと遡れば、結婚出来ない人が多い・・

結婚しない人も多いけど・・

様々な点で考え直さなければいけない時代になりましたよ、日本も・・・
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年07月29日 14:55 |

2008年07月18日

引き際の美学

 
大リーガーの草分けとして長い間頑張っていた

野茂英雄投手が現役引退を表明されました。

なんといっても大リーグで

ノーヒット・ノーランを2度達成するという快挙を成し遂げた人ですから、

残念でもあるし、お疲れさまと言いたいですね。
 
 
 

人間というのは引き際が意外と大切だったりします。

華々しく絶頂時に惜しまれつつ引退する人、

最後まで現役にこだわってボロボロになりながら引退する人、

様々です。

どちらがいいか、大いに意見が分かれるところでしょう。
 
 
 
この引き際に失敗すると大きな痛手となります。

そのタイミングというのが本当に難しい・・・

算命学ではそのタイミングというのが判断出来るのですが、

なかなかそれを素直に受け入れられる人が少ないんです。

例えば、年収1億の社長さんが、

社長を退いて今年から年収1千万に下げなさいと言われて

"はいそうですか"と言える人が何人いるでしょうか?
 
 


芸能界やスポーツ界で現役を引退したり、路線を変えたりしながら

若年気から晩年まで長きにわたって活躍出来ている人は

この引き際を知らず知らず上手く乗り越えた人が多いようです。

40年も50年も運気の上昇にいる人というのはほとんどいません。

必ず下降の時代がある、

そんな時、引き際を上手く対処した人が、大きな痛手を受けず

次の時代が来るまで持ち堪えることが出来るんです。

上がった運気は必ず下がる。

どん底の運気は必ず上がる。

そう思っていた方がいいでしょうね。
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年07月18日 14:57 |

2008年06月29日

夢はみんなと同じことをしたい

 
僕の会社の創業時から支えてくれている

Sくんに聞いてみた。

あなたの夢は何でした?
 
 
 
「小学校時代はいつもそうなんですけど、

心臓に障害を持っていたので、人と同じ事をさせてもらえなかった。

特に運動関係でマラソンとか水泳はほとんどやらしてもらえず、

何時も見学させられているのを思い出します。

だからその時の「夢」というは

『体が治るものなら早く治って、みんなと同じ事をしたい』

というのが一番に有りました。
 
 

中学1年の時に心臓の手術をするかどうかで検査をしまして、

とりあえず手術をしなくても

無理をしなければ大丈夫という結果が出ましたので、

すぐに運動系の部活に入り、みんなと体を動かせた事が

一番の楽しみになったので、

そのころは特にこれと言って夢は持っていなかったような気がします」
 
 
 

彼の話しを聞いて

病気で苦労している人は全国にたくさんいると思いますが、

みんな似たような思いなんでしょうね・・

健康になってみんなと同じことがしたい・・・

切実だと思います。

そんな中でも、夢を追いかけている人はいるんですから

健康に恵まれているのに、夢を持てない人は

もったいないですよね・・・
 
 
 

さて、このSくん、高校卒業の頃はホテルマンになりたかったとか・・

そして某結婚式場に就職して

僕と会うわけですけど、

彼はその会社で数々の伝説を残します。

笑えるものもあるし、背筋が凍るものもありますが・・

次回はちょっと脱線して、彼のことを紹介したいとおもいます。
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年06月29日 22:23 |

2008年06月27日

夢は南国へ移住!?


ウチのデザイン部門のTくんに聞いてみた。

あなたの夢は何でした?

「小学校の頃の夢は、「商店経営」と書いたことを覚えています。

高校〜専門学校の頃は、プロゴルファーでした。

これは、かなり真剣に(その当時としては)考えました。

専門学校を卒業するとき、親に、もし就職できなかったら

ゴルフ場に就職して、プロゴルファーを目指していいか?

いや、目指す!と言っていました。

プロのツアーで、最終日、最終組、最終ホール、

1位で最終グリーンにやってきて、大声援の中、軽く手を上げて、歓声に応える。

これが夢でした。

最近の夢は、沖縄(南の島)へ移住することです。

50歳でリタイア、沖縄でのんびり暮らす。

結局、仕事はそんなに好きじゃないんですね。

でも、今現在、小学校の頃の商店経営にからむんだと思うけど、

居酒屋か、BARか、喫茶店をやってみたいです。(なんとなくですけど)」
 
 
 
彼の場合は商売の星ともいえる「鳳閣星」があります。

飲食業全般に向いています。

またこの星は「のんびり南の島で楽隠居!!」って星でもあるから

沖縄移住の夢も理解出来ます。

ゴルファー向きではないようですが・・・



学生時代っていうのは

スポーツ選手とか、芸能人とか、とにかく華やかなものに憧れるものです。

でも成人して社会の中で過ごしていると

やっぱり自分の持っている星が夢を見させるんですね。

彼とは仕事の仕方とか考え方が似ている(星が同じ)ので、

長く一緒にやれてます。

僕は、今後の彼の大成功に引き上げてもらおうと夢見てます(笑)

もう一人、20年のつきあいになるスタッフにも聞いてみました・・・

ただ、彼の話を聞いて、考えさせられちゃいました。・・・つづく

投稿者: ラファエル 日時: 2008年06月27日 16:31 |

2008年06月25日

夏見モンドさんの「夢」

 
夏見モンドさんに尋ねました、

あなたの夢は何でした?

「夢ですか?

小学生の時に、シナリオライターになりたいと何かに書いていたそうです。

私は覚えていないのですが、お袋がそう言っていました。

中学のときは、エッセイとか物書きが夢でした。

被差別部落の問題だとか、弱者救済が夢でもありましたね。

高校の時は、祖父母の介護をしていましたので、

医者になりたいと本気で思っていました。

実際、大学の医学部を受けましたからね(笑)。

成人後は、グラフィックデザイナーです。

夢ではなく実現しましたが、途中で挫折しました。

でも、商業デザイナーには向いていないと実感できて良かったです。

今から思うとどの世代でも、

持っている星が動いていたような気がします。

不思議ですね。

今後は、今までの夢を統合するのが目標です。」
 
 
 

夏見モンドさんの話を聞くと

玉堂星と調舒星で「シナリオライター」と「デザイナー」

玉堂星と禄存星で「医者」

そんな感じに受け取れます。

でも実際、今のコーチングの仕事は

子育てや人生の目標に向かった応援を、人の心のケアも含めて

本やブログやサイトを通して"読み物"として活動されているんですから、

そんなに昔の夢と違和感は無いですよね・・・僕よりは・・・


 
次にウチのスタッフにも聞いてみました・・つづく
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年06月25日 14:55 |

2008年06月24日

夢は先生か、はたまたマネージャー??


考古学者の夢をわずか12才であきらめた(笑)その後の僕は、

高校生時代に2つの漠然とした夢を持っていました。

一つは"学校の先生"になること。

当時の時代は

青春ドラマといえば学園モノ、

「飛び出せ青春」「われら青春」「ゆうひが丘の総理大臣」等々

学生と友達のような信頼関係を持つ熱血先生が人気でした。

その中でも、1978年に始まったドラマ「熱中時代」

水谷豊さん演じる北野先生に理想の教師像を見ていたのです。

ひょっとすると、ボクたちの世代では、そういう人が多かったんじゃないでしょうか?

結果として学校の先生にはなりませんでしたけど、

今、セミナー等で先生風の感覚を味わっています(苦笑)

これを算命学的に見るなら

「牽牛星」というプライドの星により

当時の"先生"という社会の中の尊敬される地位に

憧れていたのかもしれません。公務員だし(笑)

また「人を育てる・人財を作る」という僕の本質が

そう考えさせていたのかもしれません。
 
 
 
 
さて、もう一つというのが・・・

あまり公にしていませんが、

大ファンだった歌手・西城秀樹さんの"マネージャー"になることでした。

実際、大学3年の時に事務所の面接を受けて

内定をもらってました。

「ちゃんと卒業して来い」と・・・

ただ、今ならわかるんですが、

その時、僕は天中殺の最中だったんです。

結果的に縁がつながりませんでした。

もちろん、僕が自ら行かなかったというのが事実なんですけどネ。

その後、地元の病院に父のコネで入って以降、

自分の環境を全うするあまり、転職を繰り返し、

夢や希望は持たなくなりました・・・

35才になるまでは・・・・
 
 
 

あなたの夢は何ですか?

この質問を夏見モンドさんにもしてみました。

・・・・つづく

*************************************************
まる子の夢は?

そんなもの、まだ無いと思いますが、

昨日、保育園から帰って来ると

突然、「ピアノ、ピアノ・・」と言い出しまして

ピアノを弾かせろと・・・

すると、弾き語りで「カエルの合唱」「チューリップ」を熱唱!!

アンコールは再び「カエルの合唱」を・・・

6.24up.jpg

その時の写真です。

何を思ってやり出したのか????

鍵盤前には楽譜ならぬ"スケッチ・ノート"が・・・

将来はピアニストか???

投稿者: ラファエル 日時: 2008年06月24日 14:39 |

2008年06月22日

夢は考古学者

 
さて、夢の話の続きですが・・

小学校低学年の当時、

僕の夢は地球防衛軍に入ること

(科学特捜隊、ウルトラ警備隊、SRI、マイティジャック・・知る人ぞ知る)

もしくは、高木ブーと交代でザ・ドリフターズに入ること。(ブーさん、ごめんなさい)

当時の僕はヒーローとドリフターズをこよなく愛する少年でした。

子どもなら誰でも通るものだと思うんですけどね・・・
 
 
 
やがて高学年になってくると

考古学に興味を持つようになって、

将来は恐竜の化石等を発掘する仕事、

いわゆる考古学者になりたいと思うようになりました。

これが最初の"夢"と言えるものでしょうね・・・

クラスの研究発表でも

「ムー大陸」とか「アトランテス大陸」とか、

縄文時代や弥生時代なんかを調べてました。
 
 
 
ところが、親に言われた一言・・・

「考古学では、なかなかお金は儲からないよ」

やっぱり貧乏はいやだな・・・と

当時の我が家は結構貧乏でしたからね・・

なんとも現実的というか、夢が無い話ですよ(苦笑)

それで考古学者の夢はあきらめました(笑)

さらに・・・つづきます。
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年06月22日 16:36 |

2008年06月21日

あなたの夢は何ですか?

最近、なんですねぇ・・・

夢を持てない人が多いと言うか、

世の中、先が見えない不安なんですかねぇ・・・

特に若い人に、そんな風な印象があります。

天職セミナーを開くと、

一所懸命未来を切り開こうとしている若い人達が来てくれて

それが救いではあるんですがね・・・・・

前回話題にしたマチャアキのドラマ「無理な恋愛」で

夢と現実のギャップに落ち込む主人公の女性に

マチャアキが言うんです。

「理想や夢というのは、思い浮かべて楽しい気持ちになるもので、

         落ち込むためにあるんじゃない・・・」

 
 
こんな時代だからこそ、

自分たちも夢を見る大切さを知りましょうよ・・・


あなたの夢は何ですか?

子どもの頃見た夢は?

僕もありましたよ、夢はいっぱい!!

*********************************************
今日のまる子

3〜4日落ち着いていたんですが、

またまた夜中に発熱で40度近く・・

病院行ったら

「プール熱かもしれないから検査しましょう」って

結果、プール熱ではなくてよかったんですけど・・・

早くよくなってくれないかなぁ・・・

6.21up.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2008年06月21日 23:11 |

2008年06月18日

堺正章さんのドラマ「無理な恋愛」より

 
堺正章さん主演のドラマで「無理な恋愛」

もう終了してしまったんですが・・・

なかなか前向きなストーリーで

最近のドラマの中でもあまり複雑ではなく

シンプルで疲れず観られるドラマでした。
 
 


主人公は60才を迎えたレコード会社の役員、

一般的には成功を手に入れていましたが

なんとなく気力が萎えて来ていた・・・

そんな時に20才以上若い女性と知り合い恋をする・・・

そして生き方をリセットするというようなストリーです、大雑把には・・
 
 
 

その主人公が最後にこう言います。

「・・・60才には60才の楽しみがある・・・

歳をとることを怖がってはいけない・・・」
 
 
 
実は私どもが展開する携帯サイトの会員で

60才以上の方が全体の2%ほどいらっしゃいます。

相談の募集でも、第二の人生をどう過ごすのがベストなのか?

それを知りたいと言う人もいるようです。

確かに運気や健康は年代によって変わります。

でも持って生まれた才能はなくなりませんし、

経験や人脈やスキルは

歳を重ねるごとに増えて行きます。

決して若い人に負けるということはないと思います。

問題は"気力"を持って"夢"を追えるか?・・・・ってことではないでしょうか?

あなたの将来・・特に60才を過ぎたあとの夢は何ですか?

仕事で一生現役という人は幸せですよね・・・

僕は、表向き茶店のマスターで、裏の顔は算命学の使い手・・・

そんなのがいいかな(笑)
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年06月18日 15:54 |

2008年06月11日

あなたはツキを呼び込めますか?

 
最近、耳を疑うような事件や災害が多いですよね・・

災害はともかく、

事件を起こす人は、卑屈になったりマイナス思考だったり、

供述などでそれがハッキリわかります。

みなさんも

「私は運が悪い」「ツキが無い・・」そう思っていませんか?

夏見モンドさんによれば

"イヤなことが起こっても、プラスに考えられた瞬間"

それがツキの一つなんだそうです。

困ったことが起こっても、

「なんとかなる」

「この困った状況を何かに活かそう」

そう思うことがツキを落とさない方法なんだそうです。

早い話が気持ちの持ちようってことなんですよね・・・
 
 

これは算命学もほとんど同じです。

いま、「ラファエルの道しるべ」というコーナーで

そんな「気」の重要性を書いてます。

ぜひ皆さんに読んでもらいたいです。

投稿者: ラファエル 日時: 2008年06月11日 17:28 |

2008年05月28日

自殺は絶対にダメ!!です

 
あまりブログのテーマとしては取り上げたくない内容ですが、

全国での自殺者数が10年連続で3万人を超えたという記事を読みました。

WHO調べでは日本の自殺率が

先進国ではロシアに次いで2位、

世界の中でも9位なんですと・・・

最近も硫化水素での自殺が連続したり、

一昨日も人気女子アナウンサーの自殺が報じられたばかりです。

自殺がなぜダメなのかは

「死について考える4」のタイトルで書かせていただきましたが、

なぜ、人は自殺に走るのか?
 
 

その理由の一つは運気の変わり目であったり、"気"の片寄りがキツかったり、

そういう精神的に不安定な時期にいるということがあります。
 
 

そしてもう一つ、

その人がいる環境や仕事に、才能・質が合っていないこと・・・
 
 

その仕事に自分の質が合っていない人でも、普通は努力をして頑張ります。

その結果、無理をしたり、

努力がなかなか報われなかったり、

環境に疑問を持ったりしてしまいます。

もちろん、そうだといって自殺という選択をすることは、めったにあるものではない。

複合的に条件が揃ってしまう時が危ないんです。

夢や理想に向かい、目標を持って生きている人は

なかなかそういう状況にはならないと思います。
 
 


死にたいと思っている人には、まず自分の良さが何なのか?

それはどんなところで発揮出来るのか?

それを真剣に見つめ直してもらいたいものです。

自分の"良さ"も、発揮する"場所"も

必ずありますから・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2008年05月28日 22:36 |

2008年05月26日

選挙コーディネーター

 
SMAPの木村拓哉さんが政治家を演じる

「CHANGE」というドラマが放送されています。

その中で阿部寛さん演じる"選挙コーディネーター"なる人物が登場しますが、

実際にこういう人は結構いるんですよね。

僕の知人にもいます。

ホントのことを言うと、僕も似たようなことを何度かやったことがあります(笑)

ボクの場合はコーディネーターというよりも

その人に依頼されて選挙に勝つための政策や、活動の手法を担当しました。
 
 
 
でも、ドラマと同様に、こういう人達って

選挙戦の最中に大体の票数を読み当てるんですよね・・

あれはスゴイです。

ドラマの阿部ちゃんはプロとして専念してましたが、

僕の知人は、本業?がスポーツ店の経営者。

でもその別の顔は"選挙コーディネーター"

世の中にはいろんな仕事があるもんですよね。

投稿者: ラファエル 日時: 2008年05月26日 15:22 |

2008年05月11日

まる子の参観日/運気が変わるとき

 
まる子が保育園に通い出してから半年が経ちます。

この半年でだいぶ成長していますが、

実際に保育園でどんな風に過ごしているかは

先生の話でしかわかりませんでした。
 
 

先日、はじめての参観日で保育状況を見学して来ましたが、

ウチの娘はマイペースに遊んでます。

まぁ、親が傍で見ているんですから、

普段とはまた違うんでしょうけど・・

先生の話だと、最近ようやく他の子とも接触するようになったんだそうです。

それまでは自分の世界でおとなしく過ごしていたようですけど・・
 
 
5.11.jpg

算命学では"大運"という概念・理論があって、

誰でも10年刻みで運気が変わるんです。

運気が変われば感じ方や考え方、場合によっては好みまで変わります。
 
 

それが何才から始まるかは人によって違うんですけど・・

ウチのまる子は"2才運"といいまして、

2才、12才、22才、32才・・・と10年ごとに運気が変わります。

今がちょうどその変換期・・・

というか、まる子の場合は最初の運気が動く時になります。

この運気が変わる時期、ボクたちは接運期といいますけど、

こういう時期って精神的に不安定になるものなのだそうです。

大人も子どもみんなそうなんです。

運気の変わり目は誰でも不安定になる・・・

だからなのか、ウチの娘も最近ちょっと安定感が無いですね・・
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年05月11日 11:41 |

2008年04月28日

人間性を磨く長期休暇の過ごし方 3

 
今年も大型連休の時期になりました。

どうも今年の暦では長期連休になりにくいようですね。

我が家では特にどこへ行くという計画もありませんが、

まる子とお母さんは、おじいちゃんとおばあちゃんに会いに行くようです。
 
 
 
さて、まる子は2才ですし話が出来ませんが、

ある程度お子さんが大きくて連休中にどこかへ遊びに行く計画がある方へ

子どもの人間性を磨く過ごし方を、また少しだけお話しします。
 
 

それは目的地のことを事前に調べさせることです。

観光地といわれるところであれば、

何かしら歴史的に有名な話や、名物があるものです。

それを調べさせて、何かを想像させてから現地へ連れて行ってあげてください。

また、その知識や情報を確認出来るような過ごし方(観光)ができるといいでしょう。

 
 
行き先が動物園や水族館、博物館やテーマパーク等なら

その場所で見ることが出来るものの予備知識を入れてあげる、

そして現地でそれについての感想を聞くんです。

想像と現物の違いがどうだったか・・・

「知恵の時代」の今だからこそ、

そんな過ごし方が、特にいいと思いますよ・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2008年04月28日 12:03 |

2008年04月24日

病気は役割


算命学の携帯サイトで、

ユーザーからの悩み相談を毎月抽選で数名鑑定しています。

昨年でしたか、無料鑑定のキャンペーンをやった際、

1000通を超える応募があったので、

なんとかその声に答えたいと始めたものです。

その1000通の中には病気で悩んでいる人がかなりいらっしゃったそうです。

で、今、そういう方たちへの清水南穂のメッセージを編集しています。

そのメッセージは近日ご覧いただこうと思っていますが、

清水先生いわく・・

「病気はその人の役割である」

特に重篤な方、障害と言われるような病気を持って苦しんでいる人や

命に関わる病気と闘っている人へのメッセージになっていますが、

病気になったこと・・症状や苦しさ、なぜ発症したのか、

あるいはその病気に関わる情報などを

周囲の人、特に身内に伝えることこそが役目なんだそうです。

そして、その役目・役割を全うするためには

自分の病気を理解し受け入れて、心の悟りを得ることらしいです。
 
 
 
実際、当人にとっては辛いことでしょう。

痛みがある人には苦しい毎日でしょう。

死への恐怖を感じている人もいるでしょう。

でも、その役目を理解した時

人は病気から来る心のゆがみに勝てるんだと清水先生は言ってます。

なかなか解るようで難しい話ですけどね。
 
 

詳しくは後日「親子未来塾」サイトで・・

投稿者: ラファエル 日時: 2008年04月24日 15:26 |

2008年04月16日

羞恥心

 
今、"羞恥心"という、

おバカ・キャラの三人の俳優ユニットが歌う曲が大ヒットしています。

彼らだけでなく、芸能界にはおバカ・キャラがブームなようですが、

でも、なぜ今、おバカ・キャラなのか?
 
 

時代の流れには一つの特徴があります。

今まで何度も話して来ましたが、

2007年からは「知性」の時代です。

だから知性がテーマとなるものが流行るわけです。

テレビ番組ならクイズ番組や雑学番組です。

ゲームでもDSのようなタイプが売れています。

でも、世の中は一つの片寄った流れだけではないんです。

必ず"陰"と"陽"、"プラス"と"マイナス"の関係が成り立ちます。

例えば・・

1997〜2006年は破壊の時代でした。

だから格闘技や破壊がテーマとなるものが流行りました。

その一方で対極にある"癒し"がブームになったんです。
 
 

で、今は"知的さ"が陽、

だから対極の陰である"おバカ"もクローズアップされてブームにもなるわけです。

でもヒットしている"羞恥心"という曲は

曲自体がとても良いですよね・・

ヒットする気配がありましたもの・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2008年04月16日 14:26 |

2008年04月11日

自分の強みって何? 3


先日ドキュメント番組で

北海道の牧場で働く12人の女性を紹介していました。

そこは、日本で唯一、「無殺菌」の牛乳を販売する会社でもありました。

搾りたてのまま瓶詰めする生乳。
 
 

私たちがいつも手にする大手の牛乳は加熱殺菌処理されたものなんだそうです。

搾りたての乳に雑菌が混ざっているので、加熱殺菌しなければならないようです。

この牧場「想いやりファーム」では

管理やエサや寝床など手間をかけて

無菌状態の乳を出す牛を育てるんだそうです。

それが出来るのが、この牧場一カ所という・・・唯一ここだけ!!

すごいことですよね・・・
 
 

ただし、その分コストがかかるんです・・やっぱり。

700mlで1000円ぐらいしてました。

でも味は他の牛乳とは全く違うそうです。

昨今の偽装問題や農薬問題を考えれば

時代の流れなのかもしれません。
 
 

この牧場の強みが"無殺菌牛乳"

でも、現実は、強みがあるからと言って

そう簡単には行かないわけです。

コストが高いから価格が高い、

また手間がかかるから生産性が悪い

この牧場の経営も大変らしいです。
 
 

自分の強みを知ることは大切。

強みがあるのと無いのとでは、雲泥の差です。

ただ、その強みをどう活かすか?

ボランティアならともかく、ビジネスということになれば

当面、その問題が付いて回ります。

投稿者: ラファエル 日時: 2008年04月11日 14:48 |

2008年04月08日

入社した年が天中殺だったら・・?


毎年たくさんの若者が学業を終えて就職します。

社会人1年生ですね・・

でもその中の1/6・・6人にひとりの割合で天中殺での就職となります。

何度も書きますが、天中殺って必ず悪いことが起きると言うものではありません。

ただ、新しくスタートさせること、特に損得に関わることは

思ったように進まないと言うのが特徴です。
 
 
 

天中殺での就職の特徴として多く現れるのは、

仕事が上手くいかないとか、思っていた仕事ではなかったとか、

上司に恵まれないとか、仕事に意欲が湧かないとか・・

特に私欲が入るとダメですね・・

上手くやろうとか、結果を出そうと頑張ると裏目裏目になってしまうことが多いです。

 
 

天中殺での就職の場合、

出世やベースアップは考えず

ただひたすら会社のために尽くす・・・

それが出来れば問題はないのですが、

そう思って仕事をする人ってそうはいませんから・・・

だから自分が思っていたようにはならないので、

結果的にその会社を退社してしまうということになってしまいます。

でもそれも人生経験と思って次へのステップにしてもらいたいですね。
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年04月08日 13:51 |

2008年04月06日

入学する年が天中殺だったら・・?


いよいよ4月もスタート

この春から新しいスタートをする人も大勢います。

入学・就職シーズンですね・・・

まる子の保育園も入園式です。

ウチのまる子は昨年末に入園して継続なんで

入園式というのはありませんけどね・・・

私ごとですが、

姪の一人が小学校に、もう一人は中学校に入学します。

ウチの隣のSさんのお嬢さんは大学へ行きます。
 
 
 
よく聞かれるのは

「進学の年が天中殺だけど大丈夫か?」ということ

単純計算で、この春、学校に入学する人の6人にひとりは

天中殺(子丑)に該当することになります。

はっきりいいまして中学校までは何の問題も出ないと思います。

高校、大学ということになりますと、

ちょっと気分が乗らないとか、

学校自体が気に入らないということもあるかもしれません。

でも、就職に比べればかわいいものです。

欲を出さず、ひたすら黙々と勉学に励む分は問題は出ないはずです。

問題なのは、この春、就職する人で今年天中殺の人です。

やっぱり6人にひとりは該当する計算になります。

つづく・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2008年04月06日 15:53 |

2008年03月21日

人間性を磨く長期休暇の過ごし方 2


人間性を高めるために、子どものうちに心を養ってもらいたい

特に春休みや夏休みといった長期休暇の際に出来ることを紹介する第2回目。

もうすでに春休みに入っているお子さんもいらっしゃるでしょう。

そして春の彼岸の最中です。

お彼岸の墓参りは日本の古くからの行事ですから、

お盆と併せて多くの方が墓参り・先祖供養をされるでしょう。

それが子どもの心を育てる方法の一つでもあるんです。
 
 

でもただ墓参りするのではなく、先祖や家系というものを意識させる墓参りにすること。

そして、お彼岸行事という風習に触れさせることが大切です。

これは、宗教的な行事というわけではなく、その時期だからこそ味わえる雰囲気

気温や風や花や食べ物、たとえば梅の花や桃の花、等々、

春の彼岸の季節だからこそ味わえる昔ながらの空気を

子どもたちの五感全てで感じさせてほしいのです。
 
 

その繰り返しが情緒を豊かなものにし

大人になってからの強い心になっていくんです。

もちろん、先祖の恩恵も受けられます。

だから、お父さん、お母さんが知るかぎりで

先祖の皆さんのことを話聞かせてあげてほしいのです。
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年03月21日 12:15 |

2008年03月10日

自分の強みって何? 2


僕が、株式会社タイトーさんに依頼を受けて

算命学の有料Webサイトを立ち上げてから7年、

携帯サイトも5年が経ちます。

当初、占いサイトって恋愛ものばかりでした。

もちろん、タイトーさんからはその路線での依頼だったんですけど

恋愛だけに突出しないで人生鑑定という広い枠にこだわって作りました。

それが算命学の強みだと思ったからですが・・・

当初携帯サイト内の「占い」メニューは20タイトルぐらいでした・・

ところが今では有象無象、

「何それ?」っていうサイトだらけ、200以上ありますか・・・。

もう、こうなってくると競争なんてものではなくなりますね。

聞くところによると、3〜6ヶ月持てばいい、

また別のタイトルで作り直すっていう感じらしいです。

私たちの「算命学」サイトがずっと会員数を維持しているのは

やはり恋愛だけではなく、本格的な人生鑑定を当初から

売りにしていたからなのかもしれません。

あまり、他には無いサイトだったから・・

これって、やっぱり強みを活かしたということになるんでしょうね・・

ただね・・・

やっぱり恋愛占いで遊びたい若い世代には

受けが悪いんですよ、算命学・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2008年03月10日 14:44 |

2008年03月07日

自分の強みって何?

昨日、都内で打ち合せがあり、

その待ち時間に立ち寄ったビルの1階にある小さな喫茶店。

午後の2時頃だったのであまり客はいなかったんですが、

ちょっとアンティークで可愛らしい雰囲気のお店で

店内には今時めずらしい(そうでもないのかな?)ジャズの音楽が・・
 
 

それよりビックリしたのは、持っていたノートパソコンを開くと

無線LANでインターネットにつながったこと。

そんなネット環境には全く関係なさそうな店の雰囲気だったので

思わず店の方に聞いてしまいました。

「無線LANがつながるのは、お店でそうしてるんですか?」

店の方「このビル自体がそうみたいです」

そんなに大きなビルじゃないんですよ・・

都内って今は何処もこんな環境?

そんなワケけないと思うけど・・・

帰り際に「よかったらまたよって下さい」

ドリンクの料金はちょっと高めだったけど

次も寄って見ようかなと思う店でした。
 
 
 

今のご時世、お店の特徴、何が強みなのかが

ハッキリしないと生き残れない時代です。

無線LANごときで客が呼べるとは僕も思いませんが、

でも僕みたいな客は次も来るんじゃないでしょうか?

僕の従弟でマンガ喫茶をやってたのがいるんですけど、

やっぱりマンガが好きな人はそこへ行きますよね・・・

お金がない学生なんかは、飲食物の料金が安いファスト・フードへいくでしょ?

それと同じで、どんな商売もそれを求めている人が来るかどうかなんですよね。

それがお店の強み・・・自分の強みってことです。

どんな特徴を出すのか?誰をターゲットにするのか?

問題はそれに時代背景と環境が左右すると言うポイントを外さないことです。

・・・つづく

ひさびさに・・最近のまる子・・

もう、やんちゃで困ります。

部屋中、オモチャが散らかっています。

3.7up.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2008年03月07日 15:17 |

2008年03月05日

人間性を磨く長期休暇の過ごし方 1


先日、夏見モンドさんのコーチング教材の取材に協力したとき、

子どもの育て方の話題になりました。

その中で、人間性を磨く方法について聞かれました。

大人になってからは、実際問題なかなか人間性を高めるのは難しい、

だからこそ、子どものうちに養ってもらいたいものがあるということを話しました。

特に春休みや夏休みといった長期休暇の際に出来ることがあるんです。

もうすぐ、春休み。

その方法のいくつかを書いてみたいと思います。

問題は何をするかではなくて、どうやって過ごすかなんです。
 
 
 
まず、生活の中では

休み期間中の約束事を決めさせて実行させる、

ルールを守らせることです。

そして、役割分担を持たせて家事を手伝わせることです。
 
 
 

そこで大切になるのは、ルールを守ればご褒美を、

守れなければ罰則を与えること。

ポイントはとにかく"約束を守らせる"ことで、それが最大の目的です。

子どもの年齢に合った内容にすることは当然ですが・・
 
 
「約束を守る」

この習慣というか生き方は子どもの時に養わないと

何ごとにもルーズな大人になってしまいます。
 
 

近年、この方法で一番問題になるのは

子どもに課した約束を、親が守れないことです。

親が守らないことを子どもが守るわけがありません。

そんな情け無い大人が増えているということです。

子どもにしつけをするなら、大人もマナーを守る必要があります。

投稿者: ラファエル 日時: 2008年03月05日 12:48 |

2008年01月23日

絶食の日をつくろう

 
清水先生から知り合いの漢方の先生が言ってたという話をききました。

現代人は全体的に食べ過ぎているんだそうです。

カロリーを摂り過ぎているということですね・・・

だから、その先生は週に1日、絶食しているそうです。

ただし水分だけは摂るそうですが・・・

それで胃袋などの内蔵を休ませて体を調整するんだそうです。

 
 

なるほどなと思いました。

僕もやってみようかな・・・

すると清水先生は

「最初から絶食しないで、一食は摂った方がいいよ・・年なんだから(笑)」

無理はするなってことですね・・・

どんなに良い方法でも無理をしたら逆に体を壊すってことです。

ダイエットなんかが一番いい例でしょうね。

やり過ぎや無理のし過ぎが危険なんですよね・・・

 
 
ウチのまる子も少しは食べる量を減らさないと・・・

ハッキリ言って食べ過ぎです。

「もっとくれ」と要求してきます。

これを我慢させるのがたいへんでして・・・苦笑・・・

誰に似たのかな???

1.23up.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月23日 15:32 |

2008年01月21日

清水南穂語録


先日、今年最初の清水南穂宅におじゃましました。

仕事の打ち合せや報告もかねての訪問ですが、

毎回、人生の勉強会になってしまいます。
 
 

算命学の技術的な話から、

人間としての生き方、考え方まで

幅広い話をしてくれます。

最近は、夏見モンドさんと一緒にうかがうことが多くなりました。

毎回毎回、気付きをもらえます。

その話の端々に、運命学コーチングの核になるような言葉が出て来ます。

今度、親子未来塾サイトに

「清水南穂語録」のコーナーでも作ろうかなと思ったりして。

 
 

たとえば・・

「社長になるなら趣味を持て!!」

趣味を持つくらいの遊び心がないと

社長として大きくはなれない、

趣味の一つも持てない社長は大物になれないということです。


とにかく今年も清水南穂からは勉強させていただきますので

よろしくお願いいたしま〜す。

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月21日 12:31 |

2008年01月16日

成人式と元服 2


イジメや登校拒否、引きこもりに非行・・

こういったもののポイントも15才なんです。

清水先生いわく

「15才までなら、軌道修正はできるけど

15才を過ぎてしまうと、なかなか軌道修正は難しい・・」

それは15才で成人になって性質が固まってしまうからのようです。

ましてや、大人になってからの生き方や考え方の修正はかなり困難。

本人にその気がなければ無理です。
 
 

でも、逆に言えば、本人にその気があれば、

大人になっても軌道修正は出来るということで、

それが「運命は変えられる」というものです。
 
 
 

子どもの相談に親が訪ねてくることが多いのですが、

大抵は15才以上、高校生になってからです。

そういう場合も、本人に会って、

自分を変える気があれば、軌道修正はできるんです。

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月16日 14:42 |

2008年01月15日

成人式と元服

 
ボクたちにとって、成人式と言えば

毎年1月15日ですよね。

それが最近は何日になっているかカレンダーを見ないと分らないと言う

なんとも情緒がなくなった祝日です。
 
 

でももっと昔は・・

平安時代から江戸時代までは

成人と言えば「元服(げんぷく)」

15才の儀式です。

これも算命学のベースになっている陰陽五行から成り立ったようです。

「三つ子の魂、百まで・・」と言うように

3才までは人間にはなっていないんですね・・精神は・・・

3才からが初めて人間としての成長なんです。

(「天地人三歳論」をぜひお読みください)
 
 

で、3才から"十二支"を一回りすることで

本来の人間の「気」を授かると言うことです。

3+12=15

だから15才が成人だという考え方です。
 
 
 

僕の個人的な考え方ですが、

中学を卒業したらもう大人・・

あらゆる責任を持つべきです。

またそう出来るような人間教育を

中学までに行なうべきなんです。

仕事は別ですよ・・・

あくまで人間としての教育です。
 
 
今年、成人を迎えられた皆さん、

そのご家族のみなさん、

おめでとうございます。
 

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月15日 14:36 |

2008年01月12日

我慢強い人 2

 
前回、「貫索星」という星があると我慢強いとお話ししました。

僕もあります、貫索星。

この星って我慢強いのはもちろんですが、

とっても頑固でもあります。

なかなか新しい事にスグには順応出来ないんですよね・・・

子どもの頃は、我慢強いことが裏目に出ることも多々ありました。

嫌な事もイヤと言わない・・・

欲しいものも欲しいと言わない・・・

自分の中でグッと我慢しちゃうんですね・・

 
 

算命学ではこの星がある子どもには「自我」を出させることが大切だと言ってます。。

周囲に対して意思表示をすることで、

これが出来なくては、人とのコミュニケーションは取りにくくなりますから。

自我が極端に出るとわがままな人間になりそうな気がしますが、

大人になるにしたがって理性が自我をコントロール出来るようになりますから、

ある程度の自我の発散は必要になるんです。

多少意見の違いで友達とケンカをするくらいでちょうど良いみたい。
 
 

この星を持った大人で、とても頑固一徹、人の意見も聞かないような人が結構います。

それは忍耐力とか頑固さがそのまま強くなってしまった人です。

大人になっても自我をコントロール出来ない人だということですね・・・

僕は、適度に頑固です(笑)

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月12日 17:05 |

2008年01月11日

我慢強い人

 
あなたは自分が我慢強いタイプなのか、そうじゃないのか、

どう思っていますか?

ウチのまる子は、昨年まで保育園に到着すると

泣き出してしまっていましたが、

今年になってからは、笑顔こそありませんが、泣きはしていませんでした。

「我慢しているんじゃない?」と言っている人もいたんですが、

僕からは、そんな風にも見えなかった。
 
 
 
でも、今日、朝、いつものように保育園について

先生にご挨拶したまではよかったんですが、

ちよっと、先生と連絡事項の話でまる子から目を反らして

気を緩めていたら

泣き出してしまいました。

その時、思いました。

まる子は最近、必死になって我慢していたんじゃないかと・・・

まさか、親に心配かけまいとしていたのではないと思いますが、

自分なりに頑張っていたのでしょう。

子どもも、子どもなりに我慢しているんだから、

大人はちょっとしたことなら我慢しないと恥ずかしいですね。
 
 
 

試しに当サイトの星割り出しソフト

あなたの星を見てみてください。

「陽占」と言う中に「貫索星」「司禄星」という星があったら

あなたは我慢強いということになります。

特に中心にその星があればなおさらです。

もしその星があるのに我慢強くないと思ったら、

心の鍛え方が足りない可能性がありますよ。

ウチのまる子は司禄星を持っているんですよね。

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月11日 15:32 |

2008年01月07日

ボクたちの仕事始め。

 
今日から我が社でも仕事始めです。

といっても、僕個人は3日から仕事やってます。

データ作りが間に合わない!!

日中はまる子と遊び、夜中に仕事という、しんどい日々を送っています。

そのまる子も今日から保育園、再スタートです。

登園時に大泣きしていたそうです。
 
 
 

さて、昨年、およそ9ヶ月にわたって、このブログも書いてまいりました。

まだまだ中途半端な内容ですが、

今年はもう少し突っ込んで運命学コーチングの領域の話を書いて行きたいと思います。

もちろん、まる子の成長記も併せて書いて行きたいです。

 
 

で、今年の僕のポイントは

1、健康に注意すること。

今年は健康的に良くない年なので、できれば身体を鍛えて行きたいです。

2、どんなに周囲から掻き回されても動じないこと

今年は様々な仕事の依頼があったり、人から動かされたりしそうなので、

自分自身も動きたくてしょうがなくなるようですが、

そこをグッと堪えて、冷静に対処する・・・・これが一番難しそうです。

3、今の仕事(サイトやブログも)をもっと掘り下げて行くこと。

新しい事を始めるよりも、今やっていることを充実させた方が良さそうなんで

メニューなども吟味して行きたいと思います。

4、あまり力を入れずに仕事をすること。

清水先生には

「ホントは仕事しない方が良いんだよ!」

と言われてますが、生活がかかっていますから、そういうワケにも行かず、

僕自身も仕事が趣味みたいなところがあるから

「やるな」「遊べ」と言われても・・・難しい!!

でもそのくらい肩の力を抜いて、欲を出さずに生きろということなんです。


といったところでしょうか・・・

もちろん、これらは算命学から見たポイントです。

さてさて、どこまで実行出来ますやら・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2008年01月07日 14:11 | | コメント (0)

2007年12月10日

携帯サイトの運命学コーチング

 
私どもが運営しております算命学の携帯サイト

「算命学占星術」の中で

「運命学コーチング」のコーナーを設けました。

まだメニュー数は少ないのですが、

鑑定と読み物の混在したメニューです。

毎月少しずつ数も増えて行くと思います。

当初、「親子未来塾」というタイトルで作ろうと思っていたのですが、

"親子"という文字が親子関係のメニューだけという誤解を生みそうだったので

運命学コーチングに変更したんです。

もちろん、内容は親子も含めた人間関係の問題や

才能や適職、人間形成など、幅広く対応して行く予定です。

また、夏見モンドさんには毎月(予定です・笑)

コーチング技術を使った読み物を書いていただこうと思っています。

どちらかと言えばセルフ・コーチングに近いんですけど・・

そして僕もラファエルという名で

清水先生のメッセージを伝える役を果たそうかなと思っています。
 
 

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 
 

ウチのまる子、週末から風邪ひきです。

夕べなんか39度後半の発熱で、大変困りました。

保育園も4日行っただけで

お休みすることになってしまいましたし。

でも、本人は、いたって元気。

鼻水垂らしながら騒いでます。

よく39度近くあって、あんなに元気にしていられるなと

感心しております。


12.10up.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2007年12月10日 16:16 | | コメント (0)

2007年12月05日

大人の時間、子どもの時間 2

 
今から40年近くも前になります。
ボクが幼稚園生だったころ
地元でもある鹿島神宮のお祭りにお祖父さんと二人で出かけた時のこと

何か一つおもちゃを買ってくれるというので、
どれにしようか、あれこれ迷ってました。
当時のボクはのんびりしていて、なかなか決められない優柔不断な子どもでした。
あまりに時間がかかるので、
おじいちゃんは、
「裏でタバコ吸ってくるから、一人で見てなさい」と言って
出店の後ろへ行きました。

その後も、どうしようか迷ったあげく、
どのくらい時間が経ったのか?
ようやく決めておじいちゃんを呼びに行くと
そこにおじいちゃんはいませんでした。しばらく探したんですけど見当たらず、
「あんまり遅いから、置いてかれちゃったんだ・・・」
そう思ったボクはしかたがなく一人で帰ることにしました。

泣きながら、幹線道路の国道を、家のある方角に歩いて行きました。
3〜4キロ歩いた先のドライブインで休憩していたバスガイドさんに呼び止められて
自宅に連絡してもらい親に迎えに来てもらったわけです。

さて、おじいさんはと言うと、
いなくなってしまったボクを探してだいぶ歩き回ったそうですが、
結局、派出所へ行って捜索してもらうことになったそうです。
親が警察へ迎えに行ったら、しょんぼりしてたそうです。そりゃそうですよね・・

おじいちゃんがボクのもとを離れてから
店に戻るまで、タバコ1本分、5分程度だったのでしょう・・・
ちょうど入れ違いにボクが動いてしまったのと
かなりの人出だったので、出会うことが出来ず、
結果的に迷子になっちゃったんですけど、
ボクにはとても長い時間だった記憶があります。

家に戻ったら
「もう二度とお前を連れて出かけない!!」と怒られました。
40年経っても、あの日のことは鮮明に覚えています。

大人が感じる時間と
子どもが感じる時間には相当の開きがあると思います。

夏場によく、車の中に子どもを置いて、ちょっと買い物・・・という親がいます。
親の"チョット"は、子どもの"チョット"ではないということを理解した方が良さそうです。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年12月05日 14:15 | | コメント (0)

2007年12月04日

大人の時間、子どもの時間!

昨日、まる子の保育園初日の3時間は無事?終了しました。

嫌がる娘を置いて帰るのは、心苦しいですが、
そのうち慣れるでしょう。
本人は泣きながらも、
外で遊ばせろと要求したようで
しっかり遊具で遊んだそうです。
そしてお昼の離乳食もたいらげて・・・・

お母さんの迎えにホッとしたのか、泣きつかれたのか
帰りの車の中で熟睡です・・・

1才半の子どもにとっての3時間
長かったでしょう・・・

satsu.jpg

何も無かったかのように大はしゃぎのまる子

子どもの頃の時間の経過は
大人の時間の経過と早さが違いますよね・・・・
そんな記憶がみなさんにもあると思いますが・・・

そんな時間のエピソードをいくつか紹介します。

まずは、ウチのコーチ、夏見モンドさんの最近の体験話です。
※ブログからリンクせず直接拝借しますよ、夏見さん
夏見モンドさんと5才の息子・モン太くんの話 ↓

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

「誘拐という二文字」

モン太と公園に行ったかえり、イトーヨーカ堂に寄った。

僕は、5階の電機製品売場で、プリント用紙を調達したかったのだが、

この5階には、おもちゃ売場もある。

仕方なく、モン太をおもちゃ売場に連れて行き、

「モン太! お父さんはちょっとあっちの売場で買うものがあるから、、、」

というと、思いがけず、

「うん、ここで見とくから、いっていいよ!」

なんて、超素直な返事をしてくれて、僕はおもちゃ売場をあとにした。

ほんの5、6分のことだったと思う。

僕がおもちゃ売場にもどると、いるはずの場所にモン太がいない。

「しゃ〜ないな〜」なんて言いながら、はじめは悠長に探していたが、

いつもなら、ひょこっと棚の陰から顔を出すのに、その気配すらない。

気がつくと、フロアすべて、トイレ、階段の踊り場まで見たがいない。

僕はこのとき、はじめて脳裏に『誘拐』という二文字が、くっきりと見えてきたが、

何とか振り切って、たぶん血相を変えて探しまくっていたのだろう。

そんな僕を見て、警備員が駆け寄ってきたから、間違いない。

事情を説明すると、店内放送をまずしましょう、ということになり、

僕は、僕とモン太の名前・関係、そして、モン太の歳と衣服の特徴を話した。

僕が最後にモン太を見てから、その時には、すでに15分以上はたっていただろう。

連れ去られたのであれば、もう店外にいてもおかしくない。

『ほんまに、誘拐かも。。。』

そう思った瞬間、モン太の5年間が、ほんまに走馬燈のようによみがえった。

『うん、ここで見とくから、いっていいよ!』

と言った、横顔が最後のモン太?

すると、店内放送の女性アナウンスの声。

「迷子のお知らせです。5歳の夏見モンドくんを、お父さんの夏見モン太さんがお探しです、、、」

おいおい、吉本新喜劇のようなこの展開に、僕は我にかえらざるを得なかったが、

血相を変えて駆け寄ってきたのは、警備員だった。

「すみません!もう一度放送し直しますから(汗)。。。」


それから3分後、モン太は、無事、地下食料品売場で見つかった。

パンを買うことになっていたので、それを覚えていたらしい。

僕の顔を見るやいなや、今まで気丈だった顔が、一気に崩れた。

モン太の目を見た瞬間、言葉以上の会話ができたような気がする。

僕は、このときのモン太の目と、あの店内放送は、

きっと忘れはしないと思う。

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

夏見さんがモン太くんを待たせた5分

それはモン太くんにとってはかなり長い5分だったに違いありません。

5分待つという行為は5才の子にとっては結構キツいんです。

実はボクも同じような経験があります。

次回そのエピソードを・・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2007年12月04日 09:48 | | コメント (0)

2007年11月24日

"死"について考える 4

 
ここ何年も自殺者の数が増加しています。

この"自殺"、良い事はひとつもありません。

「あの世にいけなくて自縛霊としてこの世をさまよう」とか

「地獄に堕ちて苦しむ」とか・・・

そんな死んだ後のことは体験してないんでわかりませんが。
 
 
 
でも算命学をやっていると

一つの事だけはハッキリ言える事があります。

それは、

「自殺は本人ではなくて子孫に影響する」

ということです。

"業(ごう)"とか"因縁"とか、そういうものが子孫に宿命として出ます。

子孫というのは、自分の子どもだけではありません。

孫はもちろんのこと、

兄弟姉妹の子ども、つまり甥っ子、姪っ子に影響が出る場合もあります。

甥っ子、姪っ子の子どもたちに出る事もあります。

かなり長く影響するようです。

自殺した人の子孫たちが人生で苦労する、苦しむということになるんです。

自殺は一番悪い死に方と言えるでしょうね。

 
 
若い人で、自殺したいと思っている人に

この話を聞いてもらいたいですね。

「辛さは死んでもなくならないし、自分だけでは終わらないよ・・・」

「辛さを乗り越えて生きて行く事が、辛さを取り除く方法だよ」ってね

つづく・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2007年11月24日 00:09 | | コメント (0)

2007年11月22日

"死"について考える 3


"死"が来る前にやっておかなければならないことって?

それはもちろん、一人ひとり違います。

たとえ話ですけど、

あなたの前にバナナが10本、ニンジンが30本、タマネギが40個、

大根が60本、ピーマンが100個、この5種類の食べ物があるとします。

で、あなたは、これを1日で食べなければいけない。

バナナは好きだけど、ピーマンは大嫌い・・・だとします。

食べ方はどんな方法でもかまいません・・・。

あなたはどうやって食べて行きますか?
 
 
 
好きなバナナはあっという間に食べてしまえるでしょう。

でも嫌いなピーマンはどう調理しても100個はキツいですよね。

他の4種類は食べきって、ピーマンだけ100個そのまま残っているという人もあれば

なんとかごまかしながらピーマンを先に食べ続け、

その合間に他の食べ物を食べるという人もいるでしょう。

 
 
でもどうしても全て食べなければならないとしたら

嫌いなピーマンを100個残して最後に一気に食べるっていうのは

どう考えても辛いです。

人生もこれと同じなんです。

「何のこっちゃ?」と思われる人もいるでしょうね・・・

 
 
 つまり、人は、死ぬまでにやらなきゃいけないことがあって

嫌なことを残しておくと、

死に際に苦しい思いをするってことなんです。

「嫌な事」っていうのが"人生の試練・苦難"なんですよ。

苦しいことから逃げてばかりいると

なかなかスッキリ死ねないってことです。

ただ、ひとりひとり、やらなきゃいけない内容が違っていて、

前述の食べ物の種類と数が人によって違うということなんですけど、

これがわからないから、みんな大変なんですね。
 
 
 

簡単な見分け方として、

自分が嫌いな事がだいたい、やらなきゃいけないことで、結構数が残っているものです。

人と仲良くする事が苦手な人は、たくさんの人と仲良くして行かなければならなくて

人に頭を下げる事が嫌な人は、数多く頭を下げなければならない・・・

まぁ、そんな感じです。

これが出来た人は意外と楽に死を迎えられると思います。

・・・・今回の話、わかります?

つづく・・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2007年11月22日 21:28 | | コメント (0)

2007年11月20日

"死"について考える 2

 
人は誰でも死に対する恐怖を持っていると思います。

死んだらどうなるのか?

家族との別れが辛い・・・等々

その恐怖を無くすために宗教の門を叩く人も少なくないでしょう。

算命学の様々な教えは、仏教に近いところがあります。

それは以前にも書きましたが、

仏教が算命学理論の一部を取り入れて吸収して行ったからなんですが、

でも宗教ではあなたが「なぜ生まれて来たのか?」という質問に

明確に答えられないでしょう。

それがわからないので、死の恐怖がぬぐい去れないんだとボクは考えます。
 
 

自分は何の目的で、何をするために生まれて来たのか?

今の自分が何をしなければならないのか?

それがわかれば生涯、その目的のために頑張って行けます。

そして死ぬことでその目的が"とりあえず"終わるわけです。

この"とりあえず"っていうのがポイントなんですよね。

死んだら終わりということではないようなんです。

つまり"死"のつづきがあるということです。

ただし"死"の前にやっておかなければならないこともあります。

それが判れば、意外と死の恐怖は無くなっていきますよ。

つづく・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2007年11月20日 13:39 | | コメント (0)

2007年11月18日

"死"について考える 1


あなたは「死」ということを真剣に考えることはありますか?

毎日考えることは無くても

親族や知人が亡くなった時、

あるいは著名人の訃報をTVで見たときは何かしら考えることでしょう。

ボクは仕事がら、大きな流れとして「死」を考えることがあります。

人間は誰でもいつかは死にます。

その時、人はどういう思いでいるか?

死ぬ日が来ても悔いが残らないように生きるにはどうしたらいいのか?

清水先生は

「夢半ば・・が理想的な死だね」

と言います。

つまり、いつになっても夢を追いかけて

それが完結しない方が、

人間は幸せだということのようです。

定年退職して一段落、

あとはゆっくり余生を過ごす・・・というのは

必ずしも幸せだとは言えないのかもしれません。

趣味でもなんでも生き甲斐になるような

"夢"を持つことが大切だということでしょう。

生涯、仕事を続けて行けるなら、

それこそ幸せなのかもしれませんね。

問題は"老い"や"死"に対する恐怖をどうするか・・・

つづく・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2007年11月18日 18:23 | | コメント (0)

2007年11月15日

スティーブ・ジョブズとビル・ゲイツ

先週、今週と

親子未来塾の「著名人にみる才能と適職」コーナーで

アップル社のスティーブ・ジョブズさんと

マイクロソフト社のビル・ゲイツさんを取り上げました。
 
 

アップル社はパソコン"Mac"や携帯プレーヤー"iPod"で有名な会社です。

マイクロソフトは多くの方が利用しているWindowsで有名な会社ですね。

この業界の二大巨匠的なこのふたり、

同じようなことをしていても、経歴はかなり対照的です。

星だってだいぶ違いますからね。
 
 

この原稿をまとめていて、思い浮かべたのは

日本のプロ野球のあらゆる意味でトップに立つ

長嶋茂雄、王貞治、二大スーパースターです。

このふたりもかなり対照的です。
 
 

セミナー等ではよくこのお二人を題材に話をさせていただきます。

サンプルとして違いがとても判りやすい二人なんです。
 
 
 
今回、何が言いたいのかというと、

その道でトップに立つには、

どの星が必要だとか、あの条件が無いとダメだとか、

そんなことは関係無いと言うことです。

自分が持って生まれた星を上手に活かし

タイミングさえ取れれば、そこそこ面白い結果が出ます。

あとは努力の差と、とりまく環境の差ということですね。
 
 

ちなみに上記のジョブズvsゲイツ、長嶋vs王・・

これってウルトラマンvsウルトラセブンみたい・・・

わかる人にしか、わからないかも・・・・(笑)

投稿者: ラファエル 日時: 2007年11月15日 22:53 | | コメント (0)

2007年11月09日

子どもがいると行動範囲が変わる

「子どもができたら生活環境がだいぶ変わるよ」

と様々な人に言われてきましたが、

確かに一日のスケジュールやTVや買い物など

以前とはだいぶ変わりました。

その中でも、特に思うのは、

行動範囲が変わったこと。

昔なら絶対行かなかったところに行くようになったことですね。

たとえば、今日立ち寄った城跡の◯◯公園、

存在は知っていても今まで行く理由が無かった・・・

そういうことでは、かなり勉強になりますね、

子どものお陰です。

もともと、あまり環境を変えたがらない性質なので

決まった店や場所にしか行かなかったんですよ。

(算命学での貫索星、司禄星という保守的な星の影響です)

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 
 
今日のまる子

公園にいるたくさんのハトが一斉に飛び立って

固まるまる子!

11.9_1.jpg 11.9_2.jpg

なかなか雰囲気のある公園でした。城跡ですもんね・・

投稿者: ラファエル 日時: 2007年11月09日 16:13 | | コメント (0)

2007年11月02日

人間関係には、やはり思いやりが大切です

 
相手が何に困っているのか?

何を求めているのか?

そういうことを瞬時に察知できる人もいれば

ハッキリ本人が口にするまで、まったく気付かない人もいます。
 
 

特に親子や夫婦といった関係には

相手の気持ちを汲んでやることも

素直な気持ちを上手に伝えることも大切になってきます。
 
 
 
特に男性の皆さん、

彼女や奥さんの心が、今、どういう状態にあるのか?

敏感に察知出来ますか?

それが今の時代、良い関係を続けて行くポイントです。

逆に女性の皆さん、

彼氏やご主人が何を言いたいか想像出来ますか?

算命学の星に関係なく、男性にはつまらないプライドがありますから

それを傷つけないように、聞き上手になること

それがまた、良い関係を続けて行くポイントです。
 
 

まぁ、言葉では簡単なんですが、

なかなか難しいですよね。

ということで、ウチは妻と子どもが実家へ数日泊まりに出かけました。

どうやら僕が仕事と子育てで疲れているという判断から

気を使ってくれたようです。

これで仕事の進みが悪かったら申し訳ないですよね。

でも僕の方は

「子どもは見とくから一泊でどこかへ遊びに行ってきなよ・・」

とは言えません。

一人では何も出来ないのが、世の男性諸氏ではないでしょうか?
 
・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 

onbu.jpg

仕事の途中でも、オンブしてまる子を寝かしつけたりします。

家と事務所が同じということで出来る芸当ですが

せめてコレぐらいで勘弁してもらっています(笑)

投稿者: ラファエル 日時: 2007年11月02日 17:11 | | コメント (0)

2007年10月30日

ハロウィン

DSC01617_3.jpg
 
子どもには情緒を味わえる風物を体験させた方が良いと

いつもお話ししていますが、

ハロウィンはどうなんでしょう?

最近は、テーマパークや遊園地、

デパートや商店街の装飾にも見られます。

外国の習慣ですし、日本の季節感にはあまり関係ないものですが

問題は"雰囲気"なんです。

賑わいというか、面白いとか恐いとか、ワクワクするとか、

子どもが何かを感じとってくれればいいんです。

『情緒』って意味は

「物事に触れて起こるさまざまな感慨・・」

って事ですからね。

というわけで

ウチのまる子もショッビング・センターの飾りですが

ハロウィンを味わってきました。

本人は興味無し!!

DSC01612_3.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2007年10月30日 21:45 | | コメント (0)

2007年10月27日

天中殺のときに生まれた子ども

歌手の近藤真彦さんに

結婚14年目で男のお子さんが誕生したそうですね。

おめでたいことです。

さぞ喜ばれていることでしょう。

ウチのまる子も12年目の誕生ですから

気持ちはわかる気がします。

マッチは43才でお父さんに、ボクは44才でお父さんになりました。
 
 

ただ、彼の星を見ると、今、天中殺なんですね・・

こういう時に生まれた男の子とは、将来、衝突しやすいんです。

実はボクも父親が天中殺の時に生まれています。

だからなのでしょう、中学二年のころから、徹底的に反抗しました。

成人するまで、ほとんど会話をしていませんからね・・・

それが宿命だったとはいえ、

今思えば、後悔の念が強いです。

もう少し親孝行をしておくんだったなと・・・

 
 
もちろん、全ての親子がそうなるわけじゃありませんが、

マッチは子どもが少し早めに自立するんだと思っていた方がいいですね。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年10月27日 16:51 | | コメント (0)

2007年10月24日

フリーマーケットに参加してきました 2

 
フリーマーケットを体験してみて、

前回、大人の修行場であろうとお話ししましたが、

問題点もあるようです。
 
 

今回、他のブースには子ども連れの参加者が意外と多いようでした。

フリーマーケットを通して、社会勉強させようという親の思いもあるでしょうが、

実は、そこに問題点もあるように思えます。

純粋な子どもたちは、モノが売れることの楽しみや

お客さんとのふれあいを嬉しく思っているに違いありません。

しかし、現実問題として、大人のモラルの低下を

まざまざと思い知らされる場合があります。
 
 

例えば、

「こんな金額じゃうれないわよ」「あまりいいものは無いわね」

と平気で商品を批判したり、

無愛想に商品に触って、何も言わず去って行く大人たち・・

あるいは目の前を通過するだけの親子でも

「早くしなさい!」「何やってるの?!!」

大声で子どもを叱責している親・・・

とにかく様々な大人がいます。それも非常に情け無い大人たちが・・
(ボクもそういうところがありましたが・・)
 
 

その姿や対応を、子どもたちは目の前で、自分自身が体験するわけです。

大人に幻滅し、不信感を持つかもしれません。

もちろん、そんな大人ばかりではありませんし、優しい人の方が多いはずです。

でも子どもにはインパクトとして残ります。

もっとも自分の親が日常そうしていたら、大人はそういうものと思うだけでしょうが
 
 

ですから、親は、「人間にはこういう大人もいるんだ」と・・・

「こういう大人にはなりたくないね」とフォローしてあげた方がいいでしょう。

それも踏まえて、子どもを参加させるなら、それも良いと思います。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年10月24日 11:25 | | コメント (0)

2007年10月22日

フリーマーケットに参加してきました


週末2日連続で市のイベントの中の

フリーマーケットに出店参加してきました。

というわけで、ここのブログも間が空いてしまいました。
 
 

実はフリーマーケット初めてなんですよ。

今まで様々な仕事やイベントやってきましたが、

フリーマーケットって結構大変ですね (苦笑)
 
 

慣れない最初の日はバタバタしてしまいました。

なにがって、準備中から品物をあさる人達の多いこと・・・

こっちはどんな風に品物を並べたらいいかも考えてない状態なのに

スゴイ人は勝手に箱を開けて探していますからね・・

どこでもそうなんですかねぇ?

ビックリです。


午前8時(開幕は9時半)から午後4時までの長時間。

最初の2時間、お客が途切れることが無く(買わない人も数多い)

まったく自分のペースが作れずに時間だけが過ぎて行ってしまいました。

すべて一人でやってるんでトイレにも行けないし・・・
 
 

やってみて思いましたが、

フリーマーケットってなかなかいい"大人の修行場"ではないかと・・

あらゆるタイプの人と短時間で接することができます。

そのすべての人に気持ちよく対応するというのは

サービス業でもそうあるものではないですね。

まして、敷居があるところには、目的が無い人は来ないですから・・・

そんな目的がない人までやって来る・・・フリーマーケット

サービス業の経験が無い人はぜひ一度やってみるといいですよ・・
 
 
 
そして自分の家にある不要なものが売れて

お金が入って、さらに買った人が喜んで・・・

少しは世の中のリサイクルに役立って・・・

なかなかイイじゃありませんかねぇ。
 
 

ただし、問題点もあるようです・・次回につづく

投稿者: ラファエル 日時: 2007年10月22日 23:54 | | コメント (0)

2007年10月18日

親の生き方が子どもに遺伝する

子どもの顔が親に似ているとか、

おじいちゃん、おばあちゃんに似ているとか・・

そういうことはよくありますよね。一般的に"遺伝"って言っちゃいますけど

運気にも遺伝というものはあるんです。
 
 

問題はどういう伝わり方をするかということです。

その人が持っている宿命的な星は

4割ほど子どもに遺伝して行くようですが、

のこりの6割は、その人の生き方で伝わります。
 
 

どういう事かと言うと、

あなたの生き方、考え方がそのまま子どもに伝わって行くということです。

それも考え方が同じになるということではなく

世の中に反した生き方をしていると

子どもにマイナスの要素が生まれるとか、

親に反発して生きていると

子どももあなたに反発して生きて行くと、そういった感じのようです。

「この親にしてこの子あり」って人が結構いますよね・・
 
 
 
もしあなたが、自分の親や育った環境に関係なく

親を敬い、他人に優しくし、世の中のために生きて行くとしたら

今度はあなたの子どもたちが

そういうことを受け継いだ子どもになる可能性が高いということです。

つまり子孫の幸・不幸はあなた自身の生き方で決まると言っていいかもしれません。

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 

今日のまる子

公園で歩かせていると

ドングリがたくさん落ちているのでたくさん拾います。

だからなかなか前に進みません。

10.18up_2.jpg  10.18up_1.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2007年10月18日 13:59 | | コメント (0)

2007年10月01日

グルーブに属するのが苦手?


友人の紹介で「mixi ミクシィ」というコミュニティ・サイトに入りました。

もともと"コミュニティ"というものに興味がなかったので

入るキッカケもありませんでしたが、

これも時代の流れか・・

ボクのような仕事をしている者は、知っておく必要もあるなと思い

積極的に利用しようと考えています。

日記を書いたり、フォト・アルバムを作ったり、

知らない人のページをのぞいたり、共通の趣味の友達をつくったり、

使い方は様々のようですが、

この横のつながりって苦手なんですよね。

自分から積極的に入って行けない(苦笑)

人に誘われれば入れるんですが・・・


算命学的に言うと

「石門星」という集団意識が持てる星がある人は

こういうシステムを積極的に使うんでしょうけど、

「石門星」が無くて「貫索星」を持っている人は・・ボクですけど

なかなかコミュニティを取り難い・・・

輪の中に積極的に入れないんですよ・・

これがボクと夏見モンドさんとの違いですね。

逆に言うと「石門星」がある人は

積極的に人と関わって行った方がいいんですよ。

じゃあ、貫索星の人は集団に属さなくていいのかというと、

これが、そうじゃない・・

世の中、何かしらの集団を作って生きて行くのが人間の本能なんで

貫索星の人も小さくていいから集団に入って勉強した方が良いんですよ。

輪に入るのがイヤなら自分で輪を作っちゃえばいいんですから・・

ボクはどちらかというと、そういうタイプでしょうねぇ。

ボクと同じタイプかどうか確認したい(笑)人は →こちらでどうぞ

投稿者: ラファエル 日時: 2007年10月01日 15:20 | | コメント (0)

2007年09月28日

行動の基準になるもの 3

 
いよいよ秋らしくなって来たかと思えば

今日みたいに蒸し暑かったり

まだまだ季節が安定してませんね。

さて、秋は旅行シーズンでもあります。

天候的に過ごしやすいからでしょうか?

それとも紅葉が見られる国だからでしょうか?

我が家でも、動物園に連れてけとか、ディズニーランドだとか

リクエストが多いです。
 
 
 
さて、あなたはどちらへ旅行を考えますか?

国内ですか?

海外ですか?

また算命学的なお話ですが、

あなたの星の中に「龍高星」という星があれば

海外旅行へ憧れるところがあるはずです。

「龍高星」が無くて、「貫索星」がある人は

海外旅行なんてとんでもないと思う人が多いかもしれません。

もし"中心星"に「鳳閣星」を持っていたら

その人は南の島(国内外を問わず)でのんびり過ごしたいと思うことでしょう。

星を確認したい人は → こちらへどうぞ。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年09月28日 15:39 | | コメント (0)

2007年09月27日

行動の基準になるもの 2

 
福田内閣が発足しましたね。

発足早々、やっぱりというか、

また議員の問題が出てきました。

こうなってくると、今の政治家で

身の潔白な人はいないのではと思ってしまいます。

あなたは政治に興味がありますか?

政治家になって世の中を変えたいと思いますか?

あなたの星を見てみてください → 星を見る

陽占の中に「石門星」という星があれば

少なくても政治力があることがわかります。

もちろん、この星があるから政治家になれるとは言いませんが

政治の世界では大きくモノを言う才能を持っていることになります。

政治の世界じゃなくても

会社を起こしたりするには持ってこいの星です。

ボクもまる子も持ってません。

人との調和を取るのは下手なのかも。

その点、夏見モンドさんは持ってるんですよね。

将来、政治家になるのはどうですか?
 

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★


今日のまる子

自家用車の点検でディーラーに行きました。

店内に遊び場があるので待っている間、遊んでました。

9.27up_2.jpg.jpg

将来はマリンスポーツのインストラクターか?

9.27up_1.jpg

はたまたバスケットボールの選手か?

投稿者: ラファエル 日時: 2007年09月27日 18:01 | | コメント (2)

2007年09月24日

行動の基準になるもの

 
もしあなたが携帯電話のカメラで撮った写真をプリントするとしたら

次のどの方法でプリントしますか?

1、家の簡易プリンターでプリントする。

2、コンビニのデジカメ用プリンターでプリントする。

3、カメラ専門店にプリントに出す。

この場合、

家のプリンターがコストは一番安いが画質は劣る。

カメラ専門店のプリントは一番画質は良い。

コンビニは近くにあるが、カメラ店はかなり遠方にある。
 
 
 

まぁ、どの方法を選んでも問題は無いんですが、

もしあなたの星の中に「車騎星」または「牽牛星」という星があったなら

迷わずカメラ専門店へ行ってください。

というより、行くんじゃないでしょうか?

 
 

問題は何を基準に行動を選択するか?ということです。

コスト(料金)なのか?

仕上がりの画質なのか?

なんのこだわりも無いか?

"こだわり"ってその人の星によって違うんですよ・・当たり前のようですが。

今回の場合、「車騎星」または「牽牛星」のある人は

同じ条件なら上級の方を選ぶと良いですよってことなんです。

安い方より高い方、画質が悪いものより良いもの・・・

もし上記の星が無くって、「禄存星」または「司禄星」をもっているなら、

画質に対しての特別なこだわりがない場合、コストを選ぶでしょう。

このように星によって行動の基準になるものが違うんですよね・・・

つづく・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2007年09月24日 23:48 | | コメント (0)

これも運命?


彼岸の中日、秋分の日でもありますね。

ボクには弟がいるんですが、

家族揃って墓参りに来てくれました。

その時、弟がこんな話を・・

「いやぁ、一昨晩、常磐線で何時間も待たされて

駅から電車が動き出したのは朝の4時過ぎだよ・・・」

そういえば常磐線の電車のトラブルで2時間以上閉じ込められて、

結果、乗客が駅まで歩いて行ったというニュースを見たなぁ。

弟がそれに間接的に巻き込まれていたわけです。

奥さんいわく、

「飲んで帰って来るからそういう目にあうのよ(笑)」

「たまたま飲んじゃったんだよな」

飲みに行かなければ、トラブルにもあわず

家にたどり着いてゆっくり休めたわけだね。

でもマジメに仕事していてこのトラブルに遭った人もいるわけだから

これも運というやつですか?
 
 

いえいえ、運の善し悪しではないんです。

人生にはこういうこともあるという教訓です(苦笑)

どんな厳しい目に遭ったとしても、

全てのことに意味が有って、

それが教訓にもなるし、チャンスにもなる、

そう思える自分がいるかどうかです。
 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年09月24日 00:29 | | コメント (0)

2007年09月18日

感性の星を持っていたら・・スポーツ編

 
先日、ダンスに感性が必要だと書きましたが

ダンスはスポーツではないのか?というご質問がありましたので

そのところをお話しします。

芸術家が芸術の星だけあればいいか?というと

そんなことはありません。

ダンサーも感性の星だけあれば良いというものではないです。

ダンサーにも感性の星だけじゃなく、やはり反射神経や運動能力の星があれば有利です。

ではスポーツ選手が運動の星があればいいかというと、

これもそうではないわけです。

スポーツ選手にも感性の星は有効に働きます。
 
 
 

例えば、僕たちの世代のスーパースターはやっばり長嶋茂雄さん。

この長嶋さん、「車騎星」「牽牛星」といったスポーツの星は持ってないんです。

かわりに「鳳閣星」という感性の星が中心になっています。

つまり、長嶋さんは感性で野球をやっていた!!と言えると思います。

"野球の感"が強いってよく言われていましたよね。

新庄剛志さんも同じです。

感性の星を持っています。

それが野球のようなスポーツでも感覚・直感として作用しているはずです。



一方で一本足打法の王貞治さん、

何かと長嶋さんと対照的に比べられるスーパースターですが、

王さんは感性の星ではなく「玉堂星」という理論の星で野球をやってます。

理論を追求したところにあの"一本足打法"があり、

その理論的な技術と身体能力とでヒットを打つわけです。


大リーグで活躍するイチロー選手

彼は感性の星も、理論の星も持っています。

ですから"振り子打法"と言われる理論的な技術と

天性の感覚でヒットを量産出来るわけです。

 
 
でも、これだけは言っておきますが

才能だけでは結果は付いてきません。

それ相当の努力がないとダメなんです。

運気を上げるにも努力が必要だということです。

歌手でも、ダンサーでも、野球選手でも

やっぱり人一倍の努力をした結果なんだと思ってください。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年09月18日 16:06 | | コメント (0)

2007年09月16日

感性の星を持っていたら・・ダンス編

 
9.16up_1.jpg

今日はご近所のお姉さんの通う高校の学園祭に行ってきました。

サッカーやゴルフの全国大会で知られるK学園です。

まる子はお姉さんのダンス部の発表を見てきました。

ダンスの音楽に合わせて、まる子も踊りだしました。

真夏のような天気での体育館は暑いですよ・・

高校生も大変だね・・・汗だくです。

9.16up_2.jpg

 
 
 

ダンスと言われてボクが思いつくのはTRFのSAMさん

ミュージカルやショー・ダンスの大澄賢也さん

バレエ界のスター、熊川哲也さん

どなたも鳳閣星をもってます。

ダンス・・・これも感性が必要なものですものネ。

ヒップホップだろうが、ジャズダンスだろうが、バレエも同じです。

鳳閣星か調舒星があると有利になります。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年09月16日 17:14 | | コメント (0)

2007年09月15日

感性の星を持っていたら・・歌姫編

 
算命学では「鳳閣星」「調舒星」というのは感性の星で

芸術家にはあるとありがたい才能です。

画家、作家、音楽家、歌手や役者などの芸能人にも同じことです。

例えば"歌姫"

歌手の山口百恵さんと中森明菜さんは鳳閣星を、

松田聖子さんと浜崎あゆみさんは調舒星を、

美空ひばりさんは、両方の星を持っています。

宇多田ヒカルさんにいたっては鳳閣星が2つと調舒星を1つ持っています。

だから歌姫ってわけではありませんよ(笑)

歌手の人達の多くが「鳳閣星」「調舒星」の

いずれかを持っていることが多いってことです。

この星が音楽的才能を発揮して、

本人の魅力と相まってヒット曲を出すわけですね。
 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年09月15日 12:14 | | コメント (0)

2007年09月14日

感性の星を持っていたら・・1

 
以前にも書きましたが、

お子さんの宿命の星に(→こちらで調べてみてね)

「鳳閣星」または「調舒星」という感性の星を持っていたら

出来るだけ"芸術"(大枠ですが)に触れさせてあげて下さい。

絵でも良いし、音楽でも、お芝居でも良いし、

絵やぬり絵を書かせたり、

楽器を持たせたり、

本の読み聞かせもとっても良いです。

普段見ることが出来ないものを見せてあげるのも良いですね。
 
 
 
これは大人の私たちにも同じことが言えます。

「鳳閣星」または「調舒星」を持ってる人は、

たとえどんな仕事についていたとしても、

感性を磨く努力をすると、その才能が仕事に活きてきます。

というわけで、調舒星を持っているウチのまる子には

ピアノを教えてあげたいです。

9.8up.jpg

お母さんが持って来たアップライトのピアノが

その出番を待ってます。

・・つづく

投稿者: ラファエル 日時: 2007年09月14日 18:14 | | コメント (0)

2007年09月04日

タイプが異なると仕事の仕方も違う


同じ仕事に就いていても

人それぞれ質が違いますから

算命学の星によっては様々なタイプが存在することになります。

今日も→【星を出すシステム】を使ってご自身の星を見て下さいね。

何かの参考になるかもしれません。
 
 
 
例えば、医者で考えてみましょう。

「玉堂星(ぎょくどう星)」の医者と「車騎星(しゃき星)」の医者がいたとします。

「玉堂星」は物事を理論的に考えるタイプです。

この星が強く働く医者は、患者さんが来ると、

まずどこが原因なのかちゃんと調べて検査をした結果治療に入ろうとします。

それは患者にとっては親切だし、とてもありがたいですよね。

でもそれでは急患にはちょっと合わないことになります。

 
 
 
一方「車騎星」はとても行動的でスピーディに対処しようとするタイプです。

ということは、

極論ですが、救急の医師には「車騎星」の人が向いていて、

検査を中心とする医療には「玉堂星」の人が向いているということになります。

医者の中にもそういう差が現れてきます。

病気を治療するといっても様々なタイプがあるということです。
 
 
 

一昨日ですか、世界陸上の女子マラソンで

日本の土佐礼子選手が銅メダルを取りました。

このマラソン選手にしたって、様々なタイプがいます。

Qちゃんこと高橋尚子選手、有森選手、野口選手、みんなタイプが違った選手です。

それは今度「才能と適職」でお話ししましょうかね・・・
 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年09月04日 22:48 | | コメント (0)

2007年09月02日

天使の音楽隊

 
今日のお昼に地元の保育園の園児が

マーチング・バンドをするというので、

会場となるショッピング・モールへ行きました。

4〜5才くらいの子どもたちが25人ぐらいで

太鼓やシンバル持って可愛らしく演奏してました。

いや、可愛らしいというより、立派!!

本人たちも真剣でしたが

教える先生たちも大変だったろうねぇ

この保育園では恒例行事なんだそうです。

まる子、最初は真剣に見てましたが、

そのうち近くにあったサトちゃん(薬会社の象のキャラクター)の乗り物に

乗せてくれというので、乗せて遊んでました。

でも音楽に合わせて手拍子したりして・・
 
9.2up.jpg

 
 
算命学では音楽や芸術の才能に該当する「調舒星」という星があります。

まる子は、この星を持ってるんですよ。

だから音楽とか芸術とか、たくさん見聞きさせてあげたいですね。

あなたも自分の星を見てみてください。

陽占に「鳳閣星(ほうかく星)」または「調舒星(ちょうじょ星)があったら

感性が特に豊かだってことです。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年09月02日 22:07 | | コメント (0)

2007年08月30日

母から学んだこと

 
今日、外出から戻ると玄関先に

若い女性がチャイムを鳴らしながら立ってました。

某英会話ルームの営業に歩いている人のようです。

「3才から小5くらいのお子さんはいらっしゃいますか?」

「英会話に興味がありますか?」

「アンケートにお答えくださいませんか?」

うちのまる子は対象外の年齢だけど、

急ぎの用があるわけじゃなし、

話を聞いてました。

「営業大変ですね・・」

そう言うと、何も言わず笑顔を返しました。

あとで、その会社をネットで調べてみると

あれこれ書かれている会社でした。
 
 
 
ボクって昔は営業とか勧誘とか大嫌いだったんで

当時は無下に断ってました。

でもある日、その対応を考えさせられたんです。

 
 

もう10年以上も前の、生前の母のことです。

或る日、外出から帰ってみると

母が誰かお客さんとお茶を飲みながら縁側で話をしていました。

見知らぬ人でした。

その人が帰ったあと、誰だったのか訪ねました。

「宗教の布教に歩いている人よ」

「知り合い?」

「ううん、初めて来た人」

「だってお茶出してただろう?」

「あちこち回っているみたいだからノドが渇くだろうし」

「そんなの興味ないからって追い返せばいいだろうに」

「一所懸命歩いてるんだから、話聞くぐらいはしてやってもねぇ」
 
 
 
また、あるとき、別の布教者が子どもを連れて訪ねてきたとき、

ボクが対応したんですが、

興味がないからとドアを閉めて追い返したんです。すると母は

「なんて事をするの! こどもも見てるんだよ」

「あれは手口で、ワザと連れて歩いてんだよ」

「そんなのわかってるわよ、でもあんたがああいう対応されたらどうする?

大人はともかく、子どもにはそんな事情は関係ないんだから・・」

 

そんな母を見ていると、自分があまりにも器が小さいことを実感してきます。

ボク自身だって結婚式の営業やって飛び込みで訪問してるだろうって・・

母は、電話での勧誘や販売にも丁寧に対応して、でも最後には

「申し訳ないんですけど、ウチには必要ないですから・・すいませんねぇ」

それからですね。

ある程度、そういう人達の事情を察して対応するようになったのは・・

「バカだなぁ」って思う人も多いでしょうけどね・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月30日 23:14 | | コメント (0)

2007年08月26日

あなたはフォレスト・ガンプの生き方が出来るか?

どんな環境になっても純粋に人の教えに従い実行する・・・

フォレスト・ガンプ的な生き方ですが、

例えば、もしあなたの宿命に「車騎星(しゃき星)」という星があったなら、

彼のような生き方が出来るんです。

いや、した方が良いと言えます。

ただ、人間は複雑に出来ていますから

素直な星を持っていても

素直になれない星もあるかもしれません。

行動的な星を持っていても、

動かない星を持っているかもしれません。

血液型のように単純に割り切れないのが宿命です。

一度、「親子未来塾」であなたの星を出してみて下さい

陽占の中に「車騎星」という星があったなら、

あなたもフォレスト・ガンプのように

純粋に人の教えに従い実行する・・・

という生き方も出来るはずなんです。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月26日 22:34 | | コメント (0)

2007年08月25日

人生に必要なこと

 
昨晩、久しぶりに

トム・ハンクス主演映画「フォレスト・ガンプ」(1994年作品)を見ました。

知能の発達が遅れたフォレスト青年は

どうして莫大な金持ちになれたのか?

それは・・

彼はどんな環境になっても純粋に人の教えに従い実行したからです。

なんの疑問も持たず、素直に・・・

実は、それが人生に必要なことなんです。
 
「映画の話だから・・」

なんて言わないで下さいね。
 
 

人間はなぜ苦しむのか?

それは人がワガママになるからです。

ワガママから生まれる欲求に苦しむんです。

「人間関係を自分中心に成り立たせたい」という欲求があるから

スムーズにいかないと苦しみ悩みます。

「他人より豊かな生活をしたい」という欲求があるから

経済的に苦しいと困ってしまいます。

「あの人に好きになってもらいたい」という欲求があるから

あの人が自分に向いてくれないと心が苦しいんです。
 
 
 

欲求を持つなとは言いません。

ワガママな欲求が人生に苦しみを生むんです。

幸せや成功を得る近道は、

ただ自然に生きること。

ワガママを捨てて、

自分に起こる現象に、素直に「はい!」と返事をするんです。

極論です。

するとフォレスト・ガンプのように

運が味方します。運だけじゃなく、人も味方してくれるんです。
 
もちろん、世の中の全てのことが

「ハイ!」と受け入れていい正しいことばかりではありませんが、

間違ったことよりも正しいことの方が多いですよ・・
 
 

夏見モンドさんのメル・マガに似たようなことが載ってました。

マザー・テレサの言葉だそうです。
 
 

  人は不合理、非論理、利己的です

  気にすることなく、人を愛しなさい

  あなたが善を行なうと、

  利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう

  気にすることなく、善を行ないなさい

  目的を達しようとするとき

  邪魔立てする人に出会うでしょう

  気にすることなく、やり遂げなさい

  善い行ないをしても、

  おそらく次の日には忘れられるでしょう

  気にすることなく、し続けなさい

  あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけでしょう

  気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい

  あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう

  気にすることなく、作り続けなさい

  助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう

  気にすることなく、助け続けなさい

  あなたの中の最良のものを、世に与えなさい

  けり返されるかもしれません

  でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい
 
 
 

頭でわかっていても、実践するのがなかなか大変なんですよ(苦笑)

それができないから悩み事は無くならないんですよね。

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

今日のまる子

午後、いつものようにプールで遊んだ後、

暑さをしのぐためにドーナッツ屋さんへ

もちろん彼女はお菓子を持参で・・・

8.25up.jpg
 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月25日 22:04 | | コメント (4)

2007年08月23日

子どもは15才までが勝負

 
先日も書きましたが、

清水先生のところには

子どもさんが精神的に不安定だとか、

引きこもりだとか、

素行が悪いとか、

様々な相談があります。

でもその多くが高校生になっているお子さんなんです。

清水先生いわく

「子どもは15才までが勝負、大きくなってからは難しい

大人がいい例でしょう。

本人にその意志がなければ、大人は悪いところが直せない」
 
 

つまり15才ぐらいまでなら

十分軌道修正が出来るということです。

ただし、それには身近にいる大人がちゃんとしてないといけません。

大人の悪いところは棚に上げて

子どもに悪いところを直せって言っても

説得力がありませんものね。
 
 

さて、当サイト、親子未来塾に

あなたの星を検索するプログラムを組み込みました。

「あなたの命式と天中殺をお教えします」

トップページにリンクしてあります。

もちろん無料です。

ただし、星が表示されるだけで

その内容や鑑定は表示されませんので、あしからず。

親子未来塾はもちろん、

このブログでもシステムを使える内容でお話しして行きたいと思います。

これからをお楽しみに・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月23日 14:01 | | コメント (0)

2007年08月22日

教育現場の今・・

 
先日所用で友人とあった時

雑談で今の教育現場についての話になりました。

Mくんは小学校の教師、

OくんはPTA関連の役員をしています。

話は迷惑父兄の話に・・・

 
 
 
決めごとをかき回す親や

ルールを無視する親がずいぶんいるようですね・・

あげくの果てに

「正しくないことでも決まってしまったことは守るべき!」

と平然と言う親もいるそうです。

友人の二人も理解しがたいと・・・・

 
 

問題のある子どもの親ほど

集会には出て来ない、

回覧物は読まない、

そしてルールを守らない・・・

「この親にしてこの子!」

なんだそうです。

清水先生がよくいいますが、

子どもの相談でも、

両親に問題がある場合がかなりあるそうです。

「子どもを指導する前に、親を教育するしかないね」


・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

みままみそひはま
しとはま
迩摩くしと何使途は組巳苦ココ区費期近畿金門
ヒンンンンンンンォスャぉゃぉゃぇ

↑ まる子がいきなり打ちました。
指の動きだけはボクより速い!!

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月22日 18:06 | | コメント (0)

2007年08月15日

"魂"について語って欲しい

 
子どもたちがお盆の楽しみとしているのは

親戚が集まることでしょう。

中には年に2度、正月とお盆にしか会えない

"いとこ"と遊べることも楽しみのひとつです。

お盆というのは先祖供養だけでなく

現世で生きている親戚縁者との交流の機会でもあります。
 
 
 
日本はちょうどその頃、

広島・長崎の原爆の日と

終戦の日を迎えます。

"魂"について考える日がたくさんあります。

子どもたちには、ぜひ

"魂"について語ってあげて下さい。

それも情緒を養う大切なことなんです。
 
・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 

今日のまる子

8.15up.jpg

従姉妹たちが遊びにきてくれました。

いつものプールもお姉さん、お兄さんと一緒で楽しそう。

いつになく興奮状態です。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月15日 17:37 | | コメント (0)

2007年08月09日

マニアと評論家

 
前回も書きましたが、

ボクが持っている「司禄星」という星

モノを集めるという才能があります。

「禄存星」という星にも同じような才能があります。

代表的なことはコレクションですね・・・

でももし「玉堂星」という

"知恵"と"習得"の才能がある星を持っていたら

そのコレクションに対して相当の知識や情報を習得できることになります。

すなわち、マニアと呼ばれてもいい人ってコトです。
 
 

さらに「司禄星(禄存星)」と「玉堂星」を持ったその人が

探求して行けばその道の評論家にもなれるでしょう。

TV東京の『開運なんでも鑑定団』の鑑定士でもお馴染み、

おもちゃ担当の北原照久さん、

焼き物担当の中島誠之助さん・・"いい仕事してますねぇ"

究極のマニアと言えるんじゃないでしょうか?

この二人も同じような才能を持っていました。

 
 

趣味だけで終わるか・・・

マニアとまで言われるか・・・

職業にまでしてしまうか・・・

それは本人次第ということです。
 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月09日 00:27 | | コメント (0)

2007年08月06日

才能と趣味は連動する 〜2〜

才能と趣味が連動することを前回お話ししましたが、

もう少し付け加えます。

例えば、ボクは「司禄星」という星を持っています。

この星はモノを収集する才能に通じます。

だからこの星を持っている人は

趣味として切手やコインを集めたり、

ぬいぐるみや本やゲームを集めたりします。
 
 

ボクの場合は音楽でしたね・・・

レコードを数百枚、

録音したカセットテープなら数千本持ってました。

最近はipodに5000曲ほど入れて持ち歩いてます。

今でも当時の音楽資料や本を購入したりもします。
 
 
 
また映画を見るこも好きだったので、

レーザーディスクをかなり購入しました。

 
 

なぜ、ボクの趣味は音楽や映画だったのか?

それは「鳳閣星」という音楽や映画などに通じる

芸術の星をもっているからでしょう。

才能が趣味に現れると、こういった傾向も説明出来るんです。

・・・まだちょっとピンとこない?

・・では次回さらに続けましょう。

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

今日のまる子

8.6up.jpg

2000円でプール買ってきました。
思ったより大きかった・・
思わずボクも入ってみた・・
気持ちよかった・・
明日も入ろう!!

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月06日 16:24 | | コメント (0)

2007年08月05日

才能と趣味は連動する

先日、他界された作詞家の阿久悠さん、

その追悼番組を見ていたら

ウチのまる子はまたもや山本リンダの「どうにもとまらない」に興味を示しましたが、

それにもまして八代亜紀「舟唄」と石川さゆり「津軽海峡・冬景色」を

じっと噛み締めるように見ていました。

演歌が好きなのか?
 
 

NHKの子ども番組で

「にほんごであそぼ」というのがあります。

子ども番組なのに古典文学を中心とした内容で

野村萬斎が狂言やったり

市川染五郎が歌舞伎やったりするんです。

ことわざとか四字熟語とか・・・

それが好きなんですよ・・まる子は・・

 
 
実はこのことは算命学で説明がつくんです。

まる子には「玉堂星」という伝統文化に影響をうける星があります。

この星を持っているから、日本独特の文化を愛でる心が生まれるんですね。

だから演歌も歌舞伎も狂言にも興味を持つんでしょう。

 
 
同時にまる子は「調舒星」という感性と芸術の星も持っています。

ですから、日本語の言葉の意味を理論的に見ているのではなく

感覚的に「音」や「雰囲気」で見ているということもわかります。
 
才能の星はその人の趣味や趣向まで影響するんです。

・・つづく

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月05日 21:40 | | コメント (0)

2007年08月02日

ボクの天職探しの旅 〜8〜

 
今、僕たちは「天職発見セミナー」や

「著名人で見る才能と適職」という読み物など、

その人の持つ才能についてお話することが多いです。

では自分はどうなのか?

ボクには「鳳閣星」という星が有ります。

これは人に何かを伝えるという才能です。

今のボクは、清水南穂のメッセージを、

彼に代わって多くの人に伝えています。

あるいはボク自身が算命学を使って、

何かの役に立ててもらいたいと情報や文章を書いています。

そして夏見モンドさんとともにセミナーを通してお話もします。

大いに「鳳閣星」のエネルギーを仕事で活かしているわけです。
 
 
 
また庶民の星と言われる「司禄星」という星もあります。

ぼくの発する情報やメッセージは世の中の全ての人に向けたものです。

それも日常的なことが中心です。

ある特定の富裕層向けではありませんし

専門分野へのアプローチでもありません。

専門的な話はしていますが

日常生活に置き換えて話しているつもりです。
 
 
 
そして「牽牛星」という星が有ります。

この星は何か大きな後ろ盾や資格、権力・特権などを利用する力が有ります。

そう、ボクが取り組んでいる仕事は

「算命学」という、世界でも稀な学問であり技術であり、

またそれを使う清水南穂というスゴイ人の後ろ盾があってこその仕事です。

あるいはコーチングとその道のプロ、夏見モンドさんという看板を背負うことで

多くの人にメッセージを送っています。

まさに「特権」を最大限に使っているわけです。
 
 
 
ボクは今、自分の持っている才能を活かせる環境にいるということです。

問題はそれをどう活かして行くか、

どういう方向で使って行くかということだと思っています。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月02日 14:59 | | コメント (0)

2007年08月01日

ボクの天職探しの旅 〜7〜

 
独立してからもウエディング業界の仕事をしていました。

パンフレットやイベントちらしの制作から、

ファッションショー、ブライダルショー等のイベント運営

さらには招待状・席次表、オーダーメイドのドレスなんてのも有りです。

会社のホーム・ページでネットショップもやりました。

これからはインターネットの時代だと・・・

あの頃はまさか自分が算命学を使った仕事をするとは

夢にも思いませんでしたね。
 
 

きっかけは、些細なことでした。

清水先生を世に出したいと以前から思っていたので

ネット時代、ホーム・ページを作ったらどうかなと・・

清水先生に話したら、

「好きにやってネ!!」

って言われて・・・

趣味の一環として「清水南穂の算命学」というサイトを作ることにしました。
 
 
 
するとサイト公開から3ヶ月後、

一本の問合せが・・・

あのインベーダー・ゲームを作ったゲーム・メーカーの

株式会社タイトーさんでした。

「Webで算命学のサイトを作りたいんで協力して欲しい」

そういわれても算命学は素人同然。

それに他の占いと同じで、恋愛を中心としたお遊び的な鑑定サイト・・

ボクとしても本意ではないので、

清水先生に相談しました。すると

「いいんじゃない、やってみれば・・・」

「そんな簡単に受けていいんですか?」

「それが流れというもんだよ・・・君に全てまかせるから・・」

ということでサイト制作に協力することになったんです。

 
 
ここでボクの「牽牛星」というプライドの星が黙っていませんでした。

「やるからには本格的なサイトをつくりたい。」

「他の占いサイトと一線を画した的中率の高いホンモノのサイトを」

これに担当者も賛同してくれて開発が始まったんです。

ところが、まったくのゼロからの立ち上げだったので

どう頑張っても公開まで3〜4ヶ月近くかかってしまいそうで・・・

そうなるとウエディングの仕事がおろそかになってしまう・・・

すると清水先生がボクにこう言いました。

「君は二足のワラジは履いちゃダメな人だからね・・・

仕事は一本化してトコトン突き詰めた方が結果が出やすいよ・・

何を選ぶかは君次第だけどさ・・・」

そういわれたら算命学一本に集中するしかないじゃないですか。

ボクは大きな賭けに出たわけですよ。

売り上げの90%以上を占めるウエディング業務を全て終了させました。

・・・つづく

投稿者: ラファエル 日時: 2007年08月01日 12:13 | | コメント (0)

2007年07月31日

ボクの天職探しの旅 〜6〜

ボクが清水先生に独立の相談をした時に言われたのは、

「運気がまだ上がらないから、しばらくは大変だよ」

「10年ぐらいね・・」

そうなんです。

才能があっても天職をみつけても

やっぱり運気の上下はあるわけで・・
 
 

ボクの場合、

最初に鑑定してもらった時に

「運気が上がるまであと13年後だね・・」

と言われ、それはもうショックでした。

イケイケ、ドンドンの時代でしたから

「13年も運気が上がらないのかよぉ〜っ!!!」

3日ほど落ち込んだものです(3日で復活っていうのはどうよ?)

それが判っていましたから、

独立しても大変だということは覚悟の上でした。

でも逆に、上手くいかなくても

「今は我慢だ!! あと◯年!!」

と前向きにいられたものです。

あれから9年、確かに辛かった・・

でも秋には10年目に突入です。

いよいよです、ボクの時代は(笑)

ところで僕にとっての才能と適職はどういうもの?

・・まだまだ、つづく

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

今日のまる子

お母さんと知り合いのお家へ遊びに・・

そのお宅で始めてのプール・・というか行水?

お姉ちゃん達に囲まれて大はしゃぎだったようです。

「ウチもプール買って!!」

7.31up.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2007年07月31日 23:52 | | コメント (0)

2007年07月30日

ボクの天職探しの旅 〜5〜

転職っていうのは多くの人が経験していると思います。

仕事が嫌になったとか、人間関係に耐えられないとか

理想の仕事をみつけたとか

ヘッドハンティングということもあるでしょう。

でも自分で起業するとなると、なかなか難しいはずです。
 
 

僕の場合、4つめの仕事が独立起業ということになるのですが、

決して自分の会社を持ちたかったわけでもなく、

社長になりたかったわけでもなく、

理想の仕事を見つけたわけでもなく、

理由は

「しかたなく」

でした。
 
 

経営方針の違いでそれまでの会社から出ることに決めたんですが、

35才になろうとしていましたから、

「いまさら再就職もな・・・」

「一から新しい環境に身を置くのもしんどいし・・・」

「だったらあとは独立しかないぁ・・・」

目標も理想も無く、ただ再就職が嫌だと言う理由から

起業したという、少々不純な動機でした。

ですから、当然のこと、仕事の内容も、

それまで経験したことでやっていくしかありませんでした。

生活して行くしかありませんからね・・

今から新しい何かを模索するほど余裕はありません。

結局はウエディング専門の企画デザイン会社になったんです。

で、どうせなら自分の事務所とショップを持ちたいという軽い気持ちで

ウエディング商品や雑貨等を扱う店としてスタートすることにしました。

もちろん、開業時期は清水先生の鑑定で決定しています。

そう、最初は軽いつもりでした。

「なるようになる」

「金は天下のまわりもの」

でもそんなに甘くはないですよね・・・

・・・つづく

投稿者: ラファエル 日時: 2007年07月30日 22:59 | | コメント (0)

2007年07月25日

ボクの天職探しの旅 〜4〜

3つ目の仕事は

企画デザイン会社です。

主に商業デザインが中心です。

パンフレットとかチラシとか、商品デザインとか・・

その中でもウエディング業界に強さを持っていた会社なので

ボクの経験も活きるかなと思いました。

その会社に夏見モンドさんがチーフ・デザイナーとして在籍していたわけです。

(二人の関係は「夏見モンドさんとの出会い」をご覧下さい)

 
 
とにかく、様々な分野の様々なものを作りましたね。

ボクはデザイナーじゃないので、営業面の担当です。

特にウエディングに関してはイベント等の仕事もかなりやりました。

その時、社長に紹介されて清水先生にも会えたわけです。

(二人の関係は「清水南穂さんとの出会い」をご覧下さい)

 
 

 
そういう意味では、この会社では

今のボクにとって欠かすことの出来ない人に出会っているいるわけですから

当時の社長には感謝しなければいけないですね。

 
 

さて、才能と適職という面から考えて

僕の場合、企画デザイン会社は向いていたのか?

あまりにも幅が広過ぎて、曖昧なジャンルですよね。

デザインという意味では感性に相当する「鳳閣星」を持っていますが、

専門的技術は持っていませんから、デザイナーとしてはやれませんでしたし。

だからどうしても前の仕事、ウエディングに関することが中心になってしまいました。

こうなると、仕事の内容は違っても

「前とそれほど変わらない・・・」

という思いが沸いてきて、いつのまにかマンネリ化してしまいました。

また社長との事業内容に関する方向性の違いがハッキリしてきて・・

それが理由で退社することになるわけです。

人生の中で一番模索していた時代になっていました。

・・・さらに、つづく

投稿者: ラファエル 日時: 2007年07月25日 14:47 | | コメント (0)

2007年07月23日

ボクの天職探しの旅 〜3〜

 
ボクが病院より、なぜ結婚式場を選んだか?

今、算命学でよくわかります。

ボクは仕事に「鳳閣星」という

"楽しいことが大好き"な星の影響が出ています。

さすがに病院の仕事は"楽しみながらやる"

というものではありませんでしたから。

また、自分の趣味が実益になったようなものですし・・
 
 

ただ、それも夏見モンドさん達の企画会社に出会って変わります。

当時のボクは、ある程度デザインに関しても得意で

その式場の広報的な新聞を自分で作ったりもしていました。

でも夏見さんが持ってきたデザイン(パンフレットのラフ)を見て

「・・これがプロの技か!!」

とショックを受けたものです。

もちろん、結婚式を演出するのは

誰にも負けないっていう自負はありましたが・・

 
 
その頃、学生時代の"夢"を思い出していました。

それは「大きなイベントを自分で起こす」というものです。

当時ブライダルフェア等のイベントは

自分で組んでやってたんですけど

もっと違う形で幅広くやってみたいという気持ちが起こってきたんです。

まぁ、ウエディングが飽きちゃったってのもありますけど。

(飽きが早いのも鳳閣星の特徴)
 
 
 
そんなタイミングで、夏見さんの努める会社の社長に

「一緒にやりませんか?」

と誘われたわけです。

企画・デザイン会社ですから、かなり幅広くやれそうだし・・・

「学生時代の夢が叶うかも・・?」

というわけで2度目の転職とあいなりました。

・・・つづく

投稿者: ラファエル 日時: 2007年07月23日 15:44 | | コメント (0)

2007年07月21日

ポクの天職探しの旅 〜2〜

 
次に選んだ仕事は結婚式場でした。

病院勤務の頃、先輩の結婚式のお手伝いをした時に

こういう仕事があるんだと始めて知りました。

結婚式に参列する経験がそれまで無かったので・・・ビックリです。

人が喜びながら「ありがとう」って言ってくれる、

究極の仕事ではないかと思ってしまいました。

僕は学生時代からイベント事の企画や音楽・映像の演出などが好きだったので

自分の能力を活かして楽しんで仕事ができて、

お客様からお金もらって、「ありがとう」と言ってもらって・・

最高じゃん!!

って感じでした。
 
 


でも、それは確かにそうなんだけど、

その裏側って結構大変なんですよね・・

忙しいシーズンは3ヶ月ぐらいは平気で休み無し。

勤務も朝9時〜夜12時なんてのは当たり前・・・

プライベートなんて全くなくなりました。

それでも一組ごとに違った感動を味わえてやりがいはあったのですが・・・・
 
 

結構、斬新なことやっていた会社だったんです。

雑誌とかにも取り上げられて・・

当時まだゼクシィが創刊されてない頃で

ウエディング雑誌ってあまりなかったんですけど・・・

新しい企画はほとんど僕がやってました。

とてもココでは紹介しきれないですけど。

グループ会社全体の企画室まで作ってもらって

そこの企画室長に・・・ただし部下は無し(笑)

ひょとするとこれが天職かとも思った頃でしたね。

やる企画、やる企画、受けてましたから・・・・
 
 
 
そんな或る日、キャンペーン企画の立ち上げで

広告を打つことになりました。

その企画・制作の手伝いを依頼したのが

夏見モンドさんが勤務していたデザイン会社だったんです。

それが運命の分かれ道だった・・・

・・・・つづく

投稿者: ラファエル 日時: 2007年07月21日 11:58 | | コメント (0)

2007年07月20日

ボクの天職探しの旅 〜1〜

 
当サイトをご覧の方で、天職をお探しのみなさん。

参考になるかどうか、僕の転職体験をお聞きください。

 
・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 

学生時代のバイトを除くと

最初の就職は病院でした。

今から20年前のことです。

なぜ病院かと言うと

親父の口利きです。いわゆるコネですね(笑)

実家へ戻るつもりが無かったのですが

長男だからという理由で家族一同に懇願されて

「じゃぁ、どこか仕事探しといてよ・・・」

ということで見つけてもらったのが

私立ですがわりと大きい病院でした。

当時の僕は、これといった目標も無く、

「やってやるぞ!」という気概も情熱も無く・・・

学生気分とはお別れしたものの、

なんとなく過ごしてました。
 
 
 
病院の仕事に就いてみて感じたのは

「・・医療・看護の仕事は僕向きではない・・」

ということでした。

でもすぐ辞めるのは格好わるいし、

(つまらない)意地も・(小さな)プライドもありましたから、

『石の上にも三年』ということわざのように

「とにかく3年は辞めずにいよう」

ということに決めたんです。

 
 

実際、3年後に退社するんですが、

その間の3年間は

今振り返ってもかなり勉強になりました。

例えば・・

その時の院長にすすめられて准看護師の資格を取ったこと。

その際の実習で手術はもちろん病理解剖などを体験し

様々な病気の知識を入れることが出来ました。

あるいは仕事がら、入院している人々の辛さを痛感しました。

「なぜ、この人達だけ、病に苦しんでいるのか?」

その病院には精神科もあったので、

長期に入院している患者さんも大勢いました。

「この世に何をする為に生まれてきたのか?」

そういう問いかけにも答えることができませんでした。

「人の人生って何なんだろう?」

本気で考えたものです。

そして何と言っても"人間の生と死"をまざまざと思い知らされた時代です。

医療はとても意義のある仕事だと思います。

でも、やつぱり

「この仕事は違う・・」

という思いは変わらず、3年という時間が過ぎるのを待って退社しました。

結局その後、医療現場には戻りませんでしたが、

その時の経験が後々活きてくるのです。

・・・つづく

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

今日のまる子

ソロ・コンサート「勝手にしやがれ」 byジュリー

7.20_2.jpg 7.20_1.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2007年07月20日 21:25 | | コメント (2)

2007年07月18日

どうしてやろうと思ったんですか?

 
天職発見セミナーの懇親会等でよく聞かれることは

「どうやって今の仕事に出会ったんですか?」

「どうしてやろうと思ったんですか?」

必ずと言っていいほど聞かれますね・・・

この算命学を使った仕事が

僕にとって"天職"だと思われているみたいです。

でも"天職"か?って聞かれたら、

「違う」

と答えるかもしれません。

それはホントにやりたいことがまだ出来ていないからです。

まぁ、夢の話は置いといて・・・

プロフィールにも書きましたが

僕は何度も転職をしました。

もちろん仕事を変えるたびに

「今までの仕事は天職じゃあない」

と、思ったものです。

でも今振り返ってみると

どの仕事も今の僕にとって意味のあるものだったことがわかります。

たぶん、そういうところも聞きたくて

「どうやって今の仕事に出会ったんですか?」という質問になるんだと思います。
 
 
 

清水先生いわく・・

「ひとつの仕事で一生を終われることは幸せなことだよね・・・」

僕だけじゃなく、夏見モンドさんだって何度か転職をしてますし、

あの清水先生でさえ、仕事を変えてます。

昔はショップを何店舗も持った社長さんだったんですよ・・・(笑)

それを捨てて算命学の鑑定士やってるわけですから・・・

それこそ

「どうしてやろうと思ったんですか?」

って聞いてみたい人は大勢いるでしょうね・・・

・・・つづく

投稿者: ラファエル 日時: 2007年07月18日 17:14 | | コメント (0)

2007年07月17日

写真屋さんの時代って・・?

時代の流れというものがあります。

仕事・業種にも時代の流れは関係します。

例えば前回のブログで書いた写真屋さん。

"写真"の仕事って実は今過渡期なんです。

そう、アナログからデジタルへ大きく変化しましたよね・・

でもそれは技術革新という意味で今が変化の時なんですが、

写真サービス業としてのピークは1977年〜1986年。

次の最盛期はあと20年たたないと時代が来ないんです。

つまり今の時代はなかなか写真で成功しにくいということになります。

 

これだけデジタルカメラが普及し、誰でも取れるようになって

しかも性能が良くなってきて、

尚かつパソコンで見るからプリントもしない・・・・

こういう環境では写真屋さんは大変です。

問題はいかに今の時代に合った営業展開をするか・・・なんですね。

 

算命学では今は"改革・改良の時代"です。

今までの仕事のやり方に変化を付けて改良したものが生き残るんです。

例えば、先日のまる子が行った子ども専門の写真館。

2007年〜2016年は「教育」の時代でもあります。

つまり今、"子ども"をターゲットにしていれば

時代に合う!!

ということになります。

あるいは「改革」の時代なんで、サービスの改革、

今までに無い画期的なサービスを提供するとか・・・

 
 
例えば、こんな会社がすでにあります。

歌手・タレントの会社と提携してライブ風景を撮影し、

アルバムにしてファンに販売する・・・

一般にはライブ会場では原則撮影禁止ですから

そのライブがDVDやビデオにならない限り、

このアルバムはファンにとっては貴重な想い出の品になります。

それも数百という単位で売れます。

 
 
従来に無いサービスを企画し提供出来たところが

過渡期を過ぎても頑張れるんです・・・

これは全ての業種に当てはまります。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年07月17日 00:26 | | コメント (0)

2007年07月15日

白雪姫になった"まる子"

親子未来塾サイト内で人気のメニューは

「著名人にみる才能と適職」です。

セミナーでも"適職探し"は多くの方が参加してくれます。

私たちは算命学で読み取れる個人の才能を

数種類に分類して説明していますが、

実際に世の中では数えきれない業種が存在します。

まぁ、それも究極には5種類に分類出来るんですけど、

一般の方には理解しにくいようです。

今後はこのブログで適職や才能についても触れて行きたいと思います。

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

先日まる子の1歳のお祝いに

写真館で写真を撮ってきました。

そこは子どもの写真を専門に撮影する某写真館チェーン店です。

衣装も無料で貸してもらえて

背景も衣装に合わせた小物やスクリーンを用意してくれます。

妻の希望でドレス1点と着物と白雪姫のコスチュームの計3点。

無料ですからね・・・なにせ・・

ドレスの点数が多くなれば必然と購入する枚数も増えるわけで・・・

昔、僕もウエディングの仕事してましたから、

この業種のシステムは良く解っています。

ただ、子どもを対象にして専門店化したところにスゴさがありますね・・

特に0〜2才ぐらいの子どもって

写真撮るのは大変なんですよ・・・ご存知の通り・・・

そこを手際良くというか、上手い具合に撮って行くのは

技術が要ります。

スタジオ内では手持ちのカメラはダメだけど

ビデオ撮影はOKなんです・・・だから撮りましたよ・・
 
7.15up.jpg


この写真もビデオから起こしたものです。

同じ写真館でもターゲットやサービスを変えるだけで

違った持ち味が出てきます。

どの業界も同じですが、そこが頭の使いどころですね。

ビジネス・チャンスというわけです。

これをどう解釈すれば良いかと言いますと・・・つづく

投稿者: ラファエル 日時: 2007年07月15日 23:21 | | コメント (0)

2007年07月11日

子どもの珍問・奇問おもしろ問答集

 
img5da96158zikazj.gif

「別冊PHP 8月号」の特集に、

わが親子未来塾コーチの

夏見モンドさんの書いた

『子どもの珍問・奇問 おもしろ問答集』という記事が掲載されています。

「ウチの子は恐怖の質問大魔王」の続編のような内容です。

夏見モンドさんの本を読んでいると

子どもの質問が楽しみでもあり、

どうやって答えたら良いか

ホントに恐怖を感じます(笑)
 
 

ウチのまる子はどうだろう?

僕に似たとしたらあまり聞いて来ないだろうな・・・・

僕は人に"聞く"という行為が嫌いだったから・・

そのため子どもの頃からだいぶ苦労しました(苦笑)

もう少し素直に人に頼るとか、接することができたら

もっと楽な少年時代を過ごせたのにと・・

今になって思います。

でも牽牛星(算命学ではプライドの星)なんで

人に頭を下げるのが嫌いなんですよ(笑)

意地でも一人でやってやる・・・みたいな・・・

そんなところは似ないで欲しいな・・・まる子には・・・
 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年07月11日 22:40 | | コメント (0)

2007年07月02日

七夕かざり

 
2007年も後半戦、7月になってしまいましたね。

我が家では7月はイベントが続きます。

娘の1歳の誕生日がやってきます。

僕の、数えるのも嫌になってくる誕生日も7月です。

もうひとつは結婚記念日です。

こういう記念日はともかく

季節の風物詩になる行事は

お子さんがいらっしゃる家庭ではどんどん体験させてください。

節分とか、ひな祭りとか、お彼岸やお盆、月見なんかもね・・

算命学ではそれが才能を向上させる1つの手段でもあるんです。
 
 


7月は「七夕」

ウチも飾り付けでもやってみようかなと思っています。

僕個人は小学校以来です。短冊を書くのは・・

まる子も雰囲気だけは味わって欲しいなと・・・

こういう季節感を味わう行事は"五感"を刺激します。

そして同時に感性も磨かれますし、人間性も奥深くなるんです。

子供に限ったことではありませんから、

大人の皆さんも積極的に行事を体感してみて下さい。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年07月02日 16:58 | | コメント (2)

2007年06月26日

怒り方にもコツがある

 
いつも言いますが

算命学での子どもの育て方は一様ではありません。

ひとりひとり違います。

それは打たれ強い子もいれば、弱い子もいる、

考えさせることがよい子と、手本を見せてやらせた方がいい子もいます。

算命学の子育てのコツって幼児だけのものではありません。

小学生にも中学生にも適用します。

 
 
当サイトの「子育てのコツ/学ぶという姿勢」

夏見さんがこんなことを書いています。

「中学の時、理科が苦手で、先生に質問すると

しばしば返ってきた、先生のセリフは・・・

理屈じゃなくて、覚えろ!


先生の側からすればしかたがないのかもしれませんが、

あまり良い対応ではないですよ、

考えさせなければならない子どもに

「考えるな! とにかく覚えろ!」

っていうのは逆効果です。



僕も中学時代のある教科の先生に

「お前の態度が気に入らない!

今度の通信簿は"2"だ!」

と言われ

「やれるものならやってみろ!」

と答えたら

ホントに"2"にした先生がいました。

僕の場合、持ち上げられて延びるタイプです(算命学で見れば・・)

闘争心で延びる子どもじゃなかったので

それ以来、その先生もその教科も大嫌いになりました。

確かに態度が悪かったのは事実ですが

違う形で怒られれば教科ごと嫌いになることはなかったと思います。

怒り方にもコツがあるってことです。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年06月26日 16:00 | | コメント (0)

2007年06月22日

夏至


今日、6月22日は『二十四節気』の「夏至」です。

太陽黄経が90度になり一年中で一番昼が長い日です。

陽気が1年の中でも最大になり、文字通り夏のど真ん中になります。

とは言っても日本ではちょうど梅雨になり曇りがちですから、

強い日差しの降り注ぐ日は少ないようです。

僕の地元では雨の似合う花菖蒲がたくさん咲いています。

 
 
今夜8時から可能な限り電気なしの時間を過ごしてみましょう。

ウチでは夕飯もお風呂も終わっている時間ですが、

天気がよければ星を眺めながら冷たいものでも・・・

と行きたいところでしたが、あいにくの雨です。

みなさんはどんな夜を過ごされますか?

 
・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 
今日のまる子

スーパーの飲食スペースを借りて昼食です。

6.22up.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2007年06月22日 17:12 | | コメント (0)

2007年06月11日

僕の「放り出された記憶」

夏見モンドさんのコラムに

「放り出された記憶」が書かれていますが、

僕の子どもの頃は

父も母もほとんど日中いなかったので

怒り役はおじいちゃんとおばあちゃんが担当でした。

特におじいちゃんは怒ると怖い人で

悪さをすると追いかけられて、捕まって、

柿の木に縛りつけられました。

 
 
この話をすると、僕の世代でもあまり無いようですね、

木に縛られた経験がある人は・・・

とにかく逃げ回った記憶があります。

今、これをやったら虐待なのかなぁ??

でもとても良い想い出ですけどね。

 
 
「同じことをまる子にはしないでネ」

とお母さんは言ってます。

ヤンチャな気配があるまる子です。
 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年06月11日 22:18 | | コメント (0)

2007年06月07日

ちょっとしたことを変える

 
今日のニュースを見ていると

我が子の胸を刺した母親や、

学校のトイレで子どもを産み落とし

死なせてしまった女子高生とか、

ホームレスのいるダンボールに火をつけようとした女子大生とか、

普通に考えたら信じられないようなことが

"普通"に起こるんですねぇ・・・

悲しいです。

なんとかしないとね・・・社会を・・・

まずは大人の私たちが行動を変える

考えるということが大事です。

子どもたちにはまったく罪はないですから・・・

ちょっとしたことから変える・・・

ゴミを減らす為にエコ・バックを使うとか、

タバコをやめるとか(ちょっとしたことじゃないと言ってる声が聞こえる・苦笑)

今までより一時間早く寝るとか・・・

なんでもいいんですよ・・・

できればそれが誰かの為になると思えることなら尚結構!!

 
・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 

今日のまる子は・・・

6.7up.jpg

どうしても食卓の下に入ってしまうまる子。

すでに頭がついてます。何度もぶつけてますし・・

痛い思いをしても、この場所が気に入っている様子。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年06月07日 16:08 | | コメント (0)

2007年06月04日

All About プロファイル・・?

 
All About プロファイルというサイトに夏見モンドさんが登録紹介されました。

このサイトは各業種のプロフェッショナルを紹介しているものなんですが、

なかなか選考が難しいという噂です。

誰でも載れるというわけではないみたいで・・・

さすが、夏見モンドさん・・って感じでしょうか。

その中でブログも始めてます。

「親子未来塾」でもそちらへリンクを変更してありますので

よかったら読んでみて下さい。

運命学コーチングのことが良く解ると思いますよ。

 
 
ところで、このAll About プロファイルって皆さん知ってました?

夏見さんいわく「有名なサイト」らしいんです。

僕は正直知りませんでした。(苦笑)

スタッフのTくんに聞いたら

「知ってますよ 有名ですから」

と言われてしまった。

そうか、そんなに有名なのか・・・

こういう業界にいて知らないのは情け無い話ですが・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2007年06月04日 17:09 | | コメント (0)

2007年05月28日

才能を活かす!! そのために才能を知る。

5.27natsumi.jpg

昨日の夏みたいな天気の中、東京・綾瀬(夏見モンドさんの本拠地)で

運命学コーチング・セミナーやってきました。

参加して下さったみなさん、ありがとうございました。

才能って言葉で説明するのは簡単なんですけど

その人自身の中で当てはめるのが

なかなか難しいようですね・・・

昨日のセミナーでは15名ほどの著名人をサンプルに

才能と仕事についてお話しました。

安倍首相や手塚治虫さん、ユニクロの柳井さんなどなど・・・

世の中で表に出てくる人達は

うまく才能を活かしてるんですよ、やっぱり。

僕なんか、まだまだ活かしきってないって感じですね・・・

次回のセミナーは6月後半の予定です。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年05月28日 16:41 | | コメント (0)

2007年05月26日

明日、運命学コーチング・セミナーです

 
僕が霊能者の夫婦と知り合いになったいきさつを

しばらく書いてまいりました。

前回までの話はあくまで最初のキッカケで・・

その後もこの夫婦との関わりは続いて行き

まだまだ不思議な体験をして行くことになります。

でも、とりあえず、ここで一休み・・・

また機会を改めまして、続きの話を書きたいと思います。

ここ一週間ほどの間で、このブログに来てくれた人には

何のサイトか怪しく感じられてしまいそうですから(笑)

 
・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★

 

さて、明日27日は運命学コーチングのセミナーを開催予定です。

今回は「才能と適職〜天職発見〜」をキーワードに

セミナーを行います。

算命学ではその人の才能を見極めることが出来るんですよ。

適職もわかります。

では天職は???

 
 

夏見モンドさんにコーチとしての天職の定義を聞いてみました。

すると・・・

「僕の考えている天職とは、

自らの「志」が体現された職業のことです。

なので、天職は1つとは限りません。

方や、適職は、志がなくても、働き心地が良ければ良いのです。

「誰に」「何を」「どのようにしたい」という3つの要素が、

その仕事の中に見いだされば、それは天職と言えると考えています」

だそうです。

"志(こころざし)"

あなたの行なっている仕事に「志」はありますか?

だとしたら、それは『天職』ということになりますね!!

明日お会い出来る皆さん、楽しみにしています。

 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年05月26日 15:14 | | コメント (0)

2007年05月12日

親育の提言

教育再生会議が提言しようとしていた提言案が見送られました。

確かに政府の機関が子育て方法を奨励するというのは問題もありますが

政府がそれを提言しなければならないという事情はまったく悲しいことですね。

実際、とんでもない親(大人)がいますから・・

教育再生会議が「親育」といって提言しようとしていた内容は

僕は間違っていないと感じました。

ちょっと表現に誤解があるところもありますけど・・

提言の根拠をもう少し説明するべきでしたね。

なぜ、読み聞かせが必要なのかとか、

食事の時間にTVをつけているとどうなってしまうのかとか、

授乳時に赤ちゃんの目を見るとどういうメリットがあるかとか・・・

ちゃんとした理論があるんですよ・・

その説明無しに提言したって、

正直に「ハイそうですか」って聞きませんよ、今の時代・・

 
 
僕たち「親子未来塾」で言いたいことは教育再生会議の提言と

そんなに違いがないと思うんですけど・・・

やっぱり親(大人)の心が育たないと、教育は成り立たないと思います。

 
・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 
 
ウチのまる子も食事時にTVをつけてると気が散って進みが悪いです。

僕は見たいんですけど妻に怒られます(笑)

ただ天気予報だけは食事を中断しても見せます。

なぜか天気予報が好きなんです・・まる子・・

食い入るように明日の天気を見ています。

明日は散歩に行ける天気なのかな?

ってことを思ってるわけではないだろうけど・・・

5.12up.jpg

ある日の食事風景・・

 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年05月12日 15:25 | | コメント (0)

2007年05月10日

才能って何?

「才能、才能って言うけれど、『才能』って何ですか?」

よく聞かれることです。

算命学ではその人の才能を読み取ることも出来るんですよ・・

で、専門的な解説は省いて

"超"簡単に説明すると、

「ものごとを探求し習得する才能」

「何かを守ろうとする才能」

「誰かに何かを伝える才能」

「何かを集める・引き寄せる才能」

「戦う活動力の才能」
 
 

これらを私たちは多かれ少なかれ持って生まれてきています。

どれかが強くてどれかが弱くて・・

才能がない人はいません。

必ず持って生まれてきます。

ただし、発揮出来る才能、認められやすい才能としては

個人差がありますけど・・

ウチのまる子は

「ものごとを探求し習得する才能」が一番強いんです。

飲み込みが早いってことですかね・・・

だんだん行動範囲が広くなってきて、本当に目が離せなくなってきました。

5.10up.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2007年05月10日 16:39 | | コメント (0)

2007年05月08日

誕生日に"当り年"は無い

親子未来塾のメニューに「著名人で見る、才能と適職」というコーナーがあります。

明日更新予定なのは、先日亡くなられた横山ノックさんです。

芸人としても一世風靡し

大阪府のトップにまでなった人。

才能ということでは"人のために生きる"という

奉仕の才能だったのではないかと思います。

 
 

実は同じ誕生日に

京セラの創立者・稲盛和夫さんと

ベルメゾンでお馴染みの千趣会の創立者・行待裕弘さんがいるんですよ。

これは僕としては興味深いことでした。

ただし、誕生日に"当り年"というものはありません。

すべての人にチャンスはあるんです。

ただそれが遅いか早いか、チャンスを掴むか見過ごすか、

努力するかしないかの差でしかありません。

さて、ウチのまる子の才能は

どんな風に発揮されるんでしょうか??

5.8up_1.jpg

投稿者: ラファエル 日時: 2007年05月08日 15:53 | | コメント (0)

2007年05月03日

モチベーションアップには癒しも大切!!

こんにちわぁ〜、サクラダジュンコで〜す。
お父さんいなくても楽しく過ごしてま〜す。

5.3up.jpg
by まる子


 ・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 
 
 
さて、今回のセミナーに参加していただいたある方からの言葉ですが

「癒す=毒を抜く=自然に戻る」ではないかと・・・

 

"癒し"・・・わりとブームになってますよね・・

モチベーションアップっていうのは

大抵はモチベーションが下がっている人が意識することだろうと思います。

でも実際僕なんかもそうですが、

下がっている時、落ち込んでいるとき等は

上げようと思っても、なかなか直ぐには上がらないんですよね・・


モチベーションアップには、まず気を安定させるということが大事なんです。

下がっているものをとりあえず"ゼロ"に戻す・・

まぁ、これも上げてることになるんですけど、

ゼロに戻す=安定させるってことでしょうか・・・

安定していない状態からアップさせるって言うのは

なかなか大変ですから・・
 
 

僕が思うに

癒す=気の安定=自然に戻る

と解釈すれば良いのかなと思います。

まずは気を落ち着かせる、安定させる、

それから

「やるぞ〜っ」っていう気に持って行く・・・

実はそこのところをセミナーで言い忘れてたんですよ・・・

終わってから気がつきました・・・

 
モチベーションアップには"気の安定"と"高揚"

この2段階構えがいいと思いますよ・・・

 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年05月03日 16:44 | | コメント (0)

2007年05月02日

セミナー終わりました。

ゴールデン・ウィーク、大型連休の谷間ですが

皆さんいかがお過ごしですか?

セミナーを含め3日間家を空けましたら

あれだけ取った雑草がまたもや生えてます。

まったく憎らしい奴らです。

えーっ、実は、まる子がまだ帰ってません。

なので静かな我が家です。

寂しいくらいです。

とりあえず、このブログも再開です。

 
 
モチベーションアップ・セミナーを29日に行ないましたが、

人に何かを伝えると言うことは

相変わらず難しいですね・・

時間配分もちょっと予定通り行かなくて

参加くださった皆さんはどうだったんでしょ?

僕の運命学パートの補足をなんとかしようと考えております。


5.2up.jpg

セミナー風景・・・
 

 
 
ただですねぇ、今回何が難しかったって、

本来の自分のペースというか、トーンを封印して

ハイテンションでコーナーを維持するという暴挙に出たことですね。

これはセミナー前から夏見モンドさんと決めた自分への課題だったんですけど

それがかなりのダメージになってます(笑)

いつも以上に疲れました・・・(苦笑)

 
 
遥か昔、ウエディング業界にいた頃、

結婚式の司会を何度もさせていただきましたが、

あれ以来かも・・・

セミナーの内容や感想はまた次回ということで・・

まだまだ続く連休ですが

お休みのみなさん、楽しんでお過ごしください。

僕は夏見モンドさんと反省会です・・・
 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年05月02日 16:18 | | コメント (0)

2007年04月27日

気持ちを落ち着かせる言葉・・

先日9〜10ヶ月検診に行ったまる子でしたが

前回の計測と比べると体重が減っていたそうです。

たぶん、寝たままと動き回っていることの違いで

締まってきたのでしょう・・・

そういえばノドやアゴ周りがスッキリしてきました。

そのせいもあって顔が変わって来たんでしょうね・・

でもペコちゃんホッペは健在です(笑)

4.27up.jpg
↑ お気楽なまる子、気がつけばテレビ周りでいたずらしてます。

 
 
 

さてこの数日は29日のセミナーの準備や
(僕の場合準備らしい準備はないですけど)

打ち合せ等でバタバタしてましたが

なんとか落ち着きを取り戻しました。

ところで皆さん、気持ちが揺らいでいる時、

その気持ちを落ち着かせるために

何かしてますか?
 
 

今回のセミナーでも余興的にメニューに組み込んだ

僕の沢山ある方法の中から一つ紹介します。

机の前に次の言葉を貼っておきます。

 
「気楽に生きれば なんとかなります。」

 
これは以前にも書きましたけど

会社のモデルにした「なんとかする会社」が登場する

ドラマ「俺たちの旅」のエンディングの画面に出て来た言葉です。

この言葉で僕も気楽になれます。

あなたも何か気持ちが落ち着く言葉を机の前に貼ってみませんか?

効果あるかも・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2007年04月27日 16:53 | | コメント (0)

2007年04月24日

思い立ったが吉日!!

さて、当サイト「親子未来塾」主催のセミナー

今度の日曜日に開催されます。

いま、その最終準備をしているところです・・

今回セミナーに参加いただける方で、

このブログをご覧の方もひょっとするといるかもしれませんが

ちょっと関連するお話を・・

 
 
昔から「思い立ったが吉日」ということわざがあります。

吉日を選んでいると(タイミングを計っていると)

結局はやらずに終わってしまうことがあるというものですよね。

実はこれは実際に確かなことなんです。

そう言う話をあちこちで聞きませんか?

 
 
ここからは僕自身の話なんですけど

いまでこそ算命学で仕事ができてますが

5年前まではまったく考えていませんでした。

本業はウエディング関係でしたし、

算命学の「さ」の字もわからない僕ですから

単純に算命学の清水先生のファンだったので

先生のホームページを作ろうと思っただけなんです。

趣味の一環ではじめたWebサイトです。

 
 
それがサイトを立ち上げてわずか3ヶ月後、

ゲームメーカーの株式会社タイトーさんから

仕事の協力依頼が入ったんです。

確かに偶然だと思われるかもしれませんが

もしあの時Webサイトを立ち上げるのが3ヶ月遅かったら・・・

いや算命学のサイトを作ろうと思わなかったら・・・

今の仕事や、皆さんとの出会いもなかったことでしょう。

こんなところでノン気に娘のブログなんか書いていられなかったかもしれません。

 
 

あの時、動いたから・・・

ただそれだけのことなんです。

それを今回のセミナーでは深く掘り下げたいなと思っています。

 
 
でもね、全てのことを闇雲に思い立っただけで動いてもダメなことはあるんですよ。

動いては行けないという時が確かにありますから・・

動いても良いことと動いてはいけないこと・・・

そこがミソなんですけどね・・算命学の・・・

投稿者: ラファエル 日時: 2007年04月24日 17:24 | | コメント (0)

2007年04月20日

誉める!!

今日の夏見モンドさんの親子未来塾ブログ

子どもは一つの成功や失敗で

大きく成長もし、ひどく落ち込むことがある

という内容のコメントが掲載されていました。

これって、大人でもそうですよねぇ。

成功や失敗の規模が違うだけで・・・

自信にもなるしトラウマにもなるし・・・

ウチのまる子みたいな赤ちゃんでも同じだと思います。

 
 
僕の子どもの頃の記憶でも

初めて出来たことや、初めてやったことって

今でも鮮明に覚えてますからね。

初めてバスに一人で乗った時のこととか・・・

初めて一人で親戚の家に泊まりに行ったこととか・・・

失敗したことになると、もっと強く覚えてます。

 
 

成功や失敗した時の親の対処法って、一律では語れませんが、

"誉める"って行為は、どんな人に対しても効果がある

共通のもののようです。

ちょっとしたことでも誉められたり、感嘆されると

誰でも嬉しいもので、自信につながります。

 
4.20_3.jpg

4.20_2.jpg

4.20_1.jpg

 
今、まる子も誉められると嬉しいようです。

「えらいねぇ!」とか

「すごいねぇ!」とか

それにプラス"拍手"と"笑顔"で

こちら側の感情を伝えます。

するとものすごく喜びます。
 
 

まぁ、これがどのくらい自信とかにつながっているのか

赤ちゃんだからわかりませんけど・・

でもこのことの繰り返しなんでしょうね・・

で、いつの頃か、そういうことをしてもらえなくなるんですよ・・大部分の人は

親にも先生にも・・・

まる子には続けていってあげたいですね。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年04月20日 16:45 | | コメント (0)

2007年04月14日

もう悩むことは無いんだから・・

セミナーもあと2週間ほどになりました。

今回のポイントになりそうなのは

「モチベーション・アップ」を皆さんがどう捉えるかです。

単なる「やる気」と捉えるか?

「向上心」と捉えるか?

言葉の捉え方って様々ですからねぇ

考え方も人それぞれだし・・・

 
 

昨日に続いて「ヤングマン」ネタですけど

この曲が大ヒットしていた当時、僕は高校生でしたが

この曲をめぐって担任の先生とケンカしたことがあります。

 
 

「ヤングマン! もう悩むことは無いんだから・・」
 
 

担任「この曲はおかしい! 人間悩んでこそ成長するんだ!」

ぼく「悩んで立ち止まるより、悩まず前進する方が大切だ!!」

こんな感じだったと思いますけど・・・

でもどっちも正しいし、どっちも足りないんですよね。

"悩む"って、"考える"って事だと思うんですよ。

悩むことも大事だけど、

いつまでも悩んでいても仕方がない・・

捉え方・考え方って、それぞれで違うなと今はよくわかります。

 

 

で、今回の"モチベーション"

どのような考え方だったとしても

結果がついてくればまずは良いんじゃないかな。

で、その中で大切なことを

ひとりひとりが認識出来ればいいのではないかと。

そんなことを29日はお話し出来ればと思っています。

 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年04月14日 18:01 | | コメント (0)

2007年04月12日

地球は青かった!!

今日は「世界宇宙飛行の日」だってこと知ってました?

1961年にガガーリンが宇宙飛行に成功して

「地球は青かった」

と言った日なんだとか・・・

それから20年、

1981年にスペースシャトル第1号のコロンビア号が発射された日です。

宇宙から見るとやっぱり地球はチッポケな星なんでしょうかねぇ。

 
earth.jpg
 
僕がやってる算命学は"大局"を見る技法と言われています。

算命学の清水先生も

「物事は大局を見て判断しないと見誤るよ」

「その場の現象だけを見てはいけない」

とよく言います。

ある意味、宇宙規模でモノごとを捉えなさいということなんでしょう。

 
 

それを例える話でこんなことがあります。

「私にとってのいい方角はどこですか?」

という相談の人に

「東です」と答えるとします。

どん欲な人は、どんどん東へ向かって行きます。

するとやがて、自分の家に戻って来てしまいました。

そうです。

「だって地球は丸いんだもん!!」  by フォーリーブス

 
 
状況を冷静に判断することが大切で、

大局で見ると良くわかる・・・

ということなんです。

方角だけじゃなくて、全てにおいてそうです。


・・何かの壁にぶち当たっている人・・

実は壁は大した厚くなくて、頑張ればすぐ壊せるよ!


・・何かに悩んでいる人・・

実はあとでわかるけど、大した悩みじゃないんだよ!


・・何かにこだわり過ぎている人・・・

いつのまにか"こだわり"が"足かせ"になってるよ!

 

誤解を気にせず言うならば

どれも宇宙(大局)から見ると大したこと無いかもしれないよ・・・

ってことです。

 
 
ただね、

宇宙から見るとやっぱり地球はチッポケな星でも

限りなく美しい星なんだと思います。

私たち自身もそういう存在だと思いますけどね・・・
 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年04月12日 16:33 | | コメント (0)

2007年04月11日

言葉を感じる子ども・・

子育ての本などによると

赤ちゃんが言葉の意味を理解し始めるのは

9〜10ヶ月となっています。

 
 
ウチのまる子はまだ9ヶ月に満たないですが

「お風呂だよ!!」と言うと

お風呂場まで這って行ってしまうし

前にも書きましたけど

「リンゴだよ!!」と言うと

嬉しそうにヨダレを流すし(お前はイヌか?・・いぬ年生まれでした)

 

これってもちろん個人差があるんでしょうが、

でも赤ちゃんって本当は

もっと前から"理解"しているんじゃないでしょうか?

理解していても表現が出来ない、返答出来ない

それだけなのかもしれませんよね。

 
もちろん、人間社会で言う"言葉の意味"はわかってないでしょうが

「気」としては充分伝わっているようですから。

 
 
 両親がケンカでもしてたら

たちまち「気」は子どもに伝わりますので

ケンカの言葉は分からなくても

怒りの波動はビンビン伝わっているでしょう

怖い怖い・・・


4.11up.jpg

もっともシチュエーションとして記憶している場合もあるでしょうね・・

夜、まる子をベットへ連れて行くと

嬉しそうに自分からゴロッと横になるというのは

その場所へ行けば"寝るんだ"ということを

"経験"として知っているからなのかもしれません。

何れにしても赤ちゃんはバカにできない、

あなどれないと言うことですよ。

 
 

悲しいかな、最近は大人になっても

言葉の意味がわからない人が大勢います

"言葉"としての意味も知らなければ

"気"使いとしての言葉の意味も伝わらない大人がね・・・・
 
怖い怖い・・・

 
 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年04月11日 16:54 | | コメント (0)

2007年04月09日

モチベーションをアップさせる凄いヤツ!!

運命学コーチングのセミナーが急遽決定しました。

4月29日(日)です。

このところ夏見モンドさんの出版やら

親子未来塾の立ち上げやら

何かと慌ただしく、しばらくセミナーはお休みしていたのですが

ようやく再開できます。
 
 

今回のテーマは「モチベーション」

先日夏見モンドさんにそう言われたんですが

算命学パートで何を皆さんにお伝えしようか考え中です。

すでにご応募いただいた方が何名もいらっしゃる様子

ありがたいことです。

楽しい?時間になるといいんですけど・・

 
 
モチベーション・アップという点では

ウチのまる子にはスゴイ味方がいます。

ご紹介しましょう・・・ハッチです!!
 
 
hatti.jpg

 
どんなにグズっていても、こいつの登場で気分は一変です。

なぜ、まる子にそこまで支持されるのか?

ミッキー・ミニーもプーさんもキティもダメなのに

ハッチだけがまる子の気分を向上させるようです。

 
みなさんもご自分のモチベーションをアップさせるアイテム

何かお持ちですか?

とっても大事ですよ!!
 
 

投稿者: ラファエル 日時: 2007年04月09日 16:20 | | コメント (0)

2007年03月28日

子どもの目線になる

夕べ寝違えたのか、首が痛いんですよ・・・

昼、まる子を背負ってたら、余計に痛くなってしまった・・・
 
 

さて、前回、ハイハイが下手なのにつかまり立ちしていると書いたら

夏見モンドさんからアドバイスいただきました。

要約すると

「ハイハイ期間は背筋を鍛えるのに大事な時。

外国は部屋が広いからハイハイの距離が長いけど

日本は昔から家が狭いから、すぐつかまれる場所についてしまう。

結果として猫背が多い・・・」

こんな感じでしたか?

 
 
なるほど・・

てなわけで今日からハイハイの距離を伸ばしてます。

「子どもの目線になって語れ」

と夏見さん、本に書いてなかったっけ?

だから目線になるために一緒にハイハイしてました。

 
 
僕も猫背なんでハイハイ訓練したら直るかな?

と、バカなことを考えながらいっしょにハイハイしてたら

気がつきました・・・

フローリングって膝が痛い・・・
 
 
僕らの子どもの頃はほとんど畳ですからね、クッションになってたわけだ・・

畳、恐るべし・・・


 
さて、次回は、子どもがなかなか出来なかった理由を

算命学的に書いてみようと思います。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年03月28日 16:50 | | コメント (4)

2007年03月24日

夏見モンドさんとの出会い

このブログも、ドラマでいえばまだまだ導入部

登場人物の紹介がのんびり続くあたりです。

今回は一緒に親子未来塾の活動をしてくれてます、

コーチ・夏見モンドさんのことを書いてみました・・・・・

夏見モンド・ファンの皆さんは必読!!
 

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 
 
僕は何度も転職しています。

自分の会社を起こすまで3つの会社に入り

バイトなども含めると結構な数の仕事をしてきました。

実際、独立してからも業種が途中で変わってますし(笑)

 
 
さて今から14年前、3つ目の会社で

夏見モンドさんと共に働きました。

それは企画・デザイン会社、

夏見さんはチーフ・デザイナー

僕は営業・プランナー

よく組んで仕事をしたものです。

 1995memory.jpg
※当時の二人・・・すいません無断で掲載してしまったm(_ _)m
 
 
でも夏見さんとの最初の出会いは

いっしょの会社で仕事をするより2年も前のこと。

僕がその前の会社で企画広告の仕事を

夏見さんの会社に依頼したことがきっかけです。

クライアントとデザイナーとして出会いました。

 
 
夏見さんのデザインは

和風というか、奥行きのある情緒的な作品が印象的でした。

作家志望ということで、そのセンスはちょっと他の人とは違ってましたね。

その後、夏見さんはそのデザイン会社を退社し

僕も退社独立し、

住む場所も会社も、東京と茨城と離れていたので

会うこともなくなってしまいました。
 

・:*:・`☆、。・:*:・`★   ・:*:・`☆、。・:*:・`★
 

それから5年ほどたって、些細な用件で再会したんです。

その時、僕は算命学の世界に入っていて

夏見さんはコーチングの世界に入ろうとしていました。

 
 
その再会がきっかけとなって

今では運命学コーチングとして一緒に活動しているんですから

不思議なものです。

夏見さんが会社を辞めていったとき、

まさか再び一緒に活動するとは思ってもみませんでしたから・・・

 

あの頃の夏見さんと今の夏見モンドさん、

見た目の印象はほとんど同じですが、(ちょっと顔が丸くなったかな)

僕には別人のような感覚があります。

昔はなんとなく世の中を斜めに見ているような所が感じられて

口数も少なく、風変わりの人って感じでしたけど、

今は優しさが前面に出た気さくなコーチ。
 
 

決して変わったということではないんでしょうね。

内面が表に出て来たというところだと思います。

当時もちょっとしたギャグを発したり、雑談したりした時は

今の夏見モンドさんのようでしたから・・・


・・・ただ、夏見さんのギャグで心底笑えなかった僕・・・

・・・あの頃は、変な緊張感があった気がする・・・・

  
 
 次回は算命学の清水南穂さんとの出会いを書きます。

投稿者: ラファエル 日時: 2007年03月24日 17:00 | | コメント (2)

Copyright (C) 実録、ウチの子は俺そっくり!?.